何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

現場見学

今の仕事にかわって2ヶ月と1週間がたちました。
とにかく通称MEさんこと臨床工学技師のみなさんが救命センターや手術室などに出向いてお仕事をされるので、その間の来室や電話の対応が私の一番の存在意義なので、
私自身はごみ捨て等以外はずっと部屋にいるのです。
が、
現場でMEさんがどんな機械を使ってどんな仕事をされているかを見学しておいたほうが、電話を受けても話が見えやすいだろうということで、
誰か手の空いたときに説明受けながら見学するといいねと前から言われていて、
先日は血液浄化センター、透析をしてるところを見学、
今日はICU(救命センター)を見学しました。
いつも朝のカンファレンスで聞いたり、ホワイトボードに書かれているお名前が
現実の生身の体としてそこに横たわっておられました。
私が働きに行きだしてからずっと、たぶんずっとずっと前から、
継続的にホワイトボードに名前のある小さな赤ちゃんだとか。
そう、ほかにも小さな赤ちゃんやお子さんが思いのほかたくさんいました。
あんな時期って、ほんとにいくら身ふたつになってもお母さんと赤ちゃんって
いつも至近距離で絶えずお互いを確かめ合って生きてるものなのに・・・。
いろんな機械に囲まれて一人で寝ている赤ちゃんを見るのは辛いですね。
ここから帰る時のお母さんの気持ちとか、切ないですね。
がんばってよくなって帰ってねって、心から。
人口呼吸器の説明を受けていて、
今年はじめの義妹のお姑さんが亡くなる前後に聞いていた様子が思い出されて、
ああ、これのこういうことだったんだなとわかってみたり、
やはり何でも見て聞いて知ることは、確かにとても有意義で大切なことなんだなと、
当たり前のようなことに改めて納得したのでした。
なんか、
来週、心臓の手術とかあるので、それも見ておいたほうが、って言われてます。
部屋にモニターがあって、よく手術の様子が写し出されているのは目にしてますが、
それは最近たまにある「最新の医療技術」みたいなテレビ番組のような感覚で、
やっぱり現場で目の前にしたらびびちゃうかな~。
って、そこまでの現場じゃないと思います、機械をセットしたり操作してるとこを見せていただくんだと思いますが。
手術室は昨年、2回、ここの病院で入ってるので、ちょっと懐かしい気さえしちゃいますが、
私はめがねもコンタクトもはずした状態でどこにもピントのあわない世界だったし、
だいたいあっという間に眠らされて気がついたら終わってて運び出されてという感じだったので、
ほんとは手術室とか興味津々だったのに全然見られなかったのです。
そういう意味ではちょっと早く見てみたいとか思っちゃいますが・・・。
私は自分は何の技術も資格もなくてお役にはたてないけど、
MEさんが少しでも働き安いようにお手伝いできたらいいなと思いました。
(って、なんか小学校中学年くらいの作文調~。ま、それくらいちょっと純真な気持ち~♪)
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-10-18 02:14 | 仕事のこと