人気ブログランキング |

何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー

2007年 05月 07日 ( 1 )

4時すぎには病室に戻ってきたらしい。
気がつくと同時に痛みとの戦いが始まる。
腰全体を包むような鈍い痛みと酷い生理痛のような感じ。
でもそれよりも、限界ぎりぎりまでおしっこを我慢してる時にお腹を押されているような感じで
そちらを訴えた。
管が通っていておしっこは出ているから大丈夫、というようなことを言われたけれど
いや、出てるから大丈夫という問題じゃなくて、
その強い不快感が腰やお腹の痛みよりも辛いのに・・。
とにかく点滴に痛み止めを入れてもらう。
あとから夫が言うにいはあんなに苦しがっていたのに
痛み止めを入れて30秒するかしないかで、ぐうぐう寝ちゃったらしい。
時々目がさめると、やっぱり痛みと、それより強い尿道なのか膀胱なのか不快感。
何度目かに目がさめた時、
夫が看護師さんに「おしっこしたいばっかり言ってる」と言っているのが聞こえた。
かっこわる~。

入院中ベッドわきに置かれていた予定表のようなものを見ると
手術のあと2,3時間くらいで足を動かしたり寝返りしたりする、みたいに書いてあったが
とても無理。
とにかくじっと痛みに耐えるしかない状態。
枕元の点滴をかける金具のところに、ラップの芯くらいの大きさの筒がぶらさげてあり
胸元のボタンを押すと、その筒から背中に入れた管へ痛み止めが流れることになっている。
1時間に1度までと言われているので、時計を確認しては一晩中、押したような気がする。
背中にすぅっと冷たいものが流れていくのがわかった。

手術直後なので1時間おきくらいに血圧や体温を測りにきたり
頻繁に様子をうかがいに来てくれる。
少し熱が出たようでアイスノンを持ってきてくれた。気持ちよかった。
by tekuteku0220 | 2007-05-07 01:13 | 子宮ガン