何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二次災害!?

入院生活のことを覚えてる限り書き留める作業をしようと思った矢先!
なんじゃ、こりゃ~!!
ということで、一難去ってまた一難、突如湧き上がった脱肛疑惑。

でも無関係じゃないと思う。
手術後、やっぱり排泄関係は悩みのたねで、
病院にいる間は常に残尿感と頻尿で気分悪かったし、
帰ってからそちらが少し良くなったと思ったら
排便の時、な~んか1度で出きらない感じで
ついつい力を入れすぎちゃって・・・。

そしてついに昨日朝、小豆~大豆(字で書くとSからLくらいの差っぽいけど
実際の小豆と大豆ってそんなに大きさ「小豆、ちっちぇ~」「大豆、でっけ~」ってほど
歴然とは違わないよね・・・余談、長すぎ)
くらいのくりっとした塊がお尻からこんにちはしてたのです。
もう、うちはけっこうですからおひきとりくださいって気分でしたが、
顔のぞかせたままなので、薬局へ行って軟膏買ってきてつけました。

が、
なんと夜になる頃には更に成長して金時豆くらいに!!!
(このブログはそんなに見てくれてる人いないからいいようなものだけど
もし今読んでくださってる奇特なあなたが
甘納豆やおかず豆を食べながらじゃないことを祈ります)

もう昨日は「痔」だの「脱肛」だの「肛門科」だの、検索しまくりです。
痔主の姑が言うには「いぼ痔なら薬で治るけど、脱肛だと手術せんと治らん」そうで、
今のところ出血も痛みもないのはありがたいのだけど、
それって特徴的には脱肛っぽすぎる。 どいやだ、絶対。

あさってが退院後初の外来予約になっているから、
その日ついでに同じ市民病院内の肛門科で診てもらおうかな~。

よく、この病気ならこの病院みたいな雑誌等で、愛知県内であげられる痔の病院は
名古屋と豊田と豊橋にあって、
名古屋のそこは私が高校生の頃に父親が手術したところ。
豊田は数年前、姑が何回か行ったことがある。
豊橋のその病院は職場から目と鼻の先なんだけど、
友達情報では「すぐ切るって言われる」ってことだったし、
手術は半年待ちで治療費もお高めっていうような情報もあって、
ただ裏返すとそこはそれだけ完治をめざしてるという話もあるから
やっぱりいい病院には病院なんだと思うけど。

今はもう手術は暫くごめんって気分だし、
これ以上休んで職場に迷惑かけるわけにもいかないし、
もし切る必要があるとしても日帰りとか1泊くらいでできるとこないかな、とか。
まさかこんなことで悩むことになろうとは・・・。
今日はまだ手術の余波ってことで書いてるけど、
新しく「痔」とかってカテゴリ、設定することになるのかな~。
トホホって辞書でひいたら痔例、じゃなく事例として載せたいような状況だよ、ったく、です。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-04-30 16:26 | 子宮ガン

長らくさぼってました

 お産以外では始めての入院、そして手術体験をして、家に帰って自宅療養期間中のうちに、入院中の様子や考えたことを書きとめておかなければと思いつつ、帰ってみたら何をしたかわからないうちに1日が終わってしまう毎日。おかげさまで生来丈夫に生まれついたらしく、順調に回復しています。傷がつってみたり、何かに当たることを恐れたりで、動作は緩慢なものの、たいていの家事は退院翌日からこなしています。ただ、やはりちょっと疲れやすく、本当に少し動いてはしばらくぼ~っとしての作業なので、たいしたことをしていないうちに日が暮れます。
 今ももう夜中といわれる時間なので、入院生活について書き始めるのは明日以降にしようと、また先延ばししてしまいますが、今の気持ちをひとこと。
 私は特に何を信仰するという人間でもありませんが、人の運をあやつる大きな力がこの世に存在するのなら、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。何の症状もなく受けた市の検診で早期の発見。子宮摘出でほぼ完治だろうという段階で、年齢的にも子供の状況からも、治療のための手術に何の迷いもためらいも、子宮そのもの以外に失うものも何もありませんでした。検診の結果を告げられて以来、いろいろなHPやブログで同じ病気の方の書かれたものを読んで、同じこの病気でも年齢や子供のあるなし、発見された時の進行状況によっては、本当に女としてたまらなく辛い思いをされていることを知り、自分が今年この時期に発見治療できたことが、宝くじに当たることなんかよりずっとずっと運の良いできごとだったのかという気持ちでいっぱいです。出血等の異常を覚えてからの発見であったり、逆に早すぎて検診にひっかからず、安心してまた数年も検診を受けずにいたら、そんなふうに思うとひやっとします。
 今回子宮を摘出したことで、一応のピリオドが打てたと思っています。が、1月半ばから今まで考えたこと、受け止めた周囲の人々の気持ち、初めての手術体験、9日間だけだけど入院生活、どれも私にとって忘れてはいけないことだし、今の自分に必要だから与えられたものだったのだとさえ思っています。言い換えれば、これから後半の生き方を問うための軽い試練であったのだと理解しています。大丈夫かな、自分。ちょっと頑張ろうね。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-04-29 01:19 | 子宮ガン

初めての病院食で~す。

b0101719_12392156.jpg

あ、嘘つきました。お産のとき食べてますね。前回日帰り入院のときも昼食出てたんですが手術の開始が2時間以上遅れたので食べられないうちに下げられてしまいました。もっとも、結局その日は気持ち悪いのと頭痛で何も食べられませんでしたが。
そんな感じで入院初日です。想像力の乏しい私は実際の痛みがないとへこみようもなくて、今から始まる据え膳生活にわくわく状態なので(不謹慎!)入院受け付けで隣で待ってた人からテンションの低い旦那と顔を見比べられながら「どちらが入院?」と聞かれちゃいました~。
入院初日最初の悩みと悲しみは、来週月曜から3日間のAかBかのメニュー選び。どちらもそそられる~。悲しいのは、唯一悩まず決めようとした月曜夜のカレーライスだったのに、予定じゃその日私は全粥なのでした。お粥にカレーかけてくれないかしら。あ~、カレーの香り(これがほんとのカレー臭・・・下らない!すみません)漂う中、私だけお粥たなんて~。しかも多分空腹感MAXの頃だと思う。うわ、辛い~。
なんてことを携帯オッケーのデールームで暫く我慢のコーヒー飲みながら打ってます。こんな悲壮感のかけらもない入院手術で癌ときっぱり手を切れるなんて本当にありがたいことです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-04-12 12:39 | 子宮ガン

最後の生理

2日前から最後の生理がきています。
円錐切除のあとの生理が傷からの出血と重なっていて
でもそれらしいなと思ったのが予定より1週間遅れくらいだったので、
そこから計算すると手術前にはもう生理は来ないんだ、
最後の生理はよくわからなくて終わっちゃったんだって思ってたけど、
排卵周期的には前のまま生きてたってことなのかな。

来たんだってわかった瞬間、
なんだか自分の子宮がとてもいとおしい感じがした。
私はもうとっくに切り取ってしまう覚悟でいたのに
そんなことも知らず・・・なのか知っててなおなのか
なんかけなげな感じだよ。
次女が来月で20歳。
ってことはもう私本体は子供作らないよって思ってるのに20年間
卵巣が卵作れば、子宮はちゃんといつでもオッケーみたいに寝床を用意して
あ、今回も必要なかったですか~って感じで
ほんとに毎回毎回黙々と働いてくれていたんだよね~。
ほんとは体中、みんな一緒に生きていたかったけど、
先に葬ってしまうことになってしまってほんとにごめんね。

摘出決めて、
年齢的にもどうせあと何年もしないうちに更年期迎えるんだから、
定年を待たずにこっちから現役引退だ~
みたいな気分でいたけれど、
ほんとは自分という組織全体を守るために
子宮のことリストラしちゃうってことなんだって気がついて
妊娠中、私なんてぼ~っとして食べちゃ吐いて食べちゃ吐いて(つわり長かった!)
してただけなのに、ちゃんと3人とも元気な赤ちゃんに育ってたのは
子宮が守っててくれたおかげだったのに。

もう必要ないんだから取っちゃったって平気だよって
私も言っちゃったし
周りからも言われたり、
すごい酷いこと考えてたんだって、ちょっと涙出ちゃった。

日付かわってしまったけど
4月9日は子宮の日なんだって。
子宮頚がんを考える市民の会ってとこが決めたんだって。
今日はずっと、
子宮にごめんねって思ってた。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-04-10 00:47 | 子宮ガン