何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ふと立ち寄ったサークルKでこんなんみつけちゃいました!
b0101719_1285870.jpg

なんですと?(社)落語協会監修ですと!?

落語協会HPによれば
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-06-19 01:25 | 落語・お笑い
先週の月曜日、8日の朝、
一旦入れたコンタクト、左目に違和感があったのではずして入れて、
それでもなんだかゴロゴロしたので2度目出したそのとたん、
指をすりぬけ足元のタイルでカチっという音が。
落ちた瞬間、確かに洗濯機の足元で音と同時にキラっと光ったのを見た気がしたのですが、
しゃがんで拾おうとすると無い!
右のコンタクトもはずしてめがねをかけ直して探すも、やっぱり無い!
この日はお弁当の準備等、思ったより早く進んで、いつもより15~20分くらい余裕だったはずなのに、
結局ぎりぎりまでコンタクト探し。しかも見付からない。
思いもよらない方向へ飛んでいることもよくあることなので、
まさかと思うような場所まで探してみてもみつかりません。
無くなることもとても困るけれど、
水に流されたり、風に飛ばされたわけじゃないのに、
確かにこの洗面所の床のどこかにあるはずなのに
忽然とレンズが姿を消したことが、なんかとっても気持悪かったです。
思うに、
うち、絶対小人さんが住んでると思う。
落としてから私がしゃがみこむ数秒の間に、柱の割れ目とか洗濯機の裏側なんかから
そそそっと出てきて、あのちょっとブルーがかったレンズを見つけ
「こんなところにガラス製のお猪口があるよ~、
なんか青っぽくて涼しげだし、これから冷酒でも飲むのにちょうどいい」
かなんか言って持ってっちゃったんじゃないかと考えないと説明がつかないくらい、
ほんとにくまなく探したのにとうとう出てこなかったのでした。
仕方なくこの日はめがねで仕事に。
仕事帰りにいつも作るめがね屋さんに行くも、無くしたほうと同じタイプのレンズが切れてて
水曜の午後まで入らないとのこと。
結局
月~水の3日間、職場もめがねで暮らしました。
そのめがねも愛嬌もなにもないただの金縁で
朝の満室のトイレの鏡をふと見たら、
いかにもきつそうな制服をきて金縁めがねで腕組んでるお局様がふんぞりかえっているじゃあ~りませんか。
あ~、昔最初に勤めた会社で、殆どが若いOLばかりの中、
社長の愛人だとうわさのただ一人相当年上の(今にして思えば今の私くらいかな)
お局様がいたのを30年ぶりに思い出しちゃった。
げろげろ~。
朝職場に来てこの人が腕組んで眉ひそめてたら(実は目が悪いから細めてるだけなんだけど)
怖くて近寄れんわ~、って自分でも思っちゃいました。
そうそう、昔、朝、子ども会の人が来たとき、まだすっぴんにめがねだった私を見て、
「朝の顔、怖い」と言われたことがあったっけ。
これで頭をお団子にしたらロッテンマイヤーさんだわね。アーデルハイド!!!です。
木曜日の朝、またコンタクトをして出勤した私を見て、
隣の部屋の同じパートの職員してる若い子が
「あ~てくてくさんが戻ってきた」
そうか~、もはや別人の域だったのね。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-06-15 01:20 | だめじゃん、私

半年点検・・・

8日の月曜日は半年ぶりに婦人科の予約の日でした。
3時の予約だったので、仕事を終えて着替えて、
そのまま同じ2階の外来エリアの婦人科へ。
(ちなみに私が働いてる場所は外来エリアと病棟エリアの間の
隙間っぽい部分。)
2年前手術がすんで、ほぼ100%完治のお墨付きをいただいて以来
婦人科腫瘍学会専門医のK先生の手を離れてしまったので
特に担当の先生とか決まっていません。
今回は初めてのめちゃめちゃ若い、子どもみたいな女医さんでした。
(若いはずです。翌日ボードに貼ってあった今春新任の医師の表に
お名前ありました。昨年までここの病院で研修医さんだったのでした。
てことはダブったり浪人してなければ18歳+医大6年+研修医2年で
おお、息子と同い年ってことですね)
今までの先生も「傷はきれいですね」ってことはおっしゃってましたが、
今回は
「ここだけちょっと硬くなっちゃってますが(退院後ちょっと膿んじゃったところ)
あとはきれいですね、膨れなくてよかったですね」
この「よかったですね」って、短く簡単だけれど患者には嬉しい一言。
「やっぱり膨れちゃう人もいるんですか?」
います、との答え。
そうか、縫合方法とかだけじゃなかったんだ。
肛門科の手術で入院していたときに、
私くらいの年で1.2kgくらいの筋腫で子宮全摘したという10歳くらい上の方と
お互いパジャマの付き合い(?)なのでトイレで傷の見せあっこしたのですが、
彼女は数mmの幅でケロイドみたいにてかてかした傷跡が残ってたのです。
それは縫合の方法が進歩したからだけじゃなく体質もあったんですね~。
4月に腸を20cmほど切除する手術を受けた母も
その後3週間くらい入院している間にちょっと見せてもらったら
今の私とそう大差ないんじゃないかというくらいきれいになってました。
ただ上がおへそまでかかってたので、おへそがちょっとひんまがってましたが。
若い頃から母親に似て下腹ぽっこりな体系だったので、
いいとこあ似ないねぇなんて言ってましたが、
70をとうにすぎて白髪染め不要の黒髪と、
きれに治る手術痕についてはいいとこもらったのかも、です。
母に感謝。
今回の検査結果は24日の予約。
何も心配してないので・・・
あ、今回はその若い女医さんがおなかの真ん中のカーテンの向こうで
あきらかにちょっと「あれ?」みたいな雰囲気が伝わってきたので
え?何?と一瞬不安になりましたが、
エコーの写真を見せてくれながら、卵巣に何かありますね、とのこと。
たぶん、卵巣が残ってるのでまだホルモンが働いて
卵が作られているのだと思います、次回もあるようなら検査しましょう、とのこと。
その時はふと以前近所の鶏専門店でよく売られていた「玉道」を想像して
そうか黄身みたいなのが卵巣の中にあるのかな、なんて思っちゃいましたが、
ちゃうちゃう、そんな黄身みたいなのができてるわけありません。
次についタラコとか筋子とか想像しちゃいましたが、
どんどん哺乳類から離れちゃいますね、
そんないっぱい卵作りません、人間なんだから。
無数にひしめきかぐや姫GET(昔そんな番組あった気が)を目指す精子君にくらべ
こっちの卵さんは1個とかあってせいぜい2個でしょう?
そんなエコーにぼやーとまるく写っちゃう「何か」って何なんだろう・・・。
でもまあ、
多分どうってことない気がします。
だって、めちゃめちゃ元気なんだも~ん。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-06-14 17:54 | 健康のこと

またPCが

変なことになってます。
突然真っ暗になったと思ったら
b0101719_111425.jpg

こんな感じでまたも英語でたぶんなんか注意されてるか怒られてるみたいなんですが
何が何やら・・・。

CMOS Checksum Bad

みたいなことが書いてあって、F2を押して何か多分設定をどうかしろって
言ってるような幹事なのですが、
PC君、頭いいんですから、そんな意地悪しないで
中年女性にもわかるよう、噛んで含めるように教えてくださいな。

どうも基盤の関係らしく、
楽観的に見れば電池かなんかを交換すればうまく行きそうな気もするのですが、
基盤そのものを換えなきゃいけないようだと5万とか6万かかっちゃうようだと
職場のPC詳しめな男の子にも
携帯で撮影した上の写真を見せて相談した某電気屋さんでも言われちゃいました。
ほぼ私のおもちゃになってるだけのPC、
まだ4年ちょっとくらいだと思うし、
まだまだ地デジだとかこれから対応してかなきゃいけないのに、
高い修理したり安くてもPCを新調しようなんて余裕はぜんぜんなしです。
とりあえず前の会社のSEさんを頼ってみる予定。
エイサー君買っておいて、ほんとによかったと実感です。
なんとかこうしてネットつなぐくらいはできてます。
だからこのことは

ブログさぼりぎみな理由には全然なってないのですが、
ちょっとそうなのかと思わせる感じに書いてみました。
それにしても毎回痛感しますが、
PCの調子が悪いと、ほんと相当へこみますね。
あいつ、年末にリカバリしたばっかなのに・・・。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-06-04 01:24 | ぼやき~

豊川 ショコラガーデン

こんな可愛いお店をopenから8ヶ月も知らないでいたなんて・・・。
6月号の東三河タウン情報誌「はなまる」のカフェ特集で紹介されていて
ええええっ、こんなお店、知らなかったぞ~と、
いてもたってもいられず出かけてみたのが豊川市蔵子のケーキ&カフェ ショコラガーデン。
b0101719_1194486.jpg

大きな通りから曲がってまた入っていく場所なので
通りがかりで見つけるお店じゃありません。
目指していかなきゃ無理ですね~、気づかなかったはずですわ。
かわいいもの大好きな女の子やかわいいもの大好きな元女の子の私が
思わず笑顔にならずにいられないメルヘン~な建物に可愛いお花。
ケーキは何十種類も並んでるような大きなお店じゃないですが、
カフェのほうではモーニングとかちょっとしたランチできちゃいます。
テーブルは4人掛けが2つに2人掛けが1つとこじんまり。
今日いただいたのは14時からのメニュー、
はなまるでも紹介されてた3種のケーキと飲み物のセット、680円なりです。
b0101719_1281061.jpg

シフォンとティラミスとめっちゃ感動的にやわらかいチーズケーキ。
飲み物も特に紅茶とか充実していて
やっぱり女の子とか元女の子にはたまらないのでした~。
情報では土日限定のロールケーキがあるみたいです。
お店の名前がついたショコラガーデンってケーキも売り切れてしまってたので、
またのお楽しみ。
いかん、
ロールケーキって書いて
そういえばコレステロールじゃんって思い出してる私。
今日は雷も鳴ったし・・・とお散歩もさぼっちゃいました。
いかんいかん、
いつまでも元気でケーキ食べられるように
明日からまた頑張って散歩しよ・・・・
と思ったら、実は明日は新人歓迎会とかで飲み会だったのでした・・・。だめじゃん。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-05-29 01:36 | 飲んだり食べたり
コレステロールって、有名だから正体ばればれだけど、
油断して聞いてたら少し前から流行ってるロールケーキの一種かと思っ・・・
ちゃわないか、やっぱ。
ヤマザキのロールちゃんは安価でめちゃめちゃ美味しいし、
あこがれの堂島ロールはいまだ私のお口には入ったことない。
市民病院近くの喫茶店が隣で始めたロールケーキ専門のお店も話題になったし、
「お菓子の童話作家」っていう名前のかわいいケーキ屋さんも焼き菓子のほかは
ロールケーキが中心のお店。
そうじゃなくてもどこのケーキ屋さんも、これがうちの名物ロールケーキだぜって感じの
意気込みの感じられるネーミングのロールケーキを置いてたりするよね。

みんな美味しいケーキなのに、
なんだよ、コレステロールのロールって!
ってやつあたりしても仕方ないですが、
今日、いつも血圧でかかってるクリニックで総コレステロールが高いですと言われちゃいました。
今までも言われたことはあったんだけど、
善玉が多いから大丈夫ってそのたび言われてたから
あまり気にしないできちゃったのに・・・。

職場で行われた健康診断の結果で
一応総コレステロールの値も正常範囲内だったのに要注意みたいに書かれてたので
先月血圧の薬をもらいに行ったときにそのことを話したら採血することになって、
今日その結果を聞いてきたのでした。
げぇぇぇぇぇ、やっぱ甘い物とか食べすぎだからでしょうか~と言うと
閉経と関係あるというようなこと言われて、
子宮摘出で無くなったんだから閉経とは違うんじゃないの?卵巣は残ってるんだし、
と思ったけれど、もう2年もたって、50も目の前なんだから
ひょっとしたらそろそろだったのかな、でも他に更年期の症状もないんだけどな、
なんてことを全部頭の中だけで考えていたら、
どうも先生のお話では自然の閉経にせよ、摘出による閉経にせよ、
今まで子宮で使われてたコレステロールが使われなくなったから
同じ生活をしていてもコレステロール値があがるんだみたいな説明だった。
そうなのかぁ、卵巣があれば女性ホルモンとか問題ないと思ってたのに・・・。
まあ結局そういう年齢になっちゃったってことなんだな。

とにかく運動をしてくださいと言われたので、早速今日からウォーキングを始めた。
先生は1ヶ月頑張ってみて、来月検査した結果で下がらなければ薬を飲むことになるとおっしゃって、
なんとかそれだけは避けたいものです。
最近またちょっと太っちゃったからな、
いい機会だから間食とかやめてウォーキングして
少し痩せてコレステロールも減ったらラッキーだよね、って思うことにして
なんとか前向きに対処していかねばと思ってるとこです。

高血圧で血管が傷つけられてるとこへコレステロールの高い血がながれると
その傷に入り込んで動脈硬化とか起こしやすくなるという話で、
ころっと死ねりゃあいけど、生きてて動けなくなったりして
家族に迷惑をかけるのだけは困るで・・・なんて
お年寄りが整形外科の待合なんかでお互いに言い合ってるような言葉が
ぐっと身近になって
とにかく生きてる以上は元気で動き回れるように頑張らねばなのでした。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-05-26 00:49 | 健康のこと
月曜日、18日は豊橋落語天狗連の月例寄席でした。
場所はいつもの「あんくるとむ」
演目と演者さんは下記の通り

『狸の鯉』              槍太家一撥

『岸柳島』              微笑亭さん太

―中入り―

 太神楽               古呂比家念挫

『はてなの茶碗』           鶴橋減滅渡

ふふふ。なんと、演者でもあらせられる微笑亭さん太さまのmixiの日記から
コピペするという荒業に出てみました。
(そしてなんとそのコピペして書いた自分のmixiの日記をさらにコピペして
ちょっとだけ書き加えてみました・・・なんたる手抜き!)

岸柳島・・・・こんな字だったのか・・・。
6年くらい前の月例で、やはりさん太さまがかけられたときに、
ラジオでオンエアされたのを録音したテープがありますが、
堂々と巌流島と書いて貼ってあります。
wikipediaなんかによればそれも間違いじゃぁないらしいけど。

友人に大の虚生さんファンがいるのですが、
なんと彼女は2番目に一撥さんが好きだと知ってから
初めての一撥さんの高座だったので、
最前列でまじまじと見てしまいました。
そう思ってみると目元とか愛くるしい・・・って、
そういう意味じゃなくて落語のファンなのだと思いますが・・・。
「狸賽」と同様の恩返しのお話。

続いてさん太さまが「岸柳島」
いつものようにさすがの時事ネタ爆笑のマクラと
話の中心の困ったお侍を遠巻きに言いたいこと言い合ってる
町人どうしの会話が楽しかったです。
日記の中でご本人は
「ウケないと速くなる悪いクセが・・」と書いてらっしゃいましたが、
ウケてなくなかったですよ~。
速いのは会の始まりが遅れたので急ぎ足だったのかな、と思ってました。
会話じゃない説明の部分、現在では聞きなれない言い回しのところが
ちょっと早口だったので、言葉を知らない私はちょっとだけ聞き取りにくかったりしましたが
それは受け手の私の不勉強です。

最近では開始時間ごろにはほぼ満席が常の月例ですが、
この日は出足が遅くて(って7時すぎに着いた私が言うな!ですが)
着いた頃には前のほうの席ががらがら。
減滅渡さんに勧められるまま、最前列に座ってしまいました。
近すぎてしまってみょ~に緊張しちゃいましたが、
捻挫さんの太神楽、この日は独楽が中心でしたが、
至近距離で見せていただくと、改めて凄い!って感じましたね。

トリは減滅渡さん。
先月も来られた年配の男性から「はてなの茶碗」を
リクエストされていたようです。
先日ラジオで4月分のオンエアがありましたが、その時は「動物園」をかけられたようです。
はてなの茶碗、
いい人ばっかり出てくるいい噺です。
(井戸の茶碗もくそまじめないい人ばっかり出てきます。
茶碗ものはいい人だらけと相場が決まっちゃってるんでしょうか)
減滅渡さんの笑顔と大きな声でおおいに盛り上がりました。

天狗連のみなさま、楽しい一夜をありがとうございました
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-05-20 01:22 | 落語・お笑い

ゼブラのボルボって

いくら車、特に外車などには疎い私でもVOLVOって書いてありゃたまげます。
なんたってそれは全身ゼブラ柄!
いつだったか、時間差もはなはだしいですが、多分まだ去年だった頃、
朝の国道23号、渡津橋のところで豊川堤防側から割り込ませていただこうと待ってるとき、
豊橋方面から蒲郡方面に向かって1台の異様な自動車が・・・
なんとそれはゼブラ柄。
よくマーチの宣伝とかで花柄とかやってるからそういうのかな~
ちょっと恥ずかしいよな~、こんな田舎じゃ、
なんて思って見送るそのお尻には「VOLVO」の文字が!
まぁじですかぁ!!!
だいたい同じ時間に同じ方向から出勤する仲間に「見た?」と聞くと「見た見た」
ちょっとあれはありえんよねぇ、迎えに来られても乗るとこ隠したいよね、
なんて言ってたんですが、
そんなことも忘れかけたこの4月、
近くにあるアクロス豊川の中のミスドの全品100円に吸い寄せられるように行ってみたら、
店内に貼られたポスターに、なんとでかでかゼブラのボルボが!
そしてなんとそれは12周年記念のプレゼントなんだそうな!!!
でも、よく見ると注意事項のところに
「ラッピング仕様の剥離を希望する場合は当選者が3万円負担って書かれてる。
なんと最初っからゼブラ柄拒否想定内?
いったい応募者がいるのかどうか、なんて思ってたら、
またうちの近くで実走してるとこを見てしましました。
どうも、
この柄ボルボにはいっぱい仲間がいるらしいものの、
昨年の9月くらいからデモ走行したりいろいろしてるのに結局発売にいたらなかったらしいです。
でも宣伝用にたくさん作ってしまったので、いろいろ処分の方法を考えているみたい。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-05-16 01:33 | 普通の日々
今の職場になってから、上司の影響でホームセンターがちょっと楽しくて。
臨床工学技師さんの範疇はたぶん医療機器(いや、たぶんじゃなくてそういうお仕事です)
なんだと思うのですが、
室長のIさんは溶接だとかちょっとした塗装だとか、
いろんな材料や工具を使って古くなった物や壊れた物を甦らせる名人で、
日々驚かされたり感心させられたりしています。
亡くなった私の父もこういうこと、好きだったな、なんてことを思い出したり・・。
それで最近はホームセンター、
特に道具とか材料を売ってるコーナーが面白くて好きなのですが、
前から気になっていたお店が23号線沿い新栄町にある「HODAKA」
カーマホームセンターが出しているお店らしい。
営業時間を見て、たしかにプロショップなんだって思いました。
営業時間が平日は朝7時から。
以前何かの番組で、小さな個人の金物屋さんがどうして経営成り立っているのか
みたいな話をしていて、
ホームセンターはいろいろ揃ってるけど10時にならないと開かない、
でも金物屋さんは早朝から開いているので、
仕事場に向かう途中の職人さんたちが必要な物だとか足りない物を買いにくるからだ、
と言ってました。
なるほどな~と思ってたわけですが、
HODAKAさんは確かにプロの要望にこたえられるように作られた店だなと感じさせます。
そんなプロのお店にど素人の何の技術もたない私が出かけたかというと、

Moreそれは・・・
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-05-01 01:55 | これいい

プーニャ

超久々の猫ねた。
先日寄席にでかけた大黒屋さんには
プーニャという名前のめちゃメタボ猫がいるのです。
半年に1度の寄席ですが、行っても会えないことのが多いので、
今回は前売りを買いに行ったときと、寄席の当日
2回も会うことができてラッキーでした。
ちょっと以前よりはやせたみたい・・・。
もう10才以上にはなるのでちょっとご高齢。
確かめたことなかったのですが、おばあちゃんなのかな、おじいちゃんなのかな。
で、
以前あったときもそうだったんですが、
写真を撮ろうと携帯を向けると
大きな体で体当たり(本人、いえ本猫は体をこすりつけて甘えてくれてるのだと思いますが)
してくるので、なかなか前からの写真って撮れないんですね。
今回、いっぱいなでなでできて
落語にもプーニャにも癒された夜なのでした。
次も会えるといいな~。
ずっと元気でメタボでいてね。
b0101719_218571.jpg

[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-25 02:17 | 猫、好きだ~
もう5日もすぎちゃいました。
4月19日は予定通り、朝9時の発売にあわせて音羽寄席の会場である赤坂町のウィンディアホールへ。
8時25分ころ到着して、数mはなれたコミュニティバスの乗り場のベンチで、図書館で借りていた桂雀々さんの「必死のパッチ」を読みながら玄関が開くのを待ってました。
9時5分くらい前になって、どうやら中から鍵を開けているの様子。
立ち上がってそちらへ行こうとすると、反対側からおばあちゃんが一人、
ちょうどよいタイミングでノンストップで開かれたばかりの玄関をくぐり
鍵を開けた職員さんにくっつくように歩きながら
「落語の券は今日発売だよね?」
なんて話しかけているじゃああありませんか。
もうすっかり一番のりした人の図になってるけど、
待って!私、30分待ってたんですけど・・・。
と、心で叫びつつ彼女たちについて事務所のほうへ。
脳裏には一緒にチケットを買っておくからと、こっちから持ちかけてしまったUさんの顔が・・・。
彼女は小市民寄席でも大黒屋寄席でも、
さん太さまがご出演の高座は最前列ど真ん中が定位置なので、
今回もずばりそこを狙ってわざわざうちから近い桜ヶ丘ミュージアムや文化会館じゃなく
会場であるウィンディアで最前列は売るだろうとここまで来たのに!
まあ、まさかこのおばあちゃんが1列目真ん中あたりを10枚も買っちゃうなんてことはないだろうからいいか・・・
なんて思ってると、窓口の少し手前でおばあちゃんが立ち止まってショッピングカーの小さいのみたいな荷物の中から財布を探しだしたので、ほんのちょっとだけ気がとがめつつ
でも、もともと私は30分早く着いてたんだから、と自分に言い訳して
先に窓口でチケット買っちゃいました。
ということで無事最前列ど真ん中のチケットをゲット。
ただちょっと気になったのは、
その場で一人4枚までといわれたのですが、広報でのお知らせにも、
事前に桜ヶ丘ミュージアムでもらってきていたチラシにも
枚数制限のことは書いてなかったんですよね~。
私は3枚だったけど、他にも声をかけて今回は都合が悪かった友達とかいたので、
ひょっとしたら5枚とか6枚必要になってた可能性もあったわけで、
その場合は誰かつれて出直さなきゃならなかったのかな、
ちょっとこれは前もって明記すべきなのでは?なんて思ったのですが、
どうも他の会場で買われた人の話では枚数制限なくけっこうまとめて買えたとのこと。
こらこら、ですわ。

そして夜は大黒屋寄席でした。
前出のUさんと一緒だったので、これまた迷うことなく最前列ど真ん中へ。
大黒屋さんはもう何度もですが、こんな場所ははじめて。
お座敷に高座がしつらえてあるのですが、やたら近い!
なんか近すぎて照れくさいのですが、Uさんいはく、
逆にこんな近くだと高座から見下ろすことになるからかえって目が合うことはないから
たっぶり近くでさん太さまを見ることができるのだそうな・・・。
ちなみに私もとっぷりおばさんですが、Uさん、私よりもうちょっと上です(言っちゃった!)
ひょえ~と思いつつ、やがて寄席が始まりましたが、
やっぱり近い!近すぎる!!
順番は最初がさん太さんで「長屋の花見」
次が減滅渡さんで「寝床」
トリが三代さんで「抜け雀」
だったのですが、
たしかに目は合わないとはいえ、いきなり至近距離のさん太さまにどっきどきでした。
もう、なんだかどこを見ていていいのやらで手を見てたり、かたわらの手ぬぐいを見ていたり・・・。
なんか妙に照れたりしながら(何を妄想してるんでしょ・・って、してないですよ~)
でも落語はいつもの通り、スパイスの効いた時事ネタのめちゃめちゃ楽しいマクラや
さすがの本編で大笑いでした~。
減滅渡さん、三代さんの頃には落ち着いてお顔も直視しつつ聴くことができました・・・てへっ。
減滅渡さんは「寝床」ネタおろしだったそうです。
どっぷり上方の減滅渡ワールドでとっても面白く聞かせてもらいましたが、
長かった~。50分くらいあったようです。
月例や小市民とちがって正座して聞いていたので、
途中で何度も足がしびれてごそごそ足をくずしたり、反対側にくずしてみたりしてたので
演者さんや後ろのお客さんにめざわりだったんじゃないかと反省です。
ごめんなさい、体が重いのですぐ足、しびれちゃうのですぅ。
三代さんの高座もさすがの貫禄。
そういえば大黒屋寄席、年に2回で15年、
今回が30回記念だったそうです。
ふさわしい大御所によるトリネタだったんじゃないかと思います。
いつものように落語のあとじゃんけん大会を楽しみ
お汁粉、お団子、おまんじゅう等ご馳走になって
満足満足の一日なのでした。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-24 01:47 | 落語・お笑い

母の退院

ご心配をおかけしました。
術後、先週末あたりといわれていた退院は途中の発熱で持続点滴が再開したことなどから
少しだけ延びて、
21日のお昼前、無事退院することができました。
今日4月22日が、生きていれば父の76歳の誕生日(享年は59でした)なので、
この日の朝には母からお線香をたかれたいと、
間に合うように父が家に帰してくれたのではないかと思います。
まだもう暫く、よびよせるのは仏壇の前までにしておいてほしいですが・・・。

弟のお嫁さんが連れに来て帰ってくれるので、甘えてお任せして
私は普通に仕事に出かけちゃいました。
うちからよりうんと遠いのに、入院中もずっと通ってくれて義妹には感謝です。
(って、関係としては義妹ですが、ほんとに彼女のがしっかり落ち着いてるのでした)

3月30日からの入院だったので、今年は桜が見られなかったと入院中もちょくちょく言ってました。
久し振りに外へ出た母が最初に目にした花は病院の駐車場に咲いたシロやピンク、濃いピンクの
つつじたちだと思います。
2年前の私は満開の桜のもとでの地元のお祭りを終えたあとの入院で、
退院は1日ちがいの20日でした。
豊川と豊橋と病院は違いますが、
たった9日ぶりだったのに、入ったときには咲いてなかったつつじが咲き始めた
市民病院前の道路の中央分離帯が今でも目に浮かびます。

昨日行ったとき、嬉しそうに仲良くなった看護師さんのことを話してくれたのですが、
ちょうどこの時期なので今年入ったばかりの新人さんがいて、
年齢的に孫である私の娘と重なりあって余計かわいく思えたようです。
昨日の血液検査では彼女がプロの看護師になって初めての採血の相手になったそうです。
右腕の肘の内側、実はちょっとだけ紫になってましたが、
母もずっと覚えてるだろうし、その子もきっと顔は忘れちゃっても
自分が最初に血を採ったのは腸を切ったちっちゃいおばあちゃんだったなって
覚えててくれるんじゃないのかなと私までほのぼのしちゃいました。
元気になってから母はベッドで次の句会に提出する川柳を考えたり
同人誌を読んだりしていたのですが、
その新人さんにエールを送る内容の川柳を紙に書いて贈ろうとしたけど
やっぱり恥ずかしいか捨てちゃった、と言ったら
是非くださいってかたわらのごみ箱から拾いあげて読み
嬉しそうにもってってくれたんだそうです。
それを聞いただけで、なんていい子なんだろうって私も嬉しくなっちゃいました。
病院の方々、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
そして的確な判断で緊急手術を決め、
予定外の深夜に及ぶ手術を執刀してくださったK先生、ありがとうございました。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-22 01:16 | 健康のこと

大黒屋寄席&音羽寄席

もっかの私の楽しみ、そして心の支えはこのふたつ!
b0101719_122861.jpg

4月19日6時、豊橋は小池の大黒屋旅館で春と秋恒例の大黒屋寄席と
(1万なんぼの家庭用複合機でのスキャンなのでB4サイズのチラシは
半分折って2回にわけたため真ん中で切れちゃいました~、もっとうまくあわせろよ、ですが)
そして、
b0101719_191345.jpg

こちらは4月19日に前売り券が発売される
6月21日2時、合併で今は豊川市となった音羽町のウィンディアホールでの音羽寄席。

それはなあに?かというと・・・
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-17 01:33 | 落語・お笑い

母の入院&手術つづき

つづくと書いたものの
なんだか毎日ぐうたらと気がつけば日付かわってる~って要領の悪さなので
書かないでいるうちにどんどん記憶があやふやに・・・・。
実家の敷地内の別棟に弟一家がいるのですが、
お嫁さんは母の緊急手術前に医師から説明があったときもメモ帳を出して
しっかり要点をメモしてくれてました。おおお、頼れる。
なんといっても私に足りないものの筆頭が几帳面さ。
加えて、あんなふうにその場で説明受けながら走り書きしても、
たぶんあとから自分の字なのに解読できない気がする・・・いや絶対できない。
ちらっと見ると、きれいにわかりやすく書かれてる!
きっと学生の頃も板書まる写しだった私なんかと違って
きちんとノートとって自分なりのまとめ方とかしてたんだろうな~。実際かしこいし・・・。
なんてことはさておき、
その後、
母は順調といえば順調。
2日くらいでとれる予定だった鼻から胃へ通した管は、ずっと濃い黄色の液体が出てきてたので
6日月曜日に4人部屋へ移ってからもしばらくつけたままでした。
8日だったかな(もはやあやふや)やっと抜けて
水だけは口にできるようになりました。
手術から1週間たって10日金曜日から食事が。
といっても最初は重湯、翌日三分粥と徐々に徐々にならしていきます。
30日の入院以来ずっと点滴だけだったので大きな前進です。
が、そのあと2晩つづけて夜になると高熱が出て食欲が落ちてしまい
また点滴もするようになっちゃいました。
毎日している血液検査の炎症反応もまだ高いらしいので
それに対する点滴も入れてるようです。
あ、お腹に2本ささってた管は12日だったか13日(もはや記録じゃないね)に
1本抜け、今日残りの1本も抜けてました。
あとは点滴さえ終われば身軽になります。
私にとってはとっても不思議なことに、
母は多少は痛みがなくはないけど、ベッドから起き上がったりくしゃみしたり笑ったりしても
お腹の傷はそんなに痛くはないんだそうです。
私は自分が退院してからも暫く、くしゃみなんかしたらしばらくお腹かかえてうずくまってたので
母のがもっと大変な手術だったと思うからさぞかし痛いだろうと思ってたのですが、
少しでも痛みとか苦しみがないほうならよかったです。
げ、
なんかこれでは小学生の作文みたいですが、
ざっと書くとそんなとこです。
途中、熱が出たりでお粥が固くなる段階も後戻りしちゃったので、
先週末に医師から「18日か19日くらいに退院」というのは少しのびてしまうのかなという気がしています。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-16 01:42 | 健康のこと

母の入院&手術

すでに来週末には退院できそうというところまできちゃってますが、
一応、自分としても覚えのために書いておきましょう。

3月30日月曜日
4時ごろ家につき車庫に入れた車から降りるか降りないかというとき携帯が。
実家で別棟ながら母と暮らしている弟の名前の表示にどきっとする。
案の定、母が入院したとの知らせ。
病院は実家からだと20~30分かかるが私の家からは車なら数分の市民病院。
少し前から腹痛があったのが、30日の未明に激しく痛みだし
4時ごろ弟を起こして救急外来に連れていってもらい、そのまま入院となったとのこと。
私が職場に入ると携帯が圏外になるので夕方まで連絡がつかなかった。
帰ったらすぐわかるようにと、弟は言えまで来てポストにメモも入れておいてくれていた。
血液検査の炎症反応がとても高く、レントゲンやCTで見たところ
右下の盲腸あたりから腸が上にむかったあとお腹を横切り
左下に下がっていくあたりまでが腫れているとのこと。
感染性の腸炎ということで説明を受けた。
そのあと高熱が出たり下がったり(下がったり、は薬で下げているのだろうけど)。
A病棟2階の4人部屋。
A2は私が出産した頃はお産の人と婦人科の病気の人ばかりだったが、
最近では深刻な医師不足のため昔のようには産婦人科が機能していないとうのを実感。
病室も母をはじめ高齢者が多かった。

4月2日木曜日
夜8時ごろ弟から電話で、母が今から緊急で手術になるとのこと。
私のが近いので先につき、T字帯や腹帯を1階の自動販売機まで買いに行ったりしているうちに
弟夫婦も到着。
手術の準備や先生からの説明のあと9時45分ごろ手術室へ。
その日のCTの画像から、腸の外に膿がたまっているとみられ、
つまりどこかに穴があいてそこから膿が出ているということなので
穿孔大腸炎の手術を行うとのこと。
手術の説明は低い確率でも可能性のあるリスクについて細かに説明されるので
母は後にもう死ぬかも知れないと思い、弟と私の顔をよく見ておいたと言っていた。
私は自分も手術のときにはいろいろ聞かされたので、
聞かされたすべてを心配する必要はないだろうと思ったものの、
説明の中で、腸の悪いところを切り取りつなげることになるが、
腫れのひどい状態ではつなげることができないので、
場合によっては一時的に人工肛門にして3ヵ月後ぐらいに再手術となるかも、というのは
是非そうならずにすむことを祈らずにはいられなかった。

目安として手術時間は3時間くらい、
開けた具合で2時間くらいですむかもしれないし、長引くかもしれないとの説明どおり、
1時半ごろ終わって出てきた。
私たちには先生からすぐに説明があり、切り取って部分も見せてくれた。
最初、開腹したときには虫垂が見当たらず、
結局腫れた大腸の裏側にのめりこむように張り付いていて
その折れ曲がった虫垂の付け根あたりが破れていたという。
幸い、膿が酷くひろがらずに割合固まっていたので
きれいに取り除けたと説明してくださった。
盲腸をはさんで大腸と小腸それぞれ10センチくらいかな、
腸は切り開いた状態だったので、そんなに大きくないステーキ肉の焼く前
みたいな感じだった。
これがそうだ、と見せられた虫垂は縮こまって大腸側に張り付いてた。
とにかく、1度で手術がすんでなにより。
弟のところは中学生と小学生の子どもが二人だけで留守番しているので帰ってもらい
私が付き添う。
血圧や心拍数、血中酸素などを計測するモニターと胸や腕、指先をつなく線が数本、
尿の管、鼻から胃の少し先まで通した管、手術した腸の上と下から管が2本、
そして酸素マスク。
弱い声で「痛い」とか「苦しい」とか時々訴えたが
手をにぎり頑張れと言うしかできない。
が、3時を過ぎた頃から寝息をたてるようになったので
私も椅子に座ったままベッドの柵にタオルをおき、そこへ頭をのせてうとうと。
すぐ起きるけれどすぐまた眠るの繰り返し。
あまり酷く痛がったり苦しがったりはしなかった。  つづく
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-12 02:10 | 健康のこと

日清おにぎり三兄弟

三兄弟かどうかわかりませんが、
先週、ファミリーマートのおにぎり棚の前で私を釘付けにしたのがこれ!
b0101719_059928.jpg

そうです
見紛うことなき日清製粉のおなじみの袋麺
「日清焼きそば」「チキンラーメン」「出前一丁」
ファミリーマートといったら、ほんとにときどきのぞかなくちゃいけません。
わっくわくするようなコラボ商品がけっこう並んでたりします。
過去にもチロルチョコのパンだとか、
昔のパッケージの写真を使ったボンカレーのカレーパンだとか、
ちょっくちょくやってくれちゃってます。
もう今回もどれを選んでどれを次の機会に、なんてことはできません。
私はもうファミマの思うツボ子ちゃん。
ちょっとおやつと立ち寄ったコンビにで、
おやつの他に瞬時も迷うことなくおむすび3種類買って帰りました。

中身はこんな感じ↓
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-04-01 01:20 | 飲んだり食べたり

茶漬け閻魔

車の中ではラジオを聞くことが多いのですが、
ここのところ、ふと聞きたくなって故枝雀師匠のCDを通勤途中聞いてます。
「茶漬け閻魔」や「貧乏神」は枝雀さんのために落語作家になられたような
小佐田定雄さんの作品です。
枝雀さんおっしゃるところの笑いとは緊張の緩和、または緊張と緩和、
茶漬け閻魔のマクラでもそのことをおっしゃってますが、
閻魔大王という誰もが恐れ緊張する存在が茶漬けをすすってるという緩和から始まって
キリスト君や釈迦君とそのへんで普通にやられてるような
非常に人間臭いやりとりがかわされます。
私はこういうパロディっぽいものにめちゃめちゃ弱いので
もう何度聞いてもつい笑ってしまって、対向車から見たらアブナイおばさんです。
同じ意味で、最近中高生に大人気ということで露出の増えたお笑いコンビはんにゃの
歴史とかもじったコントにめっぽう笑いツボ押しまくられてます。
ちょっと今、横道それかけちゃったのを文章消して、
今日は枝雀師匠のことですが、
先日、伊藤和也さんの追悼写真展に向かうときも車でかけて聞いていて
ああ、そういえば、この桜が話題になる季節は
枝雀師匠が自殺を図られて、しばしこちらとあちらの世界の間を
さまよっておられた頃だったなぁと思い出しました。
茶漬け閻魔の中で「今日よりは明日はもっと面白くなければならないという地獄」
というようなフレーズが出てきて、どきっとしましたね。
私たちはこんなに面白いのにと思っても、
エベレストまで登っちゃったからもうそこから上へどうやって上がっていいかわからない
みたいな天才ならではの悩みがあったのかな~
もう天に昇るしか残されてなかったのかな~
なんて思いながら、
でもやっぱり面白くて
本当に小佐田さんという作家さんは枝雀師匠のことをよくわかってて大好きで
師匠が演じることでもっとも魅力が引き出されるような話だなと感動すら覚えました。
悩みに悩まれもうこの世におられない師匠の落語で
のうてんきに暮らしている私がこんなに笑わせてもらってます。

「貧乏神」は豊橋落語天狗連の月例で鶴橋減滅渡さんが演ってくださったのを聞きました。
減滅渡さんは上方でプロの修行をされた方なので、
枝雀さんのCDで聞いたとおりの上方のネタで楽しませてくださるので
三河にいながらこれは贅沢なありがたいことです。
「茶漬け閻魔」はレパートリーにおありなのか、ひょっとして私がいけなかったときにでも
過去かけられたことがあるのかどうか、
是非減滅渡さんで聞いてみたいな、なんて思っちゃいました。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-03-27 01:38 | 落語・お笑い

伊藤和也さん追悼写真展

初日、24日の午後、仕事帰りに行ってきました。
昨年末、志都呂のイオンでは事件についての地元新聞記事がいくつもパネル展示されていたりしましたが、
今回は数点の幼少時や学生時代の留学先、家族そろっての写真のほかは
ほとんど農業支援の様子と子供たちの写真が中心でした。
志都呂で胸を打たれた、現地での葬儀に「イトーサン」を慕って集まった人々の写真も、
今回は展示がなく、もしかしたら意識的に事件に結びつくものを避け、
純粋に、事件が起きるまで一般にあまり知られることのなかった、
事件がなければ今もかの地で続いていたであろう伊藤さんの生活だけを飾ることで
平和について問いかけ、訴えていたのかもしれません。

つづきを読む
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-03-26 01:44 | 見たり聞いたり

山本コウタロー講演会

豊橋人権啓発活動地域ネットワーク協議会主催の
平成20年度 人権男女共同参画講演会
「男(ひと)と女(ひと)のよりよい関係」と題した講演とライブ 
ってのに21日、行ってきました。
つれあいが職場から行くようにってことで整理券を2枚持っていたので。
山本コウタローさん、
私は見てないのですが、「渡る世間は鬼ばかり」に出演されてるのだそうですね。
はじめ、そのドラマの登場人物を引き合いに出して、女性の生き方、家族のあり方などを語られ
後半は伴侶である映画評論家・吉田真由美さんとの生活を紹介されてました。
私が中学から高校の頃、
コウタローさんはTBSラジオのパックインミュージックという深夜放送を担当されてて、
同じ頃やってた文化放送のセイヤングとともに、必死で電波ひろって聞いてたころなんかを
懐かしく思い出しながら舞台のコウタローさんのお話を聞いていたのですが、
あの頃には吉田真由美さんのお名前を聞いた覚えがあります。
なので、もう30年以上前のことだと思うのですが、
昨日の話の中で、そのころから吉田さんは「女だてら」とか「男まさり」といった言葉に
疑問と抵抗を感じていたそうで、
(まあ、その頃でもそれ以前でも、私たちでも疑問や抵抗は感じていなくはなかったと思いますが、
それを言葉にして自分の伴侶に「おかしくない?」となげかけ
二人の生活の中から性差による役割分担、
というか男性のために女性がやってあたりまえという意識を排除するということは
なかなかできない人のが大多数なんですよね~)
コウタローさんも鍛えられ、家事全般、身の回りのことは自分でできるそうです。
あと、大切なこととして「ありがとう」ということをちゃんと言葉にして伝えること。
すごく当然で簡単なことだけど、
できてない人、多いんですよね、きっと。
社会においては礼儀としてできても、
家庭では言うべきことに気づいてもいない人も多いんじゃないかな。
自分も心がけてるつもりで言えてないことあるかもですが。
職場からこの講演会に行くように言われて、そう気もすすまないという感じで
横の席に座っていた夫はどんなふうにこの講演を受け止めたんだろう。
会話ないし、そのときも私はついでに買い物とか他の用事もすませたり、
ちょっと図書館にも寄りたかったので、別々の車で出かけてたから
講演の内容について話すこともないままですが・・・。
気に入らないことがあると文字にもしたくないような暴言を吐き、
やっとこちらが一言なにか言えば
「お前は俺と対等に口をきくつもりか」と言った人。
舅の介護をしていた頃も、自分は何ひとつ手も貸さず、ねぎらいの言葉も一度もなく
「感謝されたくてやってるならお前の根性がまがっとる」と言い放った人。
どんなふうにあの話を聞いたのかな。
でもきっと
昨日の話を聞いても
自分の問題だとは全然思っていないだろうなと思うけど。
とっくにあきらめているからもうそれでいいのだけど
「ありがとう」を言葉にして伝えることは大事なこと、
コウタローさんが代弁して一応耳に入れてくれただけでも、
ちょっとすっきりした気分でした。
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-03-23 02:08 | 見たり聞いたり

マシュマロの表皮~♪

ホワイトデーにマシュマロをいただきまして、
中にチョコが入ったのと全体にイチゴつぶつぶ入りのピンクの2種類。
これは一番大切なお返しなので、
(もちろん、当然、言うまでもなく戸籍上の連れ合いからではないなり。うふふ)
一人で大事に味わうつもりでしたが、
最近マカロンにはまってて、ネットで取り寄せたり、
名古屋や豊橋、蒲郡などのいろんなお店で買ってきては
私にもいつも食べさせてくれる次女にはおすそわけしてあげようと思い
チョコといちご1つずつ渡したのですが・・・

おじいちゃんおばあちゃんが好きで介護士をしている娘、
マシュマロを手にとるなりぷにゅぷにゅしはじめ
パウダリーな表面にちょいしわがよると
「お年寄りの肌みた~い」
あ、
っていうか、私の目じりとか笑ったとき、そんなしわ、よるよ。
やめてよ~と思う間もなく、

さらに次女は・・・!
[PR]
# by tekuteku0220 | 2009-03-20 02:15 | 飲んだり食べたり