何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年 05月 31日 ( 1 )

マロニエ荘で鉢合わせになってしまった達彦さんのお父さんとお母さん。
婿養子でいつも頭のあがらないお父さんですが、自分がサシで話して説得するからと
お母さんを先に岡崎へ帰します。
話をするため外に出た達彦さんとお父さんが心配であとをついて歩く桜子。
お約束のように自転車とぶつかりそうになり怒鳴られて二人に気づかれてしまいます。
その時このお父さんが桜子に笑顔で言います。
「こっちへおいでんさい」
いらっしゃい、来なさいっていう意味ですね。
くしくも(?)5月27・28日は豊川の「おいでん祭(さい)」でした。
体育館や陸上競技場一帯でいろいろなお店が出たり展示があったり、
よさこい踊りのコンテストなんかがメインのイベントです。
豊田でも「おいでん祭」があります。あちらのが規模も大きいのかな、
なんたって世界のトヨタのおひざもとだし。
「おいでんさい」にもどって、これもあまり若い人の間では聞かれないですね。
「おいでん」だけで使うことが多いです。意味はいっしょです。
「さい」がつくと丁寧な意味なのかな~。たぶん。
似たような言い回しで「おいでましょう」
これも意味はいっしょで丁寧に言ってるんですね。
「・・・ましょう」は、他に「ごめんましょう」って言い方もお年寄りから聞きます。
失礼します、みたいな意味だと思います。
寄り合いなんかで人の前だとか、人にあたりそうになって移動するような時が使い時。
吉本新喜劇で末成由美さんが登場の時に言う
「ごめんやしておくれやしておくれやっしゃ~」みたいな感じかと。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-05-31 01:39 | 三河弁