何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初日はポストさんに続いての2番手で「桃太郎」
2日目は中トリで「七度狐」でした。
もう減滅渡さんについてはプロの高座を見させてもらってるようなものです。
安心して見ていられるというか、はずれがない。
(なんか、どうもえらそうな言い方になっちゃってすみません。
謙虚な気持で絶賛してるのですが)
とくに「桃太郎」はほんとに笑わせてもらいました~。
私は微笑亭さん太さんの信者にも似た熱狂的ファンでもっておっかけみたいに
減滅渡さんにも認識されているようですが、
で、それは全然間違いありませんが、
実は減滅渡さんの大ファンでもあるのでした。
ま、ま、たしかに
今までさん太さんがご出演なさらないときの月例寄席には2回か3回しか、
そしてさん太さんがご出演なさらないときの大黒屋寄席には1度も行ったことがありません。
で、減滅渡さんはよく「今日のお客さんはさんちゃん目当てやから・・」てなことおっしゃいますが、
で、それは確かに違いありませんが、
実は減滅渡さんに聞かせていただく本格的な上方落語もお目当てですってば。
「~も」かいな・・・・はい、まあ。あ、いえ。

それで、
今年も公会堂ロビーで販売されていた減滅渡さんのCDとDVDゲットしました。
CDは2枚。1枚は「骨釣り」と「はてなの茶碗」もう1枚は「阿弥陀池」と「五貫裁き」
DVDは「替わり目」と「八五郎坊主」です。
余談ですが、DVDのジャケット、座布団の山田くんに似ています。ちょっと。
特にCDに収められた噺はどれもいいですね~。
「骨釣り」の中の妄想部分で登場するちょっと年増の女性の感じがたまらなくおかしくて好きです。
「はてなの茶碗」は何度聞いても聞きたいという、月例の会場にいらしたおじさまからの
リクエストだということがCDの中でもやりとりあるわけですが、
これはおじさまならずとも、ほんとに何度も聞いちゃう噺です。
茶金さんとのやりとりあたり、心にしみてきます。
「五貫裁き」も始める前に減滅渡さんは「長いだけで面白い噺やありまへんで」かなんか
おっしゃってますが、これもまた上手い人に聞き入らせていただく噺ですね。
たしかにあちこち笑いどころ、ギャグ満載の落語ではないですが、
内容もわかってて、次のフレーズが浮かぶくらいに聞き返しても
気持ちよく心に入ってくるいい噺です。
そしてそれは演者の力量あればこそということを、聞いてて感じるCDです。

小市民に関しては舞台のセットやら進行の管理やら
減滅渡さん、ご自身の高座ばかりじゃなく大忙しだということが
3年前に放送されたテレビ愛知の番組やら、他のメンバーの方たちのブログ等から
見て伺えて、加えて今回は2日目の漫才もあったりで
本当にお疲れの2日間だったことと思います。
今年も素晴しい小市民寄席、減滅渡さん、ありがとうございました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-07-23 02:17 | 落語・お笑い
小市民寄席、1日目の最初はポストさんの落語「バールのようなもの」
これは立川志の輔師匠が清水義範氏の同名の作品を落語に仕立てたもので
「はんどたおる」「買い物ブギ」同様、日常さほど疑問を持たずに使っている言葉の
ちょっとしたおかしさに鋭くスポットライトをあてたすごいお噺です。
題材が日常的で身近で、言われてみれば、ああほんとだ~っていう明るくて健康的な面白さ満載。
で、
私は微笑亭さん太さんの信者にも似た熱狂的ファンでもっておっかけみたいに
天狗連の皆様の間でも認識されているようですが、
で、それは全然間違いありませんが、
実はポストさんの大ファンでもあるのでした。
もう、とにかく存在そのものというか、雰囲気がとてもいいんです。
生身のゆるキャラみたいです。
ほんとに名前もそのまま「ポストさん」で郵便局のマスコットに採用ですよ、
私が日本郵政のえらい人なら・・・。
そして、そうです、落語です。
(第何回だったか調べりゃいいんですが、ちょっともう眠くなってきてるので)
いつぞやの小市民寄席での伝説的「はんどたおる」はほんとにすごかったです。
ほんとにどっかんどっかんって大爆笑の連続で、
あれで公会堂、補強工事が必要になっちゃったんじゃないでしょうか、っていくらい。
志の輔落語ではありますが、
もうすっかりポストさんの落語になってると思うし、
志の輔師とは対極にあるようなポストさんのほんわかした味もとってもおいしいです。
今回の小市民も、期待どおりの高座だったと思います。
落語の詳しいこととか技術的なこととかむずかしいことは私はわかりませんが、
私は小市民寄席1日目の大成功は
このポストさんのすべりだしによるところも大きいと思っちゃったりしました。
ポストさんがまっすぐな方向に正しい力で転がしたことにより、
続く減滅渡さんはじめベテラン勢や華やかな色物がどんどん回転を加えても
ぶれたり空回りしたり留まることなく一日目の小市民寄席が綺麗に回ったという印象を持ちました。
ついつい
二日目の入場のときにお客さんを出迎えていらしたポストさんに
「昨日、すごくよかったです」
なんて声かけちゃいましたが、
よかったです、なんて、なんか上からほめてるみたいで失礼しました。
とってもとっても面白くて楽しかったです。

そうそう、一日目の開演前、ロビーで東三河100万ドル、いえ100万だらぁの笑顔の
ポスト奥様と、ポストさんのブログで有名、愛娘のももたん、生で動くももたんを見せていただきました。
おしよせるおばさま連にももたんは驚いて泣いちゃいましたが
さっすが、カメラが向けられるとぴたっとやんでカメラ目線に・・・撮られなれてる?
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-07-22 02:17 | 落語・お笑い
相変わらず10日くらいたつとやっぱり書いとこうみたいにちょっと動く私。
「~の思い出」ってつけりゃ10日後でも3ヶ月後でも1年後だっていいわけで、
だって思い出なんだも~ん。

というわけで、7月10日(土)11日(日)の2日間、豊橋市公会堂で行われた
もはや豊橋の夏の風物詩、豊橋落語天狗連小市民寄席。
昨年が30回の記念公演で、今年は第31回を数えました。
凄い歴史ですね~。
ちょいちょい書いたり言ったりしてるんですが、
多分私は第1回か2回くらいを見に行ってると思うのです。
今や金髪&網タイツでおなじみの某メンバーの奥様と
私の高校時代の友人が同じ職場で働いていて、
「Iさんの旦那さんが落語をやるから見に行ってと言われたから一緒に行って」
ってことで、今とは全然違って、だいたい出番の頃に行って彼だけ聞いて帰ってきた気が・・・。
そうです、あの限りなく彼女な彼、その時は落語をやられたのでした。
19か20の女の子だった私たちもいまや半世紀オバンゲリオン。
そりゃ公会堂並みにちょくちょく補修工事も必要になりますわ~。
ってことで、まずはプログラムだけ書きとめておきます。


7月10日(土)4時開場 5時開演  

『バールのようなもの』      橘亭郵便箱
『桃太郎』              鶴橋減滅渡
太神楽               今いち座
『三河弁・時そば』         成田家虚生
『一目上がり』           何逸亭やん泥
(コント)               天狗連の愉快な仲間たち
『粗忽の使者』           髪家三代
―仲入り―
寄席踊り              のの字&馬笑
沖縄民謡踊り           女性陣ダンサーズ
かっぽれ              天狗連総出演
『楽しい動物園』          微笑亭さん太
漫 才                三代&和音
『七段目』              成田家紫蝶


7月11日(日) 1時開場 2時開演

『権助魚』              弾家喜苦
『元犬』                望々亭みるく
コント                 ロック&酎
太神楽                今いち座
『過剰葬儀』             成田家虚生
コント                 天狗連の愉快な仲間たち
『七度狐』              鶴橋減滅渡
―仲入り―
寄席踊り               のの字&馬笑
沖縄民謡踊り            女性陣ダンサーズ
かっぽれ               天狗連総出演
『青菜』               那古家攻
漫 才                減滅渡&和音
『幇間腹』              微笑亭さん太
『茶の湯』              駒久家南朝
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-07-20 01:55 | 落語・お笑い