何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー

<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

古今亭菊之丞さん

無粋な田舎のおばさんは、
落語家さんの的確な褒め言葉を知らないのがもどかしいですが、
菊之丞さん、綺麗な落語だと思います。
えらそ~を承知で、完成度が高い と言わせてもらいますが、
同じネタのまるきり同じ映像を、何度でも見たくなります。

「やじきた道中てれすこ」と同じ日にお笑いコーナーで見つけて借りてきたのが
落語・漫才のダウンロードサイト『笑王』から出されたDVDで
菊之丞さんの『短命』と『棒鱈』、間にインタビューの様子が収録されています。

ビジュアルは、昔のイイ男って感じでしょうか。
今の子たちが選ぶイケメンとはちょっと違うかもですが、
落語の時代の芝居にかぶれる若旦那なイメージです。
許婚のお嬢さんなんかと歩いてると
絶対「ようよう、この色男」とか言ってからまれて腕力の無さを露呈しちゃいます。
現代だったら、公家の血筋でとか言えば結婚詐欺くらいできちゃいそうな気品
(どんな気品だ?)も漂ってます。
かと思うと、
座布団の上にちょこんとおさまった姿は、
なんか不祝儀くらいにしか会わないような薄い親戚まで集まると
1人はいるちょっと粋な感じのおばさんって雰囲気もあります。
棒鱈の中のちょっと年増の芸者さんなんかは見事です。

とくに『棒鱈』よかったです。
何度も見てしまいましたが、見れば見るほどクセになります。
酔うとちょっとからむ質の熊さんと、それをなだめる寅さん、
隣の座敷の地方出身のなまりの酷いお侍と、
相手をする芸者さん。
素人の耳が聞いても絶妙の間で、的確に演じ分けられて
そのどれもが無理がなく気持ちよく入ってきます。
お侍の歌や、対抗して熊さんが歌う都都逸、
こういう歌が入ると、江戸の粋により強く触れた気がします。
いつか目の前で見て聞いてみたい噺家さんです。

それにしてもこの噺のタイトルが『棒鱈』って・・・・
落語のネーミングにはよくあることですが、最後の最後に「それかい!」って感じです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-31 17:56 | 落語・お笑い
結局劇場では見られなかったので、
先日DVDを借りてきてやっと見ることができました~。
全体的な落語テイストもさることながら、
けっこう目的は大工さん役でご出演なさってるという柳家三三さん。
わたし的に今一番気になる落語家さんです。
同じく映画「しゃべれどもしゃべれども」でも国分太一さんに落語の指導をされたり、
ちょい役で出ていらっしゃいました。

さてさて、
もうオープニングからやられちゃった感じでした。
尺八のソロで始まったジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」
三味線の軽快な演奏に、もうこの時点からわくわく笑えちゃいました~。
あることじゃないですが、もしも私が高座にあがって落語でも一席
なんてことになったとしたら、これを出囃子に使いたいですね。
しかしこの「ラプソディ・イン・ブルー」はユニークというか、
のだめカンタービレでものだめちゃんがマングースのかぶりもので
ピアニカ(は商標なのかな、鍵盤ハーモニカっての?)で吹いてみたり、
エンディングでにぎやかに演奏されたのが毎回流れてたので、
(じゃなきゃ音楽に疎い私が題名すっと出てこないです)
おなじみな曲です。

内容は見てのお楽しみ
って、今頃見ておいてもったいぶることないですが、
タイトルどおりの「てれすこ」とか、
「狸賽」「野ざらし」なんかのお話が登場して
そんなに詳しくない落語ファンの私でもどっ楽しかったので、
詳しい方がご覧になったらもっともっと楽しいんだろうな~。
勘三郎さんは、本当に素晴しいエンターティナーだと思いますね。
コミカルな役でもしっかり色気がありますね。

で、三三さんです。
きょんきょん演じる遊女に騙されて追っかけてくる大勢の男の中のひとり源ちゃんでした。
出てきた途端に殴られちゃいましたが、
思ったより台詞あって、
その場面だけ5回くらい見直しちゃいました。目的達成~。三三さんめあてかい!
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-31 02:20 | 落語・お笑い
b0101719_182647.jpg

友達に誘われて、豊橋市は花中町にあるギャラリー結(ゆふ)で開催されている
「岡崎立遺作展 とりごえあつまりて」
を見てきました。
1950年豊橋生まれの画家さんで、東京青梅市に住まわれ主に鳥の精密画を描かれたり、木版画や銅版画の作品を描かれたりしましたが、
2004年に既に亡くなっています。
b0101719_054407.jpg

こんな感じの、とてもとても繊細で美しい鳥たちの絵です。
いつ飛び出してもおかしくない本物以上に本物の鳥です。
b0101719_054522.jpg

このギャラリーは、旧大林製糸の分家筋の70年前の建物を曳き屋して再生したものとのこと。
「大林記念館ギャラリー結」となっています。
10年近く前ごろ、その昔、豊橋市が製糸の町であったことを象徴し、唯一残っていた4階建ての土蔵(繭蔵&糸蔵)が、市民の保存活動も空しく取り壊されたという出来事があったのを、当時地元のラジオなどでも話題にされていたことを思い出しました。
ネットで検索すると取り壊される前の建物の写真を見られますが、
実物を見ておけばよかったなあとつくづく思いました。
b0101719_055789.jpg

曳き屋したあとは新しく管理事務所が建てられているのですが、
そちらに面した側はガラスのギャラリーになっています。
b0101719_058055.jpg

倉庫のとき、実際に屋根にのっかってた瓦だと思われますが、
今はオブジェとして置かれてました。
b0101719_0551622.jpg

ガラスの中にかざられていたカラスの版画。
写真よりも美しいような精密画もあれば、
こんな、質の良い絵本の挿絵のような版画もいくつか飾られていました。

作品というのはこうして作者の何倍も何十倍も長く世に残っていくと思うと、
芸術の壮大さみたいなものに、息をつめたひとときでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-30 00:35 | 見たり聞いたり

5月27日

平日にもかかわらず、私は姑のおともで親戚のおばさんの49日の法要へ。
長女は小学校からの友達Tちゃんの結婚式へ。

夕方、帰宅した娘と。
私 「お父さんどうだった?」
娘 「すごいテンション高くて、『あんたたちはまだかん?』って聞いてきた~。
そんな泣いたりとかいう感じじゃなかったよ~」
従姉の結婚式で花嫁の父たる叔父さんがぼろ泣きだったのと比べて言ってるのだろう。
娘 「花嫁のブーケもMちゃん(花嫁の妹)がとったら、お父さん『こりゃあ忙しいなぁ』って笑ってた」
そうかそうか。
Tちゃんのお母さんはTちゃんが高校生の時に急病で亡くなっている。
当時から美人三姉妹と評判だった3人のお嬢さんを、以来、男手で育ててこられたお父さん、
心の中では亡くなったお母さんといろんな話をされただろうな。
いわゆるできちゃった婚、
私 「最初から許してくれたの?」
娘によれば、新郎は中学の同級生で、途中別れてたこともあったけど10年近い付き合いで
お父さんも知ってたので、本人たちがどう言い出そうかとしているときに、「認めてるから話があったらおいで」とお父さんのほうから言葉をかけてくれたとのこと。
私 「そんな昔から付き合ってたんだ~。じゃあお母さんもその子に会ったことあるのかな?」
娘 「たぶん会ったことあるんじゃないかな~」
私 「そうかぁ、よかったねぇ」     ちょっともう鼻がつんときて目がうるうる・・・。
娘 「Tちゃんも『お母さんも喜んでくれてると思う』って言ってたよ」
え~ん、もうだめ、涙出るわ、鼻水出るわ・・・。
娘 「なんでお母さんが泣くの~」
もちろんとっても喜んでくれてるし、見てくれてると思うけど、
そこにいてほしかったよね~。

Tちゃんのお母さんはすぐ隣の町内だったし、
うちの子たちが保育園に通う頃、そこで保母さんをされてたし、
妹のMちゃんとうちの次女とも仲良しで、遊びに連れてってもらったことなんかもあって、
だから保母さんとしてばりばり働きながら、町内のママバレーでも活躍してた
元気で明るいイメージの彼女の突然すぎる死はショックだった。
そんなふうで弔問客も大勢で、お通夜のとき
次女とMちゃんが手を取り合い泣いている側に立っていた私は、
制服姿のTちゃんが
「こんなにたくさんの人に来てもらってお母さん喜んでると思う」
と言ってた声を今でも思い出します。


昨年の5月27日はZARD坂井泉水さんが亡くなった日でした。
自分の手術から1ヶ月半、まだまだお腹の傷をかばいつつも、
病気からはほぼ100%解放された思いでいた私だったけど、
坂井さんの訃報には自分でも想像しなかったくらい動揺したっけ。
子宮頸癌は直接の死因ではなかったけれど、
私みたいに早期発見していれば、肺に転移することもなかったろうし
事故とも違うとも言われていたけど転落して亡くなることもなかったろうに・・・。
自分だけ助かってしまったみたいな、説明しにくい凄く苦しい気持ちだった。
そのニュースがあってすぐ、
「大丈夫?同じ病気だからショック受けてるんじゃないかな」
って送ってくれた友達のメールがとてもとても嬉しかったのを覚えてる。
1年たって、私はもう昨年のことが夢だったかのように
のほほ~んと過ごしてる。
来月また検査は予定されているけど、全く不安も感じない。
でも、感謝は忘れちゃいけないな~と、
いつかは見られるだろう娘の(30まで行かないと宣言してるけど)花嫁姿を想像しながら
ちょっと自分を戒めてみた。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-29 01:45 | ちょっと感動

スーパーボール!

ってギャグの江戸むらさきは3~4年前に次女の高校の文化祭に来たことがありましたが
最近見ない気がします、どうしちゃったんだろ~。
ちなみにその時にいっしょに来たのがインスタントジョンソン(も、ひところほど見ないな~)
そして、あばれヌンチャク。
生徒会やってた娘は役得で、このときまだあばれヌンチャクやってた男の子の姿の桜塚やっくんに、生徒手帳にサインもらってます。

なんていきなり脱線というか全く本題に触れてませんが、
日曜日の夜、綺麗に箱に収まったスーパーボールが送られてきました!
            なんじゃこりゃ!
と思ったのがこれ↓
b0101719_057967.jpg

うそです。スーパーボールじゃないのはわかってました。
だって表の箱とか「リーガロイヤルホテル」って書いてあったんだも~ん。
このあたりでは馴染みのない名前ですが、東京とか大阪とか京都とか全国にあってたいそう立派なホテルのようです。
そのリーガロイヤルホテルの1階にあるショコラブティック レクラの惑星ショコラっていうのが正体です。見よ、この色彩!です。ちなみに
真ん中の太陽が(パイナップル)
水(マンゴー)
金(パッションフルーツ)
地(ライチ)
火(オレンジ)
木(フランボワーズ)
土(アプリコット)
天(ライム)
海(バナナキャラメル)
・・・・・・・・・さようなら冥王星、君の事は忘れないよ、おばさん世代は。
どってんかい!・・ってツッコミじゃあるまいし
「めい」まで言わなきゃゴロ悪いもん。

さて、このスーパーボール、もちろん床に投げつけたら天井まで跳ね返るなんてことはないです。中はどんなかな~と割ってみたらこんなふうです。↓
b0101719_1181111.jpg

おそらく半球ずつ作って平たいとこをあわせて球体にしてるんですね。
ちょっとこの色にどきどきしながらお口へ運びますが、
味はもうほんとに高級チョコレート。
たいへん美味しゅうございます。
漏れ伺ったところでは、バレンタインの頃には相当人気だったようです。
これは実は先週行われた高校の同窓会会場で売られていた、
各部活動の昔からの写真等を納めたDVDとか校章が染め抜かれたタオルなんかを、
友達とその友達の部活の先輩の分送らせてもらった、
そのお礼として、大阪在住のその先輩の方から送っていただいちゃったものなのでした。
が、めちゃめちゃ高そうなチョコレートなのですぅ。
かえって申し訳なく思いながら、ありがたく頂戴しちゃいました。
ご馳走さまでした。
っていってもこんなふうに貧乏くさく半分に割ったりしてけちけち食べてるので
まだ冷蔵庫にしまってありますが~。
チョコレートは幸せのお薬ですね~。しかも即効性。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-27 01:29 | 飲んだり食べたり
毎年7月に豊橋市公会堂で2日間にわたり行われる
豊橋落語天狗連による一大イベント、豊橋小市民寄席は
もう豊橋の夏の風物詩です!言い切るよ。
毎年夏なのでよくネタがつきないなぁと最初に感心させられるポスター。
ブタの蚊取り線香だったり、スイカだったり、貯金魚みたいな金魚だったり、
今年のテーマは氷?

さてさて、そんな小市民寄席の本番を待つ間の楽しみは
毎回和小物のおまけ付きのチケット(今年はリバーシブルの小さな風呂敷)と
小市民寄席のプログラムやメンバー紹介の載ったパンフレット。
このパンフレットには多くの地元の会社やお店が広告を出していて、
その1軒1軒に微笑亭さん太さんがシャレのきいたコピーをつけてらっしゃって、
それ読むだけでもめちゃめちゃ楽しいです。
そんなパンフを
今日出勤前にメンバーの呈茶さんのお店でげっと!
ってことで写真とって載せようと思いつつ、まだ新しい携帯を使い慣れていないので、
無断で呈茶さんのブログをリンク!
http://moonisland.exblog.jp/
(って、なんかリンクうまくできなかったのでアドレスコピーして行ってください)
こちらで写真がご覧になれるし、チケット袋詰めの様子もうかがえます。

今年は、なんと、私の周りのさん太さまファンのおばさんで
個人広告を載せてしまったので、いつにもましてうっきうきでパンフもらって参りました。
うきゃ~、ほんとに印刷されてるよ~。
さん太さまにコピーもつけていただいてます~。
しかもめちゃめちゃてれちゃうようなお言葉・・・・016.gif
年甲斐もなくでへでへしてます。
呈茶さんのブログからも伝わりますが、
1500名とか集める素晴しい舞台なのに、
ほんとに一からメンバーの手作りで、
本当に凄い人たちの集団だな~と感心してしまいますし、
そんな天狗連を身近で楽しめる私たちは幸せ者だな~とつくづく思いますね~。

もし、何かのはずみでここを覗いてくださった方で
愛知とか静岡西部あたりにお住まいの落語好きな方、
ほんと一度いらしてほしいですね


[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-24 02:10 | 落語・お笑い

電化製品の逆襲

なのかどうか、
やたらと壊れた1週間でした。
14日に人力車で日本一周のおにいさんを撮ったのを最後に
携帯が突然の発作でお亡くなりに・・・。
な、なんで!?とあわてふためきましたが、結局は台所で
洗い物しながらTVにして見てたときに、たぶん水滴とか落ちて水濡れでやられちゃったとしか考えられません。
お笑い番組みてて、お気に入りのコンビが出てきて
茶の間では娘がテレビで同じ番組みていたから
洗い物中断してちょっと見に行ってて戻ってきたらみたことないエラーが表示されてて
(ここでうちが対面式のキッチンとかじゃなく、昔のままの、お母さんが1人淋しく
炊事したりおかたづけするタイプのお台所だってわかっちゃいましたね)
暫く押したボタンと違うことになったり、1を押したら4が出たり
カーソルが下にいかなかったりしてたんですが、
そのうち何をしても動かなくなってしまったのでした・・・。
電池のこってる間、脳死状態って感じでしたが、電池がなくなるとともに静かに永眠。
短い間ですが、お疲れサマでした。
ってことであわてて、よく検討もしないで買った今度の携帯に四苦八苦してる話はまた今度。
お前のまた今度は後日書かれたためしがねえよ、と自分につっこみつつ。

携帯ショックの翌日、
今度は朝、洗濯をしようとしたら、またも見たことのないエラーが!
説明書を見ても載ってない数字。
載ってるの以外が出たらメーカーかお店に連絡を・・・ってなってる~。
洗濯機、働かないつもりならこっちも考えがあるけど(ってコインランドリーですが)
せめて口を開いて中の洗濯物をこっちへ返したまえ。
そんなもの人質にとられては
洗えないのも困るけど、修理に来てもらって洗う前の私や娘たちの下着とか入ってるのは
ちょっとすごいいやなんですけど・・・・昨日どんなのはいてたっけ~。
逆に修理のおにいさん(あまりおばさんはとかは来ないし、絶対)も困るよね、うわ、おばさんのパンツ見ちゃったよ~、とか。
とりあえず、説明書の後ろに嬉しい情報、24時間対応の相談センターみたいなの。
かけてみると早朝にもかかわらず、やさしそうなおじさんとおにいさんの間くらいの感じの声の人がフタの開け方を教えてくれましたが、ボタン操作ではやっぱり開かず、
結局ちょっと力ずくで中ぶた開けて無事洗濯物救出!
土日は自分が同窓会でばたばたしてしまったので、
月曜の午前中に修理に来ていただきました。
なんか変なもの詰まってたらどうしよ~、とかプリンタ事件が頭をよぎりましたが、
洗濯機ですから、プラパッド出たところで今度はうろたえる必要はありません。
堂々と5年保証を提示して、無料で中ブタ交換で一件落着したのでした。
使い勝手悪いとか、洗濯時間かかりすぎとか、二層式のが融通きいたよとか
文句ばっか言っててごめんなさいでした。
ご機嫌なおして、また洗濯物洗ってください。

そして、その洗濯機がまだ決着つかないうちに、
土曜日、午前中から同窓会の前日準備で、体育館で会場設営をして
慣れないテーブル運びや椅子運びで二の腕とかぷるぷるしながら家に帰ると
今度は炊飯器に見たことないエラーが・・・・!!
今朝まで炊けたし、その日お弁当持って動物園でデートとうかれてた次女のために
出かける前にもう1度かけて、次女がお弁当作る頃にはちゃんと炊けたみたいなのに。
またも説明書にないエラーで
でも今度はちいっちゃいものだから某電気屋さんへ持ち込み。
例のプリンタさん事件のブラパットつまみだしたお兄さんが対応してくださいました。
その日もやっぱりおだやかにこやか。
かわりの炊飯器を貸していただいて今に至る、というわけです。
1週間から10日ってことだったので、もう少しの辛抱。
ちょっとやっぱりIHと比べると、ご飯、おいしく炊けないのでした。
貸してもらえただけでもありがたいんですけどね・・・。
はい、もう、ちゃんと、これからは炊飯器さんにも感謝して使わせていただきますから、
もう誰もへそ曲げないでくださいね。
なんか冷蔵庫、開けっ放しじゃない時でもたまにピーとか言って
私の反応うかがってる気がするけど、
知りません、気付きませんとも。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-23 01:40 | 普通の日々

人力車で日本一周~

b0101719_1554140.jpg
ええっと、写真を撮ったのは14日ですね。
この夜、たぶん台所で水滴かなんかにやられちゃったらしく
携帯が帰らぬ人となってしまったので、なんとこの写真が最後のあの携帯での写真となってしましました。
って、そんな淋しい話題じゃないです。

この方は山田祥平さん、30歳。
5月9日伊勢から、人力車で日本一周に出発されたばかり。
という話題はラジオで聞いてて、その日は私は見なかったのですが、TVなんかでも取り上げられていたいみたいです。
朝10時ごろ、いつもの道をパート先の会社へ向かって車を走らせていると
え~、人力車~!?
で、ちょっと行ったとこで向きをかえて戻ってみると
のぼりに日本一周と書いてあるじゃあ~りませんか。
おおお、これがあれか!
ということで、ミーハーにも写真撮らせてもらっちゃいました。
で、まあ最初に書いたような事情でちょっと本文書けないでいる間に
えり~ちゃんからも目撃情報いただいちゃいましたが、
会社でも自慢してたら、やっぱり会社の子もその少し前に
小松原街道で見かけてました~。
あ、ちなみに、この写真は、小松原街道と交差するわりと新しい道で
動物園方面に続く道。
この写真はえり~ちゃんが見かけた夢庵よりだいぶ愛大よりの方です。
ちなみにmixiのコミュ、「風プロジェクト」で検索すると
この日本一周の様子がわかります。
そこではもうお昼頃、湖西でみかけたというコメントがあったので、
この道をずっと東へ行ったんでしょうね。
そのあとは・・・1号線?
これから梅雨だったり暑かったり、秋がくれば冬は寒くて、
大変な道中だと思いますが、
なにはともあれ、気をつけて、元気で達成してもらいたいものです。
15ヶ月の予定だそうなので、
その間には数え切れないくらいの人とであっていくのだろうけど、
日本全体からみたら、その中のほんの一握りの「彼とであった人」の中に入れたってことに、なんかすっごく訳もなく嬉しくなっちゃったのでありました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-17 01:29 | ちょっと感動

6666~♪♫♬

b0101719_20573236.jpg

ふじまる(220)初のぞろ目記念日~。
うちへ来た時は4年で6,200kmしか走ったことのない箱入り娘のようだったふじちゃん、
うちへ来たとたん、フルタイムで働き出したって感じで、
今日の帰り道、259号線を豊川方面へ向かう途中、札木の市電電停横あたりで
信号待ちしてる時にぞろ目発見!
さっそく記念撮影の図。
こうしてだんだんふじちゃんと気心知れてく気がするな~。016.gif
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-13 21:02 | 普通の日々

江丹別そば~♪♫♬

先日、豊橋渥美線の柳生橋駅近くの大正庵さんに、
「北海道旭川江丹別そば」ののぼりがはためいてるのを発見して以来、
食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて
ちょうど昨日は急ぎの仕事があって、晩御飯作って出かけて残業だったので
帰りは絶対に江丹別そばだ~!って思ったのに・・・、
大正庵・・・月曜定休だったのでした・・・とほほほほほ。

でも、食べられなかったと思うと、余計に思いが募るもの。
もう辛抱たまらんわい!ってことで、
昼休み、会社からはちょっとはなれているけれど、まっしぐらに向かったのは大正庵。
なのですが、
この信号を左折すれば江丹別そば~!って交差点、赤信号で止まっていると
絵に描いたようなお昼休みにそば食いに行く様子のサラリーマンのおじさんが2人、
目の前の横断歩道を、絶対大正庵に向かって渡っていったのでありました。
そうか、
お昼休みにそばって、すっげいおじさんシチュエーション!!!
げろげろげろ~。
ですが、かまったこっちゃない。
わたしゃも少し若い頃でも、月曜日のお昼休みのCoco壱カウンターでひとり
5辛のチーズカレー食べながら、その日発売の少年ジャンプ読んだことのある人間です。
見事おやじに同化して見せましょう・・・って、そりゃやだな。
美味しいおそばはおばさまのものだわよ。

ってことで胸張り堂々と店内へ。
夕べだと寒かったから熱いおそばにしちゃおって思ったけど、
やっぱりおそばの美味さを堪能するのは冷たいおそばだわよってことで、
そのために昨日は食べられず、今日のお空は晴れているのだわ。
ねぎとろ丼&サラダうどんで780円也のランチセットが
そんじょそこらのプレイボーイ顔負けに私を誘惑にかかったけれど、
わたしは江丹別そばがた・べ・た・い・の!
ってことで初志貫徹
えびおろしそばとかそそられたけど、そばそのものを味わうために
シンプルな大根そばにいたしました。
そ れ が こ れ ↓
b0101719_20443535.jpg

白い!色白の涼しげな旭川美人のおそばちゃんでした。
大根はほどよく辛味のある大根が、お刺身とかのツマより太め、
なますなんかにする時くらいの太さで乗せられて
この冬、最低気温記録保持者の旭川江丹別さんの雪景色を思わせるようでした。
白と深い緑の市松模様の四角形のお皿が
また北海道感をかもしだしてたって感じです。
もちろん、おそば、めちゃめちゃおいしゅうございましたです。
大根そば 1,000円なり。
食べ終わる頃を見計らって、絶妙のタイミングで蕎麦湯もいただけました。

だいだい屋さんのランチとか比べちゃうと、同じ1,000円ならって意見もありですが、
それはそれ、そばはそば、
北海道から直送でっせ!しかもめちゃうま、高かあないと思いまっせ、なのでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-13 20:52 | 飲んだり食べたり