何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

人生は流しそうめん

「人生は流しそうめんのようなもの。流れてきたそうめんをタイミングよくつかめるかつかめないかだ」

会社帰りの車でよく聞くTBS系のラジオ「中村雅俊のマイホームページ」の中で、
今週のゲストの女優・鈴木杏ちゃんとのトークの中でおっしゃってました。
俺はついてないよって言う人がいるけれど、誰の人生にも流しそうめんのように
チャンスという名のそうめんが流れてくる。
それをタイミングよくつかめるか、つかめないかで人生が違ってくるのだそうです。
たしかにね~。
まあ、
うるさいこと言っちゃえば、多分人によってそうめんの量が違ってたり、
持ってる箸の長さとかすべりやすさが違うとか、
自分の努力の及ばない条件の違いとかもあると思うし、
運なんかもやっぱりあると思います。
一番食べたかったピンクと緑の入ったそうめんがちょうど流れてきたときに
どうしても無視できない人から呼ばれて後ろむいてたとか、
いろんな事情もからんじゃうんだけど、
でも、
やっぱり自分の置かれた状況の中、与えられた箸で
いつそうめんが流れてきても、最大限つかまえられるように
箸使いの練習をおこたらないのは大切なことだと思いますね。
なかなかそれができないので、
もっと使いやすい箸がよかったのにとか、流し方が悪いとか
ついつい自分以外のもののせいにしちゃうんですけどね~。

中村雅俊さん、特にファンとかじゃないんですが、
この番組でいろんなゲストの方とお話をされてるのを聞いていると
すごくいい人だなあと思います。素敵な心の持ち主です。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-27 23:58 | 出会った言葉

歯医者さん

ずっと気になっていた左の下の奥歯を診てもらった。
もう半年以上は気になってたと思う・・・。
ずっと痛いわけではなく、むしろ普段は気にならないのだけど、
固い物を噛むとちょっと痛いのでいつも右でばかり噛んでしまう。
今年の1月、2月、子宮癌の検査を繰り返していた頃、
1週間後に検査結果を聞きにいくというと、2日前ごろから
決まって左肩から首がが凝って頭が痛くなるのと同時に
この左下の奥歯が痛くなっていた。
けれども2、3日で痛みがなくなるのし、
他の病院で忙しかったので、ついつい今まで受診しなかった。

レントゲンを撮ったら、奥から2番目の歯の真ん中あたりが黒っぽく写っていて、
これが虫歯でしょうということで、あの歯医者さんのギューーーーンという器械で
その歯をごっそり削られて、今は仮に白いものをつめられている。
本来、中が虫歯になっているので上から崩れれば、大きな虫歯だねってことになるのが
歯が崩れずに持ちこたえていたから
先に書いたような症状が時々出る程度で酷く痛むこともなかったのだろうとのこと。

歯医者さんの麻酔というと、昔は歯茎に針をグリっとさして、きゅい~っと
麻酔を注射されるのがとても痛かった覚えがあるのだけど、
最近(といってももうだいぶ前から)ちょっとちくっとするだけで
気がつくともう効いてる。
今日は歯医者さんのあと、友達とお茶したのだけど、
お昼もかねてがっつりモーニング食べるつもりが大失敗。
なんかもう自分の下唇がすごく膨れ上がってぶらさがってるんじゃないかみたいな感覚。
なのにグラスとか口にあてると、下あごの左半分は切り取られてて何もないような、
お水飲んだらそこから流れちゃうような感じ。
何か食べてもいまいちよく味わえなかった。

午後、会社につく頃には段々麻酔がきれてきて、
びりびりしびれるような感覚から、
段々下あごのあたりと奥歯そのものが痛みだして
思わずバッファリンに頼ってしまいました~。
今度は7月6日9時の予約なり。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-27 01:03 | 健康のこと
『明日死ぬかのように生きなさい。永久に生きるかのように学びなさい』

毎朝お弁当を作りながら聞いているTBS系の「生島ヒロシのおはよう一直線」の
最後で紹介された「今日のひとこと」
ラジオでは「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学べ」
とゲストの先生がおっしゃってました。
さっき検索してみたら、これはガンジーの言葉のようです。

くしくも今日のニュースや新聞で、80歳の男性が、自転車で日本一周を終え、
自宅まであと30キロほどのところまで帰ってきて、車にはねられ亡くなったことが
取り上げられていました。
交通事故は大変不幸なできごとですが、不謹慎な言い方かもしれませんが、
ちょっと羨ましい気がしました。
まさに明日死ぬかのように悔いを残さないため自転車を走らせ、
学ぶということを自己実現と解釈すれば、日本一周の達成を目前に、
次はどうしようというような、また新たな野望をふくらませていたかもしれない、
まさに永久に生きるかのように最後の瞬間まで希望に満ちた人生を送られたのだと
思うのです。

よく「志半ばで」とその死を悼みますが、
志半ばで死ぬことが私の理想です。
もちろん若さゆえの半ばはいけませんが、
いくつになっても何かに向かっている途中でいられたら、
そんな幸せな最期ってないじゃないですか。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-27 00:43 | 出会った言葉

うすずみの会

3年前に市の生涯学習のエッセイの書き方講座を受講した中から
有志で続けているエッセイの会です。
毎月1度、最後の日曜日の午前10時から正午まで
福祉施設ゆうあいの里のふれあいセンター2階の会議室に集まって
先生が持ってこられた題材について話し合ったりしています。
出発が出発だけに、平均年齢、高いです。

先生は還暦目前くらいの男性。
もう一人の男性は最年少、30代後半の独身のUさん。
なんとこの私が2番目に若くて、
あとは70代の女性が4人に80代になったばかりの女性が1人。
徐々に減って、現在は先生プラスこの7人です。

が、おばあちゃんとあなどることなかれ。
実は年齢の順に元気と言っていいくらいです。
よく若いエキスを吸い取るだとか、元気をもらうとかいう言い方しますが、
全然逆です。
私はいつも彼女たちから刺激と元気をもらってきます。

今日の刺激は娘さんが47歳というから、私の母くらいのOさん。
彼女は2年半前に大腸癌の手術を受けているのですが、
その時受け取った癌保険と、
生きてるうちに好きな海外旅行に行っておかなくちゃという思いで
回復以降、年に数回ペースで海外へ出かけてます。
会のたびにタイのプリッツだとかエジプトのお菓子とか、
インドの曼荼羅みたいな絵とか、ベトナムだったかなチョコレートとか
よくいただきます。
今日はトルコのアップルティーをいただいちゃいました。

その彼女が「先生、聞いてください」と開口一番訴えたのは
「私は年に5回海外旅行を目標にしてたんですが、
主人が寂しいから年に2回までにしろというので
今年はもう行けなくなっちゃったんですよ」
ちなみにご主人は煙草がお好きで、空港とか飛行機内とか禁煙のところに
行くのがいやなので、いつも一人でお留守番。
Oさんは嫁いだ娘さんと出かけるのだそうです。

そして今日のその彼女の一言。

「癌にならなかったら、今の私の人生はなかったと思う」

死ぬかもしれないという思いをしたことで、
行きたいところへは生きているうちに出かけようという気持ちになれたという。
ちなみにまだまだご主人と一緒に工場をやってらっしゃいます。
子供の頃、戦争でまともに教育も受けられなかったから、
数学もよくわからなかったけれど、
仕事でルート計算が必要なので娘婿に教えてもらっ
さらっと言うのですが、
社会に出てからルートを使った人を、私は他に知らないです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-24 23:45 | うすずみの会

ビリーズブートキャンプ

話題のビリーズブートキャンプのビリーさんが来日された。
何ヶ月か前からその存在は耳にしていたけれど、
ここ数日、TVやラジオで話題にされることが多くなっていた。
今年前半は検査だの手術だので、体を甘やかすだけ甘やかしてしまったので、
術後2ヶ月半すぎる今年後半からは、体をしぼって行くぞ~!
ということで、娘とTVを見ていて「ビリー、いいねえ」ってことで盛り上がったのですが、
う~ん、ちょっと高い。
アメリカ版のかなんかだと7,000円前後とかであるみたいだけど
ビリーがなんて言ってるのかわかんなかったら価値半減だしぃ・・・。

が、
冷静に考えてみました。
ビリーさん、米軍のトレーナーやってた方なんですよね。
若い人とか男の人でもこれ、けっこうしんどいらしいし・・・。
TVで一部流してた中では、後ろでやってる腹筋割れちゃってるような金髪のお姉さんでも
だんだん疲労してくると、すかさずビリーが横へ来て
「お~い、起きているのか~い?」
みたいに言われちゃってましたよ。

私にできるわけがないじゃん。

だって、部屋のかたすみに積まれた本ときたら
「中高年のストレッチ」やら「ダンベル体操」
「ヨガ教室」「はじめてのピラティス」「ルーシーダットン」はじめ
「7秒体操」とか「ながら運動」だとか「すわったままできる体操」だとか
「ゆるりダイエット1日1項目」だの「ゆるダイエット、CDにあわせてからだをゆらすだけ」
「聞くだけでやせるCDブック」だの「読むだけでやせる」だの
「朝だけ2分ダイエット」だの
もうだんだんタイトル見てるだけでも
なんとか楽して痩せたいという気持ちばればれです。
しかもどれも続かなかったり、やってなかったり、
下手すると読んでもなかったり・・・・。

まずしぼらなきゃいけないのは、この贅肉にまみれた意識だわ。
このあたりの簡単な運動からきちんと始めていかなくちゃ!
よし、
まずは「聞くだけでやせるCD・・・」って、
それじゃだめじゃん。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-22 00:01 | だめじゃん、私
今夜はアンクルトム寄席、6月の月例会でした。

(演目)
「蜘蛛駕籠」 橘亭郵便箱
「粗忽の使者」 髪屋三代
「へっつい盗人」 鶴橋減滅渡
「井戸の茶碗」 微笑亭さん太


郵便箱さんはその名のとおり本職は郵便局員さん。
品川庄司の品川と俳優の岡田義徳さんを足して割ったみたいな感じです。
蜘蛛駕籠、楽しかったです。酔っ払いが歌う童謡の替え歌みたいなのがおかしかったです。

三代さんはその名のとおり床屋の三代目です。
三代さんと言ったらマクラで語られる「三代旅日記」
これまたおなじみの冒頭、旅日記導入部の歌は「いちご白書をもう一度」
どこへいらしたかと思ったら越後湯沢、えちごといちご・・・な、なるほど・・というか・・。
本編もみなさん大爆笑でした。

減滅渡さんは上方落語。さすが元プロ。面白い!
ちなみに16日にはWICとよはしという団体の総会の余興に出られたあと瀬戸でも営業。
17日は羽根井小学校で落語。
18日、今日が月例で、明日19日は向山校区寄席。
20、21はちょっと知りませんが、22日が豊川の門前寄席。
私が把握している限りでも1週間に5日落語をされてます。
たぶん、やたらなプロより出番、多いんじゃないでしょうか。
実力もやたらなプロ顔負け!
マクラで放送禁止用語(エッチな意味じゃない方の)を連呼されていたので(確信犯ですが)
FM豊橋のラジオ寄席ではどのように放送されるのか、それも興味津々。
マクラごとカットされたりして・・・。

さん太さんはトリらしい古典のとてもいい話。
私も大好きなネタです。
月例と他の営業と違うことのひとつはマクラですね。
天狗連を知らない人も多い、ひょっとしたら落語自体あまり聴かれない方も
まじっておられる可能性の高いイベントなどの余興のときには
一般的な老若男女に受けるマクラを使ってらっしゃいますが、
月例では聴き手は常連や天狗連メンバーがほとんどなこともあって、
毎回新しいネタが聞かれます。
今日のマクラのメインはボケ老人に対抗してツッコミ老人が現れたら、
というような話。
ツボでした~(爆笑)!ほんと大好きです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-19 01:37 | 落語・お笑い
昨日朝、入院中の息子のところに寄ったら
TVでNHKみんなのうたが流れてました。
懐かしい、子供たちが小さい頃は一緒に見たり歌ったりしたものです。
「赤鬼と青鬼のタンゴ」だったっけ、尾藤イサオさんが歌ってるの。
あれをこの息子、「角、角、1本」がうまく言えなくて
♪ つのつの、いーほん、あかおにさん
とか歌って、あの頃は天使ちゃんのように可愛かったのに・・・。懐かしい~。

で、その時、イヤホンがさしてあったから音は聞こえなかったものの
画面下に書いてある歌詞に目がくぎづけ!
♪ ブポウソウ 帰ってこ~い  かえろうかな~
もう最後のほうだったので、これを繰り返して終わっちゃいましたが
最後に出た曲名を見て「おおおっ!!」
『鳳来寺山のブッポウソウ』
なんですと!これ、全国放送だよね。

そこへトイレから息子が戻ってきて、
息子「これ、ど面白いに。ブッポウソウ帰ってこいって言うと
  私は本当はコノハズクだから帰れないとか、
  三河の人が間違えた、とか歌っとるだに。やるらぁ、NHK」
私 「笑える~。いやいや、ほんとに?あんたの言うこと信用できんでなぁ、
  そんな歌詞ないら」
息子「うそじゃないって」

ということで今日、会社で話題にしたら、Yさんが早速ネットで調べて
今日の16時55分からのみんなのうたでそれが放送されることをつきとめてくれました。
ちょっとみんな仕事に没頭しちゃったので、
気がついてTVつけた時には歌が始まっちゃってましたが、
ちゃんと息子が説明したような歌詞でした。まじだ~。
しかも歌なのに、やたら説明くさい~。
夜だったから姿が見えなかったからとか、三河の人がまちがえたって
ほんとにはっきり歌っています。

そして「帰ってこ~い」と呼びかけられている「声のブッポウソウ」ことコノハズクも
鳥なのに三河弁です。
最初の呼びかけに「どうせ~や~」(ちなみに「どうしようかな~」の意味)
と首をかしげて答えています。
1箇所、ちょっとこれは三河弁じゃなくない?ってところもありましたが、
作られた富田勲さんは西三河岡崎の出身なので、三河弁もちょっと違うのかもしれません。
今日はさらっと聞いただけなので、
また放送時間調べてじっくり聞いてみよ~っと。

ps.ああ、ちなみにブッポウソウとコノハズクのことは三河では周知のことですが、
  もし他の地方の方がご覧になってたら検索してみてください。
  そうなんです、「三河の人がまちがえた」んです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-14 00:29 | 三河弁

息子、退院

昨日、持続点滴がとれたと思ったら「明日退院」といわれ、
本日午前、無事退院してきました。
そりゃそうだわ、あんなに元気で食べることばっかり言ってるんだもん。

昨日の夕方寄って帰るとき、廊下で担当のM看護師さんに会ったら
「すみません、急に退院になっちゃって」
んん?すみませんって?良くなってよかったですねとかじゃないの?
さてはお粥に文句ばっかり言ってるもんだから
迷惑な患者さんってことで追い出されるのかしら・・・。

ってことはないでしょうが、追い出されるは多分半分ほんとかも。
今、この地方でも医師不足が深刻な問題で、
隣接する新城市民病院では閉鎖される科も出て、
民営化の検討まで行われてるらしいです。
それで新城で抱えきれない患者さんが豊川市民病院へ流れ込んできてパンク状態、
今、またそこから蒲郡市民病院へ流れているというような話を聞きました。
足りない病床にあんな食欲旺盛で元気な若者、おいとけませんよね。

さてさて、その息子は担当M看護師さんから
「もう2度と戻ってきちゃだめだよ」
と言われたらしい。
刑務所から出所するんじゃないんだから・・・。
そりゃ戻っちゃ困りますが。

退院が決まって
息子「帰ったらカツ丼食べていい?」
M看「ダメって言ってもどうせ食べるんでしょう?」
息子「食べるよ~」
M看「(ため息)・・・また戻ってくるな・・・」
   そのときは彼をよろしく

その息子、退院の朝までお粥だったと、ぶうぶう言ってました。
「昨日の夜なんかおかず見たらチキンカツだに。こりゃもうあの人元気だから
普通のご飯にしてあげようって、してくれたって思うじゃん。
俺、大喜びでご飯のふた取ったら水浸しのごはんじゃんね、どう思う?
チキンカツ食べてよくて7分粥って、意地でも俺にご飯食べさせたくないとしか思えん。
今朝も味噌汁に納豆だもんで、これぞ朝ごはんだって思って大喜びで納豆かきまぜて
ふた取ったらまたお粥って、おかしくない?このメニュー」
   そりゃ普通じゃありえないけど、かりにも患者なんだからありがたく食え!だわ。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-13 23:58 | 健康のこと

はじめての入院、息子編

症状が改善されているので、不謹慎覚悟で・・・。

救急外来で最初の先生が、ベッドに横になった息子のお腹の痛みを把握しようと
あっちを押さえ、こっちを押さえしていてまじめに一言。
先生「死んじゃうくらい痛いのが10としたら、今いくつくらい?」
息子「・・・8」
何基準のどんなテータだよ~。
しかも息子、24歳です。ガタイがいいので見た目もっとおっさんです。
翌日少し落ち着いた頃、その話になって、
「お母さん、くすくす笑っとったら。俺が付き添いでも爆笑だもん」

絶食中の息子談。
点滴をかえに来た看護師さんが
「お腹すいてる?今いちばん何が食べたい?」って聞くから
「うどん」って答えたら
「渋っ」って言っただけで行っちゃうだに~。
「聞いても出ないけどね~」だって。じゃ聞くなよ~、だら?
私が
「なんでうどん?昨日はカツカレーだのラーメンだの言ってたじゃん」と言うと
「昨日は1日ひまだったから今食べたいものを考えて
あいうえお順に書き出したら『うどん』が一番最初だったもんで・・・」
・・・早く食べれるといいね~。

入院3日目の朝、先生の回診で。
血液検査の結果も良くなっていますから、お昼から食事を出しますという話で、
先生「最初は5分粥から始めますから」
息子「カツ丼から始めてください」
先生「それはだめです」
・・・先生に馬鹿なこと言ってるとまた絶食だよ~。

はじめて5分粥が出たあとの看護師さんと息子の会話。
「お昼、食べれたんだよね~、どうだった?」
「あ、まずかったです」
「そうじゃなくて、お腹はどう?」
「まだ全然すいてます」
「じゃなくて、お腹の痛みはどう?」
「・・・あ、大丈夫です」
・・・早くお腹いっぱい、普通のご飯が食べれるといいね~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-12 00:18 | 健康のこと

今度は息子が虫垂炎~!

8日金曜日の夕飯後、長男が腹痛を訴える。
普段から下痢がちで、それに伴う腹痛も頻繁なので
今回もそのうちおさまると思っていたが、
深夜になって、痛くて眠れないというので
市民病院の救急外来へ連れていった。

当直の先生の問診のあとレントゲンを撮りに。
歩くのも相当辛そうな感じ。
写真を見ての先生の診断は便秘とのことだった。
が、その後、もう一人の先生が加わり
お腹の痛む位置や、押して離した時に特に痛むかどうかなど診て下さり、
虫垂炎の可能性があるということで、
血液検査とCTを撮る。
そこからの判断は、さらに外科の先生を呼んで下さっていて
その先生から説明があった。

虫垂炎に間違いないだろうということで、
血液検査の結果では手術なしで薬で散らせる程度、
CTで見た感じはどちらでもよい、
痛みの様子からいくと手術したほうがよいかな、という状態。
本人は切りたくないというので、9日にもう一度血液検査をした結果で
方針を決めることに。

9日の昼近く、担当となった外科のS先生からお話。
最初の血液検査で白血球が15800、CRPが2だったのが
朝の結果は白血球15300、CRPが8、
白血球の値は誤差の範囲内だから変わりがないと判断、
CRPの数字は遅れて上がるので
結果としては昨夜から変わりないと思ってよいということで、
手術をした場合としなかった場合のメリット、デメリットの説明のあと
再度本人の気持ちを確認、手術はしないで薬で抑えることにした。

ちなみにメリット、デメリットについて。
手術をした場合は患部がなくなるわけなので完治する。
ただ、やはりお腹を切るのだから危険も伴う。
手術をしなかった場合は、切らなくよいかわりに、
4人に1人の割合で再発する。
再発した場合、最初の炎症で癒着が起きていたりすると
それから手術する場合など手術がやっかいになる可能性もある、というようなこと。

持続点滴に抗生剤が加えらる。
それまで絶飲食だったが、10日からは少量の水かお茶は許可された。
10日にはかなり痛みもおさまった様子で
カツカレーが食べたいの、ラーメンが食べたいの、うるさい。
何か要るものがある?と言えば「プリン」とか言っている。
ま、こんな元気なら、やっぱり切らなくてよかったのかな。

11日朝、パートに出かける前に寄っていたら
ちょうどS先生がいらした。
数値はおっしゃらなかったが、今朝の血液検査も良くなっているとのこと。
昼からお粥も出ることに。
仕事帰りに寄ると、昼は5分粥とはんぺんの煮たようなもので、
味も薄いし量も少ないと不満を言っていた。
ま、食べられるようならけっこう、けっこう。

リアルな話になるけれど、息子は医療保険とか入ってなくて、
私が積み立て目的でかけている郵便局の養老保険みたいなのが2つあるだけだから
入院も多分1日1000円とか1500円くらいだし、
手術しても支払いに見合うような保障はないと思うので、
そういう点でも薬で散らせてよかったかな。
息子、貯金ほとんどないから、入院費払ってやることになるのは間違いないので・・・。

これを機会に、若いと思っててもいつ何があるかわからないから
ちゃんと普段から蓄えるように、自覚してくれないかな~。
育て方、甘かったのかな~。
でも同じように育てても、妹はしっかりしてるしな~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-06-11 23:57 | 健康のこと