何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新事実!

毎月最終日曜日の午後が勉強会になっているのですが、
今年はさぼりにさぼってしまいました。
まずは1月、今年最初の集まりの日が近所のお葬式と重なって
うちが班長の年だったのでばたばたとしているうちに欠席の連絡も忘れてしまいました。
7月末はお施餓鬼でお寺さんが家にみえる日と重なってしまい、
11月も親戚の法事、自分が出席ではなかったんですが呑む人の送り迎えで。
あと、家族の旅行等、不定休の娘や土日に行事参加の多い息子の予定を合わせると
狙ってるのか?というくらい最終日曜にかぶることが多くて、それだけで数回。
5月だったか6月だったか1度だけはすっかりうっかり忘れていて
娘を送っていく車の中で携帯に先生から電話!戻っても間に合わないとこまで来ちゃってました。
そんなふうで、本当に劣等生の問題児もいいとこでしたが、
久々に恐る恐る顔を出しても、冗談まじりに責められながら笑顔で迎え入れてもらえ、ありがたいことでした。
ただ、何か月ぶりかで出席すると、会の高齢化を実感しないではいられません。
病気や怪我の話題が絶えず、入院された方だとか、
ご自身は大丈夫だけれどご主人が厳しい病状で来られなくなった方だとか、
いつも会場まで原付で来られる会長さんは腕がふるえるなどの症状があって不安を抱えていらっしゃったり。
そんな話題に触れるたび、物寂しい気持ちになるのですが、
あるときふと、そういえば最高齢90歳のMさんは、いつもどうやっていらっしゃるんだろう、
確か奥様と二人暮らしとのことなので、若い人に送ってもらってるわけではなさそうだけど、
なんて考えながら、勉強会終了後、後ろをついて歩いていたら、
駐車場手前でポケットに手をいれ鍵をちゃりちゃり言わせながら取り出されました。
勉強会のときも非常に熱心に文章のことなど先生に質問されていて、
文集に載せられた作品にはその年齢だから書ける貴重な体験が綴られていながら、
そこから感じられる感動や意欲は、失礼ながら私が想像したような90歳のそれとは程遠い、
力強い若々しさにあふれています。

そんなMさんが実は知ってる方のお父上だったことが先日判明!
月曜日、所用で正月準備に活気づく豊川稲荷の門前へ行ったときのこと、
商店街の注射場へもどろうと歩いていると、向こうから知った顔が。
もう10年くらい前に市の講座を受けたときに担当してくださっていた市役所の女性で
その後も別の集まりで顔を合わせることがあったりで、
講座の中では最も劣等生だった私ですが、顔と名前を覚えてもらってました。
その日もこんにちはと会釈すると、彼女から
「昨日の忘年会でしたよね」
との言葉。これはひょっとしたら誰かと勘違いされてるのかと一瞬返事に困っていると、
「エッセイの会の忘年会じゃなかったでしたっけ?」
そういえば、まだ文集を始めた頃に、地元で共通の知り合いの催されたイベントで顔を合わせたときに、私の文章を読んだとほめてくださったことがあったけれど、
いくら市役所の方でも市の生涯学習から派生した同好会の忘年会日程までご存じとは!?
と、いろいろぐるぐる考えていたら
「父がお世話になってます」
とのことで、実はその最高齢Mさんが実のお父様とのことでした。
驚くとともに感激してしまって、
「Mさん、素晴らしいですよね、私もあんなふうに年を重ねたいと憧れてるんですよ」
などというようなことを、お急ぎだったかもしれないのについつい足を止めさせてしまいました。

こんなふうに、別々に自分に繋がる人たちどうしの繋がりがわかったときなどは
人生の楽しさ、面白さを感謝しないではいられませんね。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-12-31 03:10 | ペンの会

いやいやいや

ほんとすみません。
さっきまでかき氷のスキンを雪だるまに変えたところです。
ま、ま、素材は同じですが、夏と冬ではえらい違いです。
ちょいちょい、ありがたくも時々チェックしていただいてる方から
最近更新されてないけど元気ですか?なんてメールをいただいたり
直接お会いできる方からもどうしたの?と聞かれたり、
まことにありがたいことでした。
そのたび、よし、ちゃんと復活せねば!と思いつつも
なんて言って戻ればよいやら、学校長いこと休んじゃった子の心境ですね。
実はmixiのほうの日記はちょこちょこ書いてたので、
それをばんばんば~んとコピペして、
ずっとやってたよぉって何食わぬ顔作戦とか考えたんですが(日付でばれるし)
結局動かずじまいでした。
ところがもう、いくらなんでもこれはあかん、なんとかせんと
と思ったのが、
先週の月曜日の夜、恒例、毎月第3月曜日の豊橋落語天狗連の月例寄席のあと、
鶴橋減滅渡さんが、けっこうマジで
「うちのパソコンが調子悪いから表示されんのかと思て・・・
いつ開いてもずっと鶴橋減滅渡のままやろ~」
みたいなことおっしゃってくださって、
いや、ほんとすんまそんです。
放置プレイもいいとこでした。
さっきログインしようとしたら、あやうくID間違うとこでした。
どんだけほっとくねんって話ですね。
で、最後の日記、小市民寄席の減滅渡さんのこと書いた日記にはなんとコメント(11)
コメントが11個も~!!
と思ったら、全部ど馬鹿でくだらないエッチなやつでした。
ったく、何が面白くてこういうことするかなぁ、
とばしばしコメントを削除しながら、
一応参考までに全部目を通したエッチな私なのでした。
しかしまぁ、こういうコメントって何かの誘い水なの?
ってか、だまされる奴がいるのか?
ただやらしいこと書いて読まれるのがうれしいのかな?
そんなわけで、
なんとか年内にお詫び申し上げられてよかった。
懲りずにチェックしてくださってた方々、すみませんでした~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-12-28 02:27 | 普通の日々