何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

以前から東京かわら版の演芸に関する番組の告知で見て
とてもとても聞きたいと思っていた志の輔師匠の番組が、
4月からCBCラジオで聞かれるようになりました。
偶然ラジオをつけてCBCでの第1回放送を聞き、飛び上がりそうにうれしかったですぅ。
日曜日の朝7時からなので、ちょっと気がぬけませんが。

志の輔師匠という方は、本当にアンテナの張り方というか、
物事の解釈、世間の何気ない日常に対する鋭いつっこみ、
凄いなあと思いますね。
逆に、なんでそういうとこ、今まで自分は不思議に思わないでスルーしちゃてったんだろうって。
はじめは志の輔師が良い意味で世の中を皮肉ってるって思ってたんですが(あくまで良い方向で)そうじゃないんですよね、
言われてみて、ああ、ほんとそうだよな~って思う、
世間のほうがちゃんと深く考えていなかっただけの話なのかもと。
師匠の目が一番まっすぐ正しく見据えているから、
何でもないような日常のシーンが抱腹絶倒の創作落語になっちゃうんですよね。

この番組では毎回ゲストを招いて(デートってくらいだから女性ばかりなのかも)
一緒に落語を1席聞いて、そのことやらゲストのことやらお話する形です。
文化放送のHPで見てみると、どうもこちらでは1週遅れで放送されているみたいですが、
27日が三遊亭金馬師匠の『孝行糖』
その前の週が三遊亭小圓朝師匠で『呑める』

お昼休みがおわったので つづきはまた
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-30 13:06 | 落語・お笑い

文集でました

b0101719_1732521.jpg
そうか、今度のところは「ふれあいペンの会」っていうんだ、
なんてことを文集の表紙見てから思ってちゃいけませんね。
実は、うすずみの会は会員の減少に追い討ちかけるように
先生の体調不良も重なって、同じく毎月最後の日曜、午後(うすずみは午前)に集まっておられる会に吸収合併みたいな感じでまぜてもらうことになりました。
先月初めてそちらへ出席して、とりあえず半年に1度出している文集が発刊の準備段階だから、
載せたい原稿があったら出してということで、
私はデータで送ったので間に合いましたが、他のうすずみからの人で手書き原稿を渡した方は間に合わなかったようです。
それにしても先月そんな話をしていたのに、今月の集まりでもう製本されたものが配られて、
うすずみがいかにのんびりやってきたか思い知った感じです。
そのへんのことはまた改めて。

今回3つ載ったんですが、
まあタイミング的に自分の病気のことと、父の病気のこととになってしまいました。
まあ、書き留めておきたいことだったのですが、
もっとちゃんと他のことも書かなくちゃ~。
ほんとに自分でも書くのが好きなのかさぼりたいのか
何やってるんだかって感じです。
本も読むの遅いし少ないし、
あたまサビサビできしきし。
今のうちにKURE 5-56とかさしておかないと
ほんとに動かなくなるぞ、脳みそ。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-29 17:32 | うすずみの会
豊川市なのだそうです~。
お友達の右脳ちんが教えてくれました~。
そしてさっきCBCのHPで見てみたところ、
前にここでも紹介した「さんぽ道」のことじゃないかなと思うのですが
はちみつ専門店が紹介されるとか・・・必見。ほんとかわいいお店です。
それから
砥鹿神社の前を何度か通った方なら時には目にして気になっていた
あの民家のお庭のお馬さんも登場するらしいです。
時々目のやり場に困るような状態で下半身を道路側に向けて
普通っぽいお宅のお庭に立ってたりするんですよね~。
って、書いてて思いましたが、
馬の場合は上下じゃないのかな・・・後ろ半身?
とにかく凄いです、馬!
おしっことかしてるとハンパじゃないです。消火栓全開です。

あら、かわいい「さんぽ道」の紹介のつもりが・・・。

ほんとは今豊川で豊川市民の私が気になってるのは、
日本車輌から浜松のJRの基地に運ばれる700系の新幹線なんですけどね~。
日本通運のCMのたびに、見たい気持ちMAXです。
たまに帰りが遅い娘はうちの近くの大通りを何かわからないものが運ばれているのに
遭遇したことがあるらしいです。
私も子供のお迎えの時に、1度土管のおばけのようなものが運ばれてくのを見たことがあります。
今回坂東リサーチでは豊川の自衛隊も取材してるみたいですが、
そこまで行ったなら日本車輌も行こうよ~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-29 17:25 | おしらせ
b0101719_1323376.jpg
長年お世話になったななこちゃんと、今日でお別れしました。
前の前の車検くらいから、車屋さんは若い子に乗り換えちゃどうだと
お見合い写真を持ってくるやら、
ななこちゃんの留守中(車検とも言う)代わりに若くて綺麗な子をよこしたりしましたが、
私は来年夏の車検も受けんばかりの勢いだったのです。
ですが、
今月半ば、もともとななこちゃんもお世話してくれたご近所のその車屋さんが
「中古車情報」と印刷したチラシを携え我が家に・・・。
それがまあ、この子なわけですが
b0101719_1324891.jpg

これがまた年の割りにウブな子で、
生まれて4年たつのに走った距離がなんと6,200km。
ななこちゃんはだいたい1年で1万kmちょっとなので半年ちょい分くらいです。
ななこちゃんは前にも書いたことがありますが、
新車でうちに来たのに私が3年ちょっとで事故で廃車にしてしまったなると君のかわりに
急遽探してきてもらったなると君のそっくりさん。
環境の悪いところで暮らしていたのであちこち体を悪くしてて
(海の近くだったみたいで、エンジンルームの中のネジとかちょっと錆びてたり)
元カレ(カノ?)もやんちゃだったみたいで
ボディも軽く傷つけられてたし、窓の雨よけのとこにはなんと根性焼きのあとまで!!!
でも、
以来、今まで私の足として本当によく走ってくれました。
あのゾウみたいなお尻に惚れてたのかもしれません。
娘たちはワゴンRかわいくない(特に色がおっさんだからか?)って言いましたが、
私はこの新規格になる前のワゴンRはとても好きで
なると君も恋焦がれて買った経緯があるので、
ななこちゃんももっと乗っていたいなと思ったものでしたが、
最近、たま~にエンジンかける時にかかりにくかったりで、
やっぱり年には勝てないのかな、って思ってたとこなのでした。

なんでもふじちゃん(ナンバー好きな数字ってことで220にしたのでふじ丸です、4649!)
は、そこの車屋さんで新車で売られて、今度またそこで新しい車を買うために下取りに出されてきたもので、本来は中古車扱ってないからオークションに流しちゃうんだけど、
あまりに綺麗だし距離も少ないから、ってことで安くうちに紹介してくれたのでした。
それがまた、ちょうど保険が1つ満期になる前の日のおすすめだったので、
かなり即決しちゃったのでした~。
そして今日、めでたく納車だったのでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-27 02:00 | 普通の日々
b0101719_0553030.jpg
先日、新聞で発刊が紹介されていて、23日から先着50名くらいだったか
無料配布とのことだったので、1日遅れましたが、今朝出勤前に市役所文化課に寄っていただいてきました。
発行は豊橋市文化市民部文化課。編集は丸山薫研究会。
(すごくどうでもいいことですが、地元コミュニティーラジオのインフォメーションなんかで
豊橋市文化課って言ってるのを聞くと、なんとなく笑顔になってしまいます。
トヨハシシ ブンカカ ・・・シシ、カカの響きだけですが)


今日は遅くなってしまったので、どうして丸山薫なのか・・・・それは追い追い。
ちなみに基礎知識として、
丸山薫、豊橋ゆかりの詩人です。豊橋市ではその業績を記念して、優れた現代詩に丸山薫賞を贈っています。
身近なところでは、いろんな学校の校歌の作詞も手がけています。
私の母校もそうでした。
身近に思っていましたが、やっぱり全国的にというか文学史的に凄く偉大な詩人なのでした。
詩って、得意なカテゴリじゃないので(って、逆に何か得意なのかって話ですが)
あまり親しんでこなかったのですが、
ちょっともっとちゃんと読んでみなくちゃと思ってるところです。

それにしても、PCにたてかけて写真撮影って、もっと背景とか気にしようよ・・・
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-25 00:55 | 見たり聞いたり

たらの芽~♪♫♬

b0101719_1172977.jpg
JAのグリーンセンターでたらの芽を見つけたました。
グリーンセンターの商品は栽培した人の名前シールが貼ってあって、
何人かがたらの芽を並べてらっしゃるのですが、すごく差があるのです。
いかにも若葉色でけっこう葉っぱが大きくて、全体に大きな袋に入ってるもの、
それより少し小さくて、色が赤黒い感じのもの、
葉っぱ部分が少なくて丸っこいもの(うまく表現できてないけど、とにかくそんなの)
たらの芽ってこんなに種類があるのかな~、採るタイミングによるのかな、
それとも木が育ってる環境?
もう十何年も前になってしまったけど、何年間か、
毎年4月のちょうど今頃、鳳来町の棚山に夫の山仲間家族で集まって
そこで五平餅を作って焼いたり、採ったばかりのたらの芽を天ぷらにして食べたものです。
なのでその時のたらの芽の印象に一番近い、
どちらかというとまだそんなに葉の開いていなくて指くらいの長さのものにしました。
写真、ごちゃごちゃっと積み上げたやつで、あまりうまく撮れなかったから
小さいサイズにしてみましたが、余計なんだかごちゃごちゃして
イマイチ美味しくなさげですね~。
ほんとは食べる直前に揚げてアツアツでいただきたかったのですが、
私が夕飯の仕度を始める頃に晩酌を始める人がいるので
つまみに揚げたついでに早いうちに全部揚げてしまったので、
私が食べる頃にはすっかり冷たくなって味半減でした~。だいなし~。
でもま、春らしいかなってことで。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-21 01:17 | 飲んだり食べたり
仕事で郵便局に行くことのある長女によれば
以前は入っていってカウンターのこっちに立ってても
声をかけなきゃ知らん顔していた郵便局の職員さんが、
民営化された途端、店内に入った瞬間、立ち上がってお辞儀してきたって、
逆にびびってたのが、もう昨年の話で、
ちょっと前には定形外の郵便を2通、料金がわからなかったので
窓口で量ってもらって480円くらいだったか払っただけなのに
今日から3日間、感謝デーなので、と小さな袋にいろいろな飴が5個くらい入ったのを戴いた。
おおおっ、サービスされちゃった~。
なんて思ってたのだけど、
今日はなんだか、やっぱりねって気分だった。

そりゃ悪いのはきっと私ってことですが。

実は旦那受け取りで息子にかけていた養老保険が満期になったので
昨日行って平日受け取り人である旦那は来られないから
私が代理で手続きするためには何が必要か?と窓口で尋ね
委任状を受取人直筆で書くように渡された。
窓口の女性の職員さんが、鉛筆で記入する場所と印鑑を押す場所に
薄く〇をつけて「ここをすべて受取人ご本人に書いてもらってください」とのこと。
印鑑は実印だったら印鑑登録証明をつけて、
認印だったら本人だけが使えるパスポート等の身分を証明するものの原本が2ついる、
なんてことを言われて、なんか満期のたびにいろんなこと言われるな~なんて思った。
3年くらい前だったか、私自身の保険が満期になった時には、
戸籍の性別を変えられるようになる前の契約だからとかなんとかで、
免許証だけじゃ性別がわからないから、年金手帳を持ってこいって言われたんだっけ。
どんだけの人が該当すんの?ってその時思ったものだけど、昨日
「息子がずっと前から男の子だっていう証明はいいんですか?」って聞いたら
「以前そういうことを確認したこともありましたが、何万人とかに1人のことなので」
って、今更かい!

旦那は帰ってくればすぐ晩酌しちゃって、本人は自分は酔わないとか豪語してるけど
実はお酒回ってくると、性格のいや~な部分ばかりが誇張されてきて
とても書類書いてね、なんて言う気になれないので、
朝書いてもらうことに。
出勤前でめんどくさそうではあったけど、鉛筆で〇してあるとこ記入してねと言った
私の言葉どおりには記入してくれたし、
昨日頼んでおいた印鑑登録証明も貰ってきてくれていた。
よし、あとは提出だ。
と、いつもより少し早く家を出て、出勤前に郵便局へ。
昨日と同じ職員の女の子が、委任状に目を通していたのだけど、
「あの、印鑑登録証明か、本人のみが使用できる公的書類2通かにレ点がないんですが」
「あ、実印だから印鑑証明そこにありますけど」
委任状と一緒に提出してるのに・・。
「ちょっとお待ちください。レ点が自筆で打たれてないものを受理していいかどうか聞いてみますから」
って、どこかに電話をかけはじめて、凄い深刻そうな口調と表情(に聞こえたし見えた)で
本当にそういう内容の会話をしていた。
それだけでも「ええええ?」って思ったのだけど、電話を置いた彼女から
「やはり自筆のレ点がないので受け取れません」
って言われて、びっくりするやらあきれるやら、っていうのは私が間違いなのかな。
『この委任状が正当である証として添付する』ってことなんだから
実際に印鑑証明持ってるって事実は受け取り人の意志にはならないの?
それに、だわ、
あなたがこの鉛筆で〇をつけたところ全部を受取人の自筆でって〇つけたのよね。
そのレ点の欄のとこ、〇ついてないじゃない。
もしかしたらそっちで確認して付けるつもりかもって思うじゃない
(ほんとはそんな深くは考えてないけど、〇がついてなかったから意識しなかったのは本当)
でも、そんなことも口に出せず「わかりました、出直します」って出てきたけれど、
「出直します」って言い方に、静かにだけどめらめらと不満とか抗議を込めてみました。
だって、
旦那が使ってた万年筆が青っぽいインクで、それは持って出てるから
どうせ帰ってくるまでは書くことが出来なかったし、今日出直すつもりもなかったけど、
これ、黒のインクだったら、車に戻って自分の万年筆でレだけつけて
ちょっと時間おいて戻ったらそれで通っちゃうんでしょう?きっと。
まさか、来られないから委任状書いてる人がこんなにすぐに書けるわけない、
なんてことまで言い出すとは思えない、
ただレ点が自筆っぽいかどうかだけ問題にされてるわけで、
なんかやっぱり親方日の丸なんだ、お役所っぽ~
って思っちゃったわけなのだ。

もしも話はどうでもいいんだけど、
もしも、この満期のお金、何かあてにしていて、それが一日を争うものでも
レ点が~って言われて引き下がらなきゃいけないのかね~、ってちょっと思っちゃった。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-19 02:04 | ぼやき~
まあ、誰でもそうだろうとは思うけれど、
自分や家族が病気の時って、気持ちも弱ってるので、
病院のお医者様やスタッフの方たちの
発する方は何気ないかもしれない言葉でけっこう傷つきますよね。

小さな窓の向こうから薬の説明されてよく聞き取れなくて聞き返したら
聞こえよがし(?)に「耳、聞こえないのかしらね」
最初からそのくらいの声で言ってくれたらいいのに・・・。
自分たちは毎日使い慣れた言葉でも耳なじみがないと
こちらの耳にはすっと聞こえてこないのです。

子供が小さい時、口の周りが赤くなって連れて行った皮膚科の先生。
ステロイドのお薬を出すと言われたので、
以前、別のところでステロイドを出された時に使いすぎるとよくないと言われ
女の子の顔のことなので、どのタイミングで塗るのをやめたらいいか
というような質問をしていたら、突然怒ったように
「医者が出すんだから悪いもの出すわけがないでしょ。はい、斎藤さん」
ちなみに斎藤さんは次の患者さんだった。まだ私、腰もあげてないのに・・。

某大きな病院で有名だった眼科の先生が開業された眼科。
コンタクトを作るために行ったついでに
明るいところで白い壁とか見ると糸くずみたいなのがもやもやしてるんですって言ったら、
「年だからしょうがない」と一言だけ。(まだ40ちょいの時)
まあ、ぶっきらぼうはいつものことだから「まただ」って聞き流しました。が、
そのあと、中で待ってる間、いやでも他の患者さんの診察風景が目の前で
聞きたくなくても聞こえてしまった内容が、
その時50になるかならないかくらいの先生に対し、親ぐらいの年齢のおばあちゃん、
白内障の手術を片側すませ、もうすぐ残る片側を手術することになってるらしい。
「先生、おかげさまで見えるようにはなったんですが、
手術のあと3日間何も食べられなくなって寝込んでしまって、
次の手術はもう少し元気になるまで延ばしてもらうわけに行きませんか」
「目が見えるようになるんだから、3日くらい食べられなくてもいいじゃないですか。
価値観の問題だから見えなくていいならそれでいいです。
手術をやるかやらないか、どちらかです。延ばすってことはないです。
私の目じゃないから見えなくていいならやめますから。」
間隔をあけちゃまずいものならちゃんと説明して納得させてあげるべきだし、
そうじゃないなら「早くしろ」って言ってるわけじゃないんだから、
予約の最後に回してあげたらいいのに・・・。
自分の体力で考えちゃだめですよね。
多分おばあちゃん、先生がいつもこんな態度なのはわかってるので、
あんなに恐る恐る切り出して、よほど術後弱っちゃったんだと思います。
そのすぐあとくらい、
今度はやっぱり先生のお父さんくらいのおじいちゃん。
モニターに移った眼球の写真を見ながら検査結果の説明をされていて
「ここのとこ写ってますが△△じゃあありませんから。」
△△は病名だか症状だと思うのだけど、心配していたものみたいで、
一通り説明を受けたあと、それまで聞いていたおじいちゃんが口を開いて
「△△じゃあなかったんですね」って、ほっとしたように。
そしたらこの先生、キッと顔を見ながら
「さっきそう言ったでしょう、聞いてなかったの」
「すみません」
違うでしょ、先生。おじいちゃんは聞いてなかったんじゃなくて
ちゃんと聞いてた上で確認と安心した気持ちを伝えるような口調でしたよ。
有名で忙しい先生にとっては大勢の中の、そんなに重症でもない一人の患者にすぎなくても
一人一人には心配で大切な目なんだから・・・。
先生のご両親がどこか悪くて悲しい思いをしているときに
担当医からそういう言い方されたらって、・・・・・そうか、思ったことないんだろな・・・
ちやほやされて当たり前のシーンにしかいないだろうから、
って思っちゃうのは庶民のひがみですけど・・・。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-18 13:58 | 健康のこと
15日、会社の近くの循環器科のHクリニックに寄って
今年1月からもらい始めた血圧のお薬ブロプレスをもらう。
先月行った時、ちょうど風邪をひいていたので風邪のお薬ももらったのだけど、
そこからずっと咳だけしつこく残っていたので、そのお薬もねだる。
「ずっとですか?」と聞かれたので、
「以前、アレルギー性の気管支炎と言われたときも
2ヵ月近く咳が出てました」と答えると
「そっちの咳かもしれませんね」と、それ用の薬を処方してくれた。
「あの、アレルギーの話のついでですが、
耳鼻科で花粉症でアレグラを貰ってるんですけど、
それ、こちらで出してもらえたら助かるんですが・・・。」
「あ、出せますよ」
ってことで、いつもいってるちょっとヤナカンジの耳鼻科に行かなくてすんでしまった。
ラッキー。(その日のご機嫌にもよるかもですが、なんか厭味っぽいというか
聞かれて答えたことも揚げ足とられたことあって、憂鬱になるのだ・・)
にしても
会社のパート仲間の子に血圧でかかるのどこがいいかなって相談して
H先生はすごく優しいよって聞いて決めてきたのですが、
先生、そんなに私を信用しちゃって薬出しちゃっていいの~?と少し思いつつ、
まあ、きっとそんな危険そうな薬じゃないからだろなと
ありがたく道を挟んだ薬局で受け取って帰ったのでした。
実はここでは「私のカルテ」と書かれたノートを各自渡されていて
私の場合はちゃんと朝晩血圧を書いて持っていかなきゃいけないのですが、
お祭やら相次ぐお通夜やお葬式などでばたばたしてて
ここ10日くらい全然書かずに持ってって、
怒られちゃうかなと心配したのに、
H先生、にこやかに血圧測って「大丈夫ですね~」って。
たいてい先生に測ってもらうと、普段よりも低くて、
普通、白衣高血圧とかいって病院で測ると緊張して高めになったりするらしいですが、
マスクの上からでも先生がニコっと迎えてくださったのがわかるので
えっ?って思うくらいいつもより低い。
正直だ~、私の血圧~。
だって、家の方がストレス蔓延だも~ん。
そういえば
今週のスマスマのビストロSMAPに
96歳で現役お医者さんの日野原先生が出演されていて
あとからキムタクもその発言に感動してたけど、
医者は患者の話を自分の痛みのように聞かなければいけない、
(ちょっと言い回しは違ってるかもですが)
というようなことをおっしゃっていて、
病気は気持ちが3分の2だって。
本当にきっとその通り。
H先生も日野原先生のように、長く優しく診察続けて欲しいな~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-16 13:34 | 健康のこと

25周年~♪♫♬

毎度、日付が変わってしまいましたが、
15日は私が母親というものになって25周年。
つまり第1子である長男の25歳の誕生日でした~。
ということは・・・そうなのです、彼は東京ディズニーランド開園の日の朝
生まれたのでありました。

多分書架の戸棚のどっかに今もあるかなと思うのですが、
昭和58年4月15日の新聞には、今にして見れば小さすぎないかい?って感じに
「今日開園」みたいな記事が載ってました。
初日が2万5千人とかってデータは今日ラジオなんかで何度か言われてたので、
翌16日の新聞にはそんな記事がにぎわう人々の写真入りかなんかで紹介されたのかな?
きっとテレビのニュースなんかではやったんでしょうが、
私はそこから1週間は病院の中で母乳がうまく出るの出ないのが一番の関心事の生活、
世間のニュースと離れていたので、その時の様子を知りません。

さて、そんな息子と私ですが、
なんと!!!それから25年間、ただの1度もディズニーランドへ行ったことがないのです。
もうほとんど絶滅危惧種並みに稀有な存在かもしれません。
何故か。
この息子の父親が(旦那ともいう)、並ぶ・待つが大嫌い。
その後娘が二人生まれようと、家族でディズニーランド~♪♫♬なんて発想は
これっぽっちもなかったのでした。
そのくせ、何故か職場の旅行のコースに入ってたらしく、
旦那は2度ほど行くだけは行ってるのです。
娘達は中学の修学旅行に始まって、
友達と夜こちらを出て、翌日の開園から閉園ごろまで思い切り遊んで
早朝こちらに帰ってくるというようなバスツアーなんかで何度か行ってます。
息子は、まあ男グループで行くということはないにしても、
カップルで行こうなんていう彼女もたぶん25年間いないってことで、
淋しく母と息子はTDLバージンなのでした。

開園5周年とか10周年の頃は
ひょっとして同じ日に生まれた子はご招待~みたいな企画でもあるんじゃないかと、
少なからず期待も抱きましたが、
そんな夢も叶うことなく四半世紀があっけなく過ぎたのでありました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-04-16 01:17 | 普通の日々