何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

曖昧だ。
いえ、私は大雑把でたいがいたいがいの性格で、
「多分」とか「だいたい」とか「なんとなく」とか
「だと思う」「かもしれん」「そんな感じ」「ってことにしておこう」
といった曖昧な言葉でできてる人間です。
「位」がついたくらいで「はっきりせん」とか目くじらたてたりはいたしません。
1時間が50分ですもうが、1時間10分かかろうが、
そこまで時間にシビアな人間じゃありません。
笑って理解を示しましょう。 でも

『1時間位でもどります』

ちょっと遠くのお客さんのところへ出かけた営業さんからの電話なら
「お疲れ様です、気をつけて」と優しく労をねぎらいましょう。
休日にふらっと出かける夫の口から出た言葉なら
どうぞもっとごゆっくりと内心思うだけです。
便秘が自慢(?)の姑が、こう言ってトイレへと消えたのなら
大変ですねと同情だけします。
でも
これがパート出勤前に寄ったクリーニング屋さんの入り口に
紙に書かれて貼ってあったらどうざましょ。

いったいつから1時間?
私にいつごろ出直せと?
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-30 02:10 | 普通の日々

グーグル・アース

 ずいぶん前にラジオか何かで面白いって聞いて、その時ダウンロードしてたんだけど使い方がよくわからなくて、ずっと見た事なかったのですが、なんかどうも最近になって日本語けっこうおっけーになったってことなのかな、よくわからないまま使ってみたら、面白いわ、これ。私がつつくと地球が向きかえてくれる感じが楽しいです。
 なんですが、最初感激して子供(といっても23歳)に、自分の家が確認できる航空写真を見せたら、「気持ち悪い」って言いました~。なんか実はそれもわかる気が・・。なんていうのかなぁ、自分がこの世のものじゃなくなっちゃってるみたいな気分。お母さんはお空のお星様になったのよ、みたいな。だって地球は丸いんだよって状態からちっちゃな日本を探して、だいたいその真ん中あたりを拡大してくと、あっという間に駐車場に車があるとかないとかわかるくらい地上に舞い降りちゃうんだから。
 で、自分んち見ながら、今度は遠くに住んでる友達の住所とか入れてみると、一旦かなり上空、日本の形がわかるっていうのはもう大気圏の外?ってくらい一気に上昇したと思うと、まっさかさまに友達の住む町並へと急降下。なんかねぇ、自分が霊とかだったら、こんなふうに瞬時に離れた場所に現れたりできちゃうんだろうな~、とか、なんか気持ち悪いこと考えてしまった。でもまあ航空写真だから「今」ではないんだけど。
 衛星からってこんな感じで、もっとはっきり、地球上のあらゆるところの「今」が監視できちゃってるんですよね。どれだけはっきり見えるのかって話で、ロシアの畑で農夫が立小便してるのが見えて、しかもその農夫が包茎だってことまでわかる(ま!)なんてのを何かで読むか聞くかしたのがもう随分前だから、今なんか下手したら衛星から携帯のメール盗み見されてるかもって感じですね。恐い、恐すぎる。
 とかなんとか言いながら、グーグル・アース見られるようになってから、毎日これという目的もなく遊んでます。いかん!やらにゃいかんことがある時に限って、こういうので思わん時間を使ってしまうのは、昔のテスト勉強と変わらんな~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-26 01:41 | これいい

こいつです。

b0101719_11265493.jpg
何もやらなくてもたいてい毎朝うちの窓の下でこんな感じでいます。
家族には内緒ですが、ちょうど魚とかハムなんかの残ったのがあると
最近またこっそりやっちゃってます。
なのに、目が合うと威嚇するんです、この子。
ちょっと前なんか吠えられちゃいました。犬の口と書いて吠えるなんだよ~。猫やろお前~。
といっても大きな声を出すとかじゃなく、いつも「シャーッ」って威嚇するのが
つまって爆発したみたいな感じ。「ハウッ!!」みたいな。
こいつ~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-14 11:26 | 猫、好きだ~

初体験、ネットカフェ

今頃やっとという感じですが、ネットカフェなるものを初体験。
今月になってちょっと仕事も暇なので、今日は午後から出勤ってことにして
かなり会社の近くまで来てますが、ここで油売ってます。
いえ、油は売ってませんが、脂たっぷりのフライドポテトや唐揚げのついた
Aモーニングとフリードリンクのコーヒーで口動かしながら手を動かしてます。
いかん!なんでわざわざ200円プラスしてめちゃカロリー高そうなAランチを・・!
ダイエットするんじゃなかったのか、私!?
今度こそ固いはずだった決心も、モーニングのお得感にあっさり崩れちゃいました。
しかも本当の目的は、15日までに提出期限をのばしてもらったエッセイの会の
この秋発行をめざしてる文集のための原稿を書く予定だったのに・・・。
なぜ普段数日に1度しか書かないブログをここで開いているのだ、自分!
一応、初めてネットカフェ入りましたって記録ってことで。
なんかテーブルに対して椅子が低いので、椅子の上に正座のおばあちゃんスタイル。
商工会議所の会議室でワープロ検定受けたとき、こんなだったわ。
調子狂っちゃうからテキストとかいろいろ椅子の下に置いて受けたけど、
あれはもう17年くらい前になるのねえ。改めて数えてみてびっくり。
私はまったく個人で受験したから、前日に自分のワープロ持込みだった。
親戚の不幸で家族が車を使ってたから、次女をおんぶして
電車で1駅隣の会場へ、自分のワープロ運んだんだった。
ラップトップでよかった。ただしラップトップだよ、あくまで。
今のノートの感覚とはぜんぜん違う、重たいし、でかいし。
ラップトップって、かなり死語だよね、多分。
打っててほんとにこんな言葉だったか確かめちゃった。
さあ、余分なこと考えてないでやることやらなきゃ。
初心者ばかりののんびりペースの会で、先生も優しいから
本当は半年に1冊発行目標だったのに、1年に1冊ペース。
まだ今度で3冊目で、うちわで読むくらいの文集だけど、
たとえ仲間うちでも人の目に触れると思うと
言葉に慎重になってしまって、ほんとに筆が進まない。
というかキーボードが静か。
いかん、がんばろう。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-13 11:18 | 普通の日々

ひさびさに純情きらり

ブログさぼってる間にお話もどんどん進んで、戦争も終わりましたね。
しかも今週は、戦死したと思われていた達彦さんが帰ってきました。
でも様子が変なんですよね。1人でいたがる、お店にも桜ちゃんにも興味を示さない。むしろ逃げている。

それでずっと忘れていて思い出したことがあるのですが、私の祖父も戦争で九死に一生を得て奇跡の生還をした人だったんですね。小さい頃に何度か話を聞かされたのに、詳しいことは覚えてなくて、祖父はもちろん祖母も父も亡くなってるので確かめようもないのですが、どこの海だったんだろう、乗っていた戦艦が沈められてしまって、暫くそのへんに浮いている物につかまって海を漂流していたらしいです。
うろ覚えですが、船がたしか横に倒れて、倒れた側に飛びこんだ人はみんな死んでしまったって言ったのかな、逆だったかもですが、とにかくそんなわけで、祖父も目の前で多くの戦友が亡くなるのを見て、自分も海へと沈む恐怖と戦って生還した人でした。近所の人の話では「伊助さんが(祖父です、ごんぎつねにでも出てきそうなべたべたな昔の人の名前でしょう)戦争から帰ってきた時は別人のようだった。それから人が変わってしまった」と。
戦争の時、祖父はもう結婚もしてて私の父や叔母といった子供もいる身でしたが、祖母などにもかっとなってひどいことをすることもあったらしく、息子である父との関係もあまり良好ではなかったみたいでした。今にして思えば、今の(というかドラマの中の)達彦さん状態のもう少し攻撃的な感じになってしまっていたのかなという気がします。
私も祖父については今で言う認知症になったからの記憶のほうが強いのですが、小さい頃の私や弟にはやさしかったような気がします。
今では自然災害でも被災者の心のケアが大事にされていますからね。ましていくら敵味方とはいえ、人間どうしの殺し合いの現場から戻ってきて、それを知らない昔の生活に戻るには、なかなか時間がかかってしまうでしょうが、桜ちゃんもまた戦争に運命を翻弄されていてかわいそうですね。
また笛ねえちゃんったら、絵に描いたように成り上がってしまってますね。浮かれまくり。
でも、桜ちゃんと冬吾さんのこと、なんとなくはわかっていたんですね、やっぱり。
みんな、つらいですね。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-08 02:07 | 三河弁
b0101719_152616.jpg
9月2日だったのかな、送られてきてびっくり。CBCラジオで今も募集している「愛ことば」で、採用というか、放送された人に送られると聞いていた「愛ことばせんべい」。あれ~、ってことは放送されたのかなぁ。聞き逃してしまいましたね。たいしたこと書いたわけじゃないので絶対ボツって思ってましたが。
ということで、そういえばと思いCBCラジオ「つボイノリオの聞けば聞くほど」HPにある「愛ことば」をクリックしてみたら、放送されたものが出てました。おおおおっ。8月2日かあ、全然知らんかったよ~。ちなみにペンネームは「耳たぶ」です。何故って耳たぶ好きだから。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-07 01:52 | 見たり聞いたり
b0101719_114262.jpg
今月、ぴあから発刊された春風亭小朝師の本。正確には全編インタビュー形式なので著書というと違うのですが、実はまだ今日買ったばかりなのでこれから読むところ。
なんですが、書店で手にとった段階で目次をチェックしていて「全国落語台本コンクールで見つけた逸材」という項目を見つけてしまったのですね~。そのコンクールといえば、われらが豊橋落語天狗連の微笑亭さん太さんが今からちょうど2年前、おっ、夜中まわって今日は9月7日、2年前の今日が確か東西落語研鑽会で授賞式が行われた日だったと思いますが、「身投げ橋」で最優秀賞を受賞されたんですね。
もちろん買うつもりで探していたのですが、待ちきれなくてその部分は立ち読みしちゃいました。130ページから132ページにかけて『横井さんとおっしゃる、1年目の大賞を取った方』を『非常に才能のある人で、これから貴重な戦力になると思います』と紹介されてました。実際に師匠がおやりになった作品だとか、若手の落語家さんが最近よくかけてる作品だとか、具体的に題名などもあげて、これからどんどんやってもらいたいというようなお言葉がありました。
とても図々しいですが、自分のことみたいに嬉しいですね。特に、私がFM豊橋のラジオ寄席(豊橋落語天狗連の月例や小市民寄席の録音をオンエアしている)で初めてきいて、録音したものを何十回と聞いて、凄いなぁ、この人天才だ~と思った「人面瘡」。これは台本コンクールの時、「身投げ橋」とどちらを大賞にしようか、最後まで残った作品だそうですが、小朝師ご自身が彼の作品で最初にかけられたのが「人面瘡」だと書かれていました。『「人面瘡」や「こうもり」なんていうのはね、何かちょっと古典のにおいがあって、新作ですよって言うと、みんなびっくりするんですよ』とあったのには感激でした。
ちなみに「こうもり」はBSの笑点で小朝師ご自身がかけられているのが放送されました。
凄い凄い凄い。さすがさん太さん。
なんかでもだんだん凄くなってしまって、手が届かなくなっちゃいそうですね。
(って、今は届くんかいって話ですが・・・。)
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-07 01:01 | 落語・お笑い

国府高校

b0101719_12421867.jpg
生徒注意!?
豊川市国府町にある愛知県立国府高校。それほど広くはない道路を挟んで武道場があるのですが、その出入り口近くのフェンスにこんな看板が。なんか山のほうの道路で見る「動物注意」みたいでちょっとうけました~。
ちなみにもしどなたかこれを読んでくださる方がいるとして、地元でない方のために、これは「こうこうこう」と読みます、よろしく。何を隠そう尻隠そう(古っ!しかも親父くさっ!!)、私の母校でございます。 はるか昔、私が1年に在学の年、県立のそこそこの進学校としては珍しく甲子園に出場したものでした~。その時はどっちだったか覚えてませんが(でも県大会から甲子園までしっかり応援には行きましたね~、なつかし~)、国府高校野球部には是非後攻で願いたいものです。うぐいす嬢に言われたい「後攻、国府高校」こうこうこうこうこうなのだ。
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-06 12:42 | これいい

どんな田舎や~

お盆にゆっくり行けなかったので、長女と一緒に実家へ遊びに行ってきました。
なぜだ、どんどん田舎になっていく~。
今日は庭先で普通に猿の群れを見てしまいました。見慣れている母や小2の姪っこは平然としてましたが、私と娘はきゃあきゃあ言って見ちゃいました。
だって昔はいなかったんですよ、猿なんて。
私が小さい頃にはイノシシの罠の檻があって、棒にぶらさげたイノシシを近所のおじさんたちが運ぶ横を歩いている自分の写真なんかもありましたが、その後イノシシも出なくなってたのに。
21年前、長女が産まれた頃、猿が出るようになった記憶があります。その2年ほど前に長男の出産で帰ってた頃には猿の噂もなかったのに。
今では猿は出るわ、イノシシは出るわ、弟の家の横の畑にいはバンビちゃんが来たり、立派な角をたくわえた親鹿もいたことがあるらしいです。
被害はけっこう深刻のようで、近所では刈り入れ間近の稲を全部やられてしまって、もう来年からは作るのをよそうかと話している家も。
うちでも栗の木が3本あって、昔はよく買い物袋に2つも3つも貰ったものですが、今ではみな猿にやられてしまうとか。
ちなみにもう一つ実家から貰うのを楽しみにしていたタケノコはイノシシにほじくられちゃうそうです。
とても国道1号線から数百メートル入っただけのとことは思えない環境。
写真は弟の家と私のワゴンRちゃん。もうここから先は林道へと続く道。
民家は弟の家が最後です。写真の中央あたりの林の入り口では夏は蛍が見られます。
b0101719_1543839.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
[PR]
by tekuteku0220 | 2006-09-03 01:54 | 普通の日々