何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

同意書だらけ~

26日(月)午後2時の予約だったので病院に行ってきました。
が、な・な・なんと、私が着いた時、一般予約の進行状況の電光掲示板には「11:00」
2時の時点でまだ午前中の患者さんが受診中でした。
まあ円錐切除の翌日の外来受診でも2時間待たされたしな~、
と思っていたら記録更新、結局私の順番がきたのは4時40分でした。
その間、ほんのちょっと休憩をとられただけで、お医者さん、大変な仕事ですねぇ。

さて、今回は先生が作成してくださった「手術 説明 同意書」と
あともし必要になった時のための「輸血療法同意書」
それから使用される予定の薬についての「特定生物由来製品使用の同意書」の確認。
ざ~っと、まあ読み上げるという感じで説明を受けて、
入院のときに署名捺印して持っていくことになってます。
手術の説明というよりも、主にリスクの説明。
なんかあった時に「聞いてないよ~」と言われないために
ほんのわずかでも可能性のあるリスクをずらずらずらずら
ほんとはやめさせようとしてびびらせてるの!?ってくらい書かれてました。
まぁ、先月円錐切除の時も似たような同意書にハンコ押しましたが
何事もなく、親知らずの切開抜歯より本人は楽にすんでるので、
さほど心配はしてないんですが。

ただ、手術中や術後にじっと寝ていることから可能性を指摘されている
エコノミークラス症候群のような症状、
「術後、血栓症、肺塞栓症を起こし生命が危険となることがあります」
は、ほんと気をつけなくちゃと思ってます。
2年くらい前ですが、次女の中学の同級生だった男の子がバイクでケガをして
事故そのものは車に接触して転倒、足を骨折しただけで、
もうそろそろ退院しようかくらいに回復していたらしいんですが、
足でできた血の塊が肺にとんで、急に亡くなってしまってるんですよ~。
予防のための弾性ストッキングってやつをちゃんと履いて、
時々足も動かさなくちゃ~。

手術自体の説明についてはこんな感じ。
①病名、症状「子宮頚癌0期円錐切除後、異形成が断端陽性
②手術、麻酔の名称「全身麻酔、硬膜外麻酔を行うこともある」「単純子宮全摘術」
子宮頚癌0期で円錐切除しました。0期癌の部分は断端陰性でしたが、異形成の部分が
断端陽性でした。このためご本人と相談の結果、上記手術を行うことにしました。
摘出した子宮に癌を認めることはあり得ます。回復所見によっては術式を変更したり、
中止したりすることがあります。
摘出物を病理検査に出した結果、追加治療を行うことがあります。
出血が多ければ輸血を行います。


あとはいろいろ「生命が危険になることがあります」のオンパレード。ううううう・・・。
まあ、大丈夫でしょ~が。
「追加治療」については放射線治療を行うことになる可能性もあります、という口頭での説明。
取った子宮の中に他にも移ってる可能性のある癌が見つかればってことですね。

もうこれで入院当日まで病院に行くことはないです。
あと2週間、その間に桜が咲いて散るんだな~。
3月手術にしなくて正解でした。
今年も佐奈川の桜と菜の花が楽しめます。
今、市民病院の駐車場はぐるりとユキヤナギで囲まれていて、
この時期、悪くないなと思ったりしましたが、
どうなんだろう、4月半ばまではもたないかな~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-03-31 02:18 | 子宮ガン

手術日決まりました~

これといって変化もなかったのでずっと書くのをさぼっちゃいましたが、
円錐切除その後から。
手術直後は逆に不安になるくらい出血が見られず
少しピンクっぽい水のようなものが下りるだけでしたが、
これは説明されてたとおり。
25日の夜から少しずつ出血がみとめられ
その後ず~っと、ときどきまとまって、だいたいは少量の出血が。
これも説明されてたとおりだったので特に不安なし。
レーザーで焼ききってるので、切った直後はかさぶたみたいになっているのが
1週間後くらいにはがれて出血が起きるのだとか。
周期的には8日くらいから生理の予定だったけど
2日目みたいな山がこないのでこれは違うのかな~と思っているうち
3月14日から生理らしくなった。
まとまった血の塊みたいなのも出るようになったし。
そして18日にはほぼ出血もおさまりました。

19日午後2時から予約になっていて
本当はまた3箇所くらいを検査する予定だったのですが、
この3週間のうちに、やっぱり子宮摘出を受ける決心をしてたので
診察のはじめにそのことを告げ、12日入院、13日手術に決定。
今日は手術の予定を決めただけで検査はやめちゃいました。
どのみち取った子宮を調べてもらうので二重になっちゃうわけで
無駄に内診台もあがりたくないし、
痛いことされるのはもっとやだし、
検査料も必要ないものに払うことないし、ってことで。
ういた検査料で帰りにケーキセット食べちゃいました~。
でもこれを最後にあと約3週間、
ちょっと食べるの控えなきゃ。

というのは、
円錐でくりぬいてるので、下からの手術はやりにくいしトラブルがおきやすいということで
子宮摘出は開腹で行われるということなので、
ちょっとお腹のぜい肉を減らさないと恥ずかしいいいいい。
「うわ、お腹の肉、つきすぎ!気持ち悪っ!!」
なんて執刀医さんに思われること請け合いです。
どうせ切るついでにちょっと脂身のとことか切り取ってくれないかな~。

なにはともあれ、具体的に日にちとか決まってきたら
なんかすっきりしちゃいました。
あとは
実家の母になんて切り出そうかな~。
普段一緒にいないから、顔が見えない分、いろいろ考えて余分に心配しそうだし。
ここまでの経過とか考えると、単純子宮摘出ですんで、
0期の段階で治療できちゃうってことは凄くラッキーって気分なんだけど、
今まで一言も言ってないから、いきなり癌って言葉はやっぱりショック受けるだろうな~。
あと、
子供にもその言葉使っていいものかどうか。
まあでもあまりよくないデキモノが、って言ったって、なんとなくわかっちゃうかな。
超早期発見ですごいラッキーなんだよ~ってことを
よくよく説明するしかないかな。    って、案外平気だったら・・・逆にどうしよ・・・
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-03-20 01:52 | 子宮ガン
日付がかわってしまいましたが
3月19日は毎月第3月曜日恒例の
豊橋落語天狗連の月例寄席「アンクルトム寄席」でした。

望々亭みるくちゃん「権助提灯」
微笑亭さん太さん 「芝居弔い」(創作)
(中入り)
髪屋三代さん    「馬のす」  
何逸亭やん泥さん 「子別れ」

でした。7時5分頃に着いたときには既にほぼ満席!
後ろのほうは立ち見も出てました。

みるくちゃん、聞くたびにうまくなってると思う。さすがだな~。
さん太さんは新しい創作のネタおろし。これまたさすが!めちゃめちゃ面白い!!
恒例の三代旅日記は屋久島のお話。
毎回自分も連れてってもらったかのように、旅のお話が楽しめます。
先月還暦を迎えられたトムマスことやん泥さんは「子別れ」
ほろっとさせられちゃいました。

3月だっていうのに、外に出たら夜の広小路は冬の風。
お彼岸だっていうのにまだまだ寒い、寒すぎる!
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-03-20 01:33 | 落語・お笑い