何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:見たり聞いたり( 23 )

11日朝刊の東三河版に会場の写真入りで紹介されてました。
実は先週末に帰ってきた娘が陶芸やってみたいけど
どこか習うとこないかな、みたいな話をしてたとこだったので、
あわよくば豊橋方面の教室の情報も聞けるかなというのと、
皆さん、どんな作品作られてるのかな、ってことで
仕事帰りに行ってきました。
が、これが想像していた以上(失礼!)に素晴しい作品だらけ。
一般の人の趣味くらいのつもりで参考にしようなんて間違いでした。
もう作陶暦10年20年なんて方たちばかりで、
作品も美術展等に並んでいるような感じのものも多数。
陶芸の世界は全く知らないので、ほめる言葉もわかりませんが。
実用的な食器もありつつ、立派な床の間に飾っておきたいような
壺や花器などなどなど。
たっぷり目の保養させてもらった上に、
じゃ~ん!

b0101719_137410.jpg


今回は第20回記念ということで、
帰りに受付のところで三角くじをひかせてくれて、
番号が書いてあると、会場の一角に並べられていた中から
その番号の小作品をいただけちゃうということで、
見事180番をひきました。
実物、もっともっといい感じです。
今日の会場当番をされてて、いろいろとお話をしてくださった男性によると、Kさんという女性の方の作品のようです。
これは絶対お茶、おいしそう!
ちょっと高いお茶とお上品な和菓子がほしくなっちゃいました。
 
豊川作陶展は桜ヶ丘ミュージアムで
今日から15日(日)まで。
10時から5時まで、最終日は4時までだそうです。

お隣の部屋では別のグループが、つるし細工っていうのかな?
ちりめん細工を、昔よく赤ちゃんのベッドの上とか天井から
つるしてオルゴール鳴らしながら回ってたメリーみたいに
何本かつるした紐に飾るもの、
それの作品展もやってて
とっても可愛くて華やかで
今日は実は朝からいろいろタイミング悪かったり効率悪かったり
ちょっといらいらな一日でしたが、
すっかりそんなことふっとんじゃいました~♪
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-11-12 01:39 | 見たり聞いたり

伊藤和也さん追悼写真展

初日、24日の午後、仕事帰りに行ってきました。
昨年末、志都呂のイオンでは事件についての地元新聞記事がいくつもパネル展示されていたりしましたが、
今回は数点の幼少時や学生時代の留学先、家族そろっての写真のほかは
ほとんど農業支援の様子と子供たちの写真が中心でした。
志都呂で胸を打たれた、現地での葬儀に「イトーサン」を慕って集まった人々の写真も、
今回は展示がなく、もしかしたら意識的に事件に結びつくものを避け、
純粋に、事件が起きるまで一般にあまり知られることのなかった、
事件がなければ今もかの地で続いていたであろう伊藤さんの生活だけを飾ることで
平和について問いかけ、訴えていたのかもしれません。

つづきを読む
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-03-26 01:44 | 見たり聞いたり

山本コウタロー講演会

豊橋人権啓発活動地域ネットワーク協議会主催の
平成20年度 人権男女共同参画講演会
「男(ひと)と女(ひと)のよりよい関係」と題した講演とライブ 
ってのに21日、行ってきました。
つれあいが職場から行くようにってことで整理券を2枚持っていたので。
山本コウタローさん、
私は見てないのですが、「渡る世間は鬼ばかり」に出演されてるのだそうですね。
はじめ、そのドラマの登場人物を引き合いに出して、女性の生き方、家族のあり方などを語られ
後半は伴侶である映画評論家・吉田真由美さんとの生活を紹介されてました。
私が中学から高校の頃、
コウタローさんはTBSラジオのパックインミュージックという深夜放送を担当されてて、
同じ頃やってた文化放送のセイヤングとともに、必死で電波ひろって聞いてたころなんかを
懐かしく思い出しながら舞台のコウタローさんのお話を聞いていたのですが、
あの頃には吉田真由美さんのお名前を聞いた覚えがあります。
なので、もう30年以上前のことだと思うのですが、
昨日の話の中で、そのころから吉田さんは「女だてら」とか「男まさり」といった言葉に
疑問と抵抗を感じていたそうで、
(まあ、その頃でもそれ以前でも、私たちでも疑問や抵抗は感じていなくはなかったと思いますが、
それを言葉にして自分の伴侶に「おかしくない?」となげかけ
二人の生活の中から性差による役割分担、
というか男性のために女性がやってあたりまえという意識を排除するということは
なかなかできない人のが大多数なんですよね~)
コウタローさんも鍛えられ、家事全般、身の回りのことは自分でできるそうです。
あと、大切なこととして「ありがとう」ということをちゃんと言葉にして伝えること。
すごく当然で簡単なことだけど、
できてない人、多いんですよね、きっと。
社会においては礼儀としてできても、
家庭では言うべきことに気づいてもいない人も多いんじゃないかな。
自分も心がけてるつもりで言えてないことあるかもですが。
職場からこの講演会に行くように言われて、そう気もすすまないという感じで
横の席に座っていた夫はどんなふうにこの講演を受け止めたんだろう。
会話ないし、そのときも私はついでに買い物とか他の用事もすませたり、
ちょっと図書館にも寄りたかったので、別々の車で出かけてたから
講演の内容について話すこともないままですが・・・。
気に入らないことがあると文字にもしたくないような暴言を吐き、
やっとこちらが一言なにか言えば
「お前は俺と対等に口をきくつもりか」と言った人。
舅の介護をしていた頃も、自分は何ひとつ手も貸さず、ねぎらいの言葉も一度もなく
「感謝されたくてやってるならお前の根性がまがっとる」と言い放った人。
どんなふうにあの話を聞いたのかな。
でもきっと
昨日の話を聞いても
自分の問題だとは全然思っていないだろうなと思うけど。
とっくにあきらめているからもうそれでいいのだけど
「ありがとう」を言葉にして伝えることは大事なこと、
コウタローさんが代弁して一応耳に入れてくれただけでも、
ちょっとすっきりした気分でした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-03-23 02:08 | 見たり聞いたり
b0101719_101918.jpg

桜ヶ丘ミュージアムは豊川地域文化広場の中にあります。
逆光になっちゃいましたが、後ろに見える建物がミュージアムです。
6月13日から22日まで、第13回桜ヶ丘ミュージアム美術展が開かれているということで
18日の仕事帰りに行ってきました。

b0101719_103224.jpg

駐車場から建物の横を通って玄関へ向かう途中にこんなオブジェが飾られていたり・・・。

b0101719_10404.jpg

現在私立大学でデザインを教えている弟はずっと版画をやっていて、この何年かこちらにも出品しています。私の中の版画は棟方志功とかナンシー関の消しゴムとか(どんな並べ方や~)のような彫刻刀で彫りました、インクつけました、紙あてました、写りました、って感じなんですが、弟のはちょっとよくわかんない技法で、しかも何が描いてあるのかいまいち理解できない感じの作品なのでした。ごめんよ、弟。「なんとなくいいなと思ってくれればいい」という言葉に今回も甘んじようぞ。

ちょうど弟の作品の少し前から私のすぐ横で60代と思われるご夫婦が、絵を見ながらいろいろ話しているのが聞こえて、それは専門的な絵の話とかでなく、これは何が書いてあるとか、これは綺麗だとか凄いねとかいう、私とそう違わないレベルかなと思いつつ耳をそばだてちゃいました。隣の作品までは「これは顔がいっぱい描いてあるね~」と、まんまなこと話していたご夫婦、次は何て言うかなぁ、なんて思ってたのですが、
弟の作品の前、無言で通りすぎました・・・。あああ。
いえ、無理はないんです。
先月、豊橋美術展を見に行ったときも、母と伯母と一緒だったのですが、
この近しい身内が3人そろっても「何が描いてあるのかわからんけど、なんとなくいいよね」が精一杯の感想だったし・・・。
同じ母から生まれたのに、なんで私は絵とか全然ダメなんだろ~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-06-20 01:22 | 見たり聞いたり

ちりとてちんDVD

昨日PCに向かってる時には、
なんか書こうって思ってたことがあったのにな~、なんだっけ~
と思ってる間にもう寝なきゃな時間になってしまって、
お布団に入ったら思い出したのがこれ。
昨日の(日付かわっちゃってるから一昨日の、が正確ですが)
お昼ころかな、Yahoo!ニュースで知ったのですが、
NHK朝の連ドラで歴代最下位の視聴率だった「ちりとてちん」のDVDが
17,000セット出荷して2位「おしん」の9,000セットを抜いて1位とのこと。
普段、朝はばたばたしてて連ドラ見ない私が
岡崎を舞台にした「純情きらり」以来の録画して見てたドラマです。
が、いつもこの時間自分の部屋でNHK朝の連ドラを見てる姑は
「こんどのは面白くない」などと見ていなかったようです。
そして「視聴率最下位」のニュース、ええええええええっ!?って感じでしたが、
そうか、DVDで巻き返したか~。よかったね~、出演者、関係者のみなさん、
そして超はまっていた私達~。

ちょっと古くは「木更津キャッツアイ」なんかも
放送されてる間はそれほどぱっとした数字を出していなかったのに、
放送終了後も根強い人気があり、レンタルビデオなんかはいつも貸し出し中でした。
当時長女のクラスでもファンが多くて、
ビデオ何回も見直して台詞も言えちゃうみたいな子がいっぱいいたみたいです。
その年の暮れのテレビガイドだったかザ・テレビジョンだったかで
その年放送されたドラマの読者アンケートによるランキングがあって、
けっこう上位にランクインしてました。
そのアンケートは自分が選んだ1位から3位を書いて出すと
その順位に応じたポイントの合計で総合順位を出すってものだったんですが、
解説によれば、他のドラマと違って、「木更津~」を選んだ人は必ず1位に書いてる
もしくは「木更津~」しか書いてこない熱烈なファンが多かったとのことでした。

「ちりとてちん」についてもNHKエンタープライズでは
「視聴率に現れない熱いファンがいる」とコメントしています。
ドラマとポピュラーな古典落語とをからめて展開させて
落語ファンにはたまらなく楽しいドラマでした。
と、これだけ書いてても、実は私は
ちょっとふところに余裕がないのでDVD売り上げにも現れない熱いファンなのでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-06-13 01:39 | 見たり聞いたり

B型だ~

今日、会社で
以前B型の本を貸したあと、次にA型を貸してあげてたB型の彼女。
30代半ばくらい、独身。
「ねえねえ、この本だけど~、
ちょっと読んだんだけど、自分のことじゃないし~
たぶんこのままここに置いてても読まないと思うから返すね~」

うおおおおっ、B型だ~~~

ど笑える~~~

うちのB型次女と全く同じ行動パターンだ~~~(参照5月12日)

ちなみにあの本は職場でいろんな人の手に渡ったんだけど、
A型の人はみんな(私もそうだったけど)A型の本もB型の本もきっちり読んで
A型こうだよね~、ああ、B型わかるわかる~なんて感じだったんですが、
B型、自分しか興味ないし~
ちなみに次女、専門時代のB型の友達(もちろんB型の本はお持ち)と
久々に会う約束をして本を持ち寄ってチェック事項を確認しあったらしい。

なんかすっごい憧れるよ、B型~。かわいいと思うよ、いやほんと。
(たぶんB型はA型にこんなん言われても「あ、そう」って感じだろうな~)
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-06-06 01:17 | 見たり聞いたり
b0101719_182647.jpg

友達に誘われて、豊橋市は花中町にあるギャラリー結(ゆふ)で開催されている
「岡崎立遺作展 とりごえあつまりて」
を見てきました。
1950年豊橋生まれの画家さんで、東京青梅市に住まわれ主に鳥の精密画を描かれたり、木版画や銅版画の作品を描かれたりしましたが、
2004年に既に亡くなっています。
b0101719_054407.jpg

こんな感じの、とてもとても繊細で美しい鳥たちの絵です。
いつ飛び出してもおかしくない本物以上に本物の鳥です。
b0101719_054522.jpg

このギャラリーは、旧大林製糸の分家筋の70年前の建物を曳き屋して再生したものとのこと。
「大林記念館ギャラリー結」となっています。
10年近く前ごろ、その昔、豊橋市が製糸の町であったことを象徴し、唯一残っていた4階建ての土蔵(繭蔵&糸蔵)が、市民の保存活動も空しく取り壊されたという出来事があったのを、当時地元のラジオなどでも話題にされていたことを思い出しました。
ネットで検索すると取り壊される前の建物の写真を見られますが、
実物を見ておけばよかったなあとつくづく思いました。
b0101719_055789.jpg

曳き屋したあとは新しく管理事務所が建てられているのですが、
そちらに面した側はガラスのギャラリーになっています。
b0101719_058055.jpg

倉庫のとき、実際に屋根にのっかってた瓦だと思われますが、
今はオブジェとして置かれてました。
b0101719_0551622.jpg

ガラスの中にかざられていたカラスの版画。
写真よりも美しいような精密画もあれば、
こんな、質の良い絵本の挿絵のような版画もいくつか飾られていました。

作品というのはこうして作者の何倍も何十倍も長く世に残っていくと思うと、
芸術の壮大さみたいなものに、息をつめたひとときでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-30 00:35 | 見たり聞いたり

さすが B型

今日は待ちに待った次女の誕生日。
はっぴーばーすで~067.gif
まあ、めでたいには違いないですが、なんで待ちに待ったかというと、
↓先日書いた「B型自分の説明書」
次女へのプレゼントセット(バッグと本と最近次女がハマってる可愛い柄のてぬぐい)
を渡して、次女が読み終わりさえすれば、
いよいよ気になるB型が明らかに。
前にも書いたとおり、とにかく行間だらけなのですぐ読めちゃいます。
今日はお仕事お休みの次女、今日はお気に入りのカフェでも行って
ゆっくりこれでも読も~とかなんとか言いながら
ついついページをめくったもんだから、
結局その場で一気に読んじゃいました。
が、さすがに「じゃあ貸して」ってわけにもいかず今日は我慢我慢。

今日晩御飯を一緒に食べる約束をしている1歳年下のカレシが
イマイチ自分のことを理解していないから、この本見せてわからせようと思ったけど
そういえばカレシもB型だったんだわ、
とかなんとか言ってました。
もう読んじゃったならA型も見せてあげよう、とA型を渡すと、
「お~、見せて、見せて」
と、食い付いときながら、
本を開くころには
「あ、でも読んどるとイライラするかもしれん」
って、A型の母を目の前にB型発言。
そして数ページ読んだあたりで閉じてそのへんに置くじゃあ~りませんか。
え、マジでイライラしたの!?
「う~ん、っていうかそんなに興味ないし」
自分だけ大好きかい。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-12 13:06 | 見たり聞いたり
b0101719_1172316.jpg

最近では硫化水素自殺の流行(!)などでまたまた闇の部分が問題視されたり、
何かと犯罪がらみでネットのあり方に警鐘って感じですが、
私、個人的にはネットを通じていろんな方と知り合えたり、
もともと知ってる人たちとより交流できたりと恩恵ばかりです。
そしてまた
今回、そのご縁で、北海道で有名なプリンを食することができたのでした~。
ダビングしたテープとDVDのお礼にと送っていただいちゃったのですが、
自分の好きなものを、むしろこちらが望んで見て見て聞いてみてって感じで楽しませてもらったようなものなので、申し訳ないくらいです。
が、
しっかりちゃっかりいただきました。
「ひよこのお昼寝」と「白い誘惑」
なんか「みんなのうた」で歌われてそうな曲名と
ゴールデンタイムに大病院とかのどろどろな人間関係を描いたTVドラマのタイトルみたい。
うそっ003.gif

これがまあ、そりゃ人気出るでしょうっていうめちゃめちゃな美味しさ010.gif
予想に反してひよこのほうがとろとろでしたね~。
白いの方はきっと牛乳プリンみたいな感じだろ~と想像していたら
これがひよこよりしっかりした感触で、レアチーズケーキに近い感じ。
どちらもうっとりといただいて
フタのしっかりした容器はすべて綺麗にあらって「何か」に使うためにとってあるのでした。

旭川の紅丸さま、とてもとても美味しゅうございました。ありがとうございました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-09 01:18 | 見たり聞いたり
b0101719_1191314.jpg

5月4日、実家の母と、実家近くに住んでる伯母(母の姉)と
行きは豊橋駅で待ち合わせて、私の車で豊橋美術博物館でこの日まで開催されていた
豊橋美術展に言ってきました~。
毎年、だいたい今頃やっているのかな、前半が書道とか写真、
後半が絵画とかデザインってことで、弟の作品を見に行ってきました。
弟はずっと版画です。
私なんかは版画っていうと板をがしがし削ったり、消しゴムで似顔絵彫ったりってイメージしかないのですが、弟のはなんとかっていう素人にはよくわかんない技法で、知らなきゃこれが版画の仲間なんて思えません(っていうか、大きな声じゃ言えませんが、何が表現されてるのかも、抽象的すぎてしまってわかんないのですぅ。が、弟はそんな美術的センスの欠落した姉には「なんとなく良いなぁと思ってもらえればそれでいいよ」と言ってくれてるので、同じく漫画なら頭の上に?マーク5個くらい描かれてそうな母と伯母と3人で、「うん、なんとなく良いよね」と言い合って見てきました)
b0101719_1193557.jpg

美術博物館は豊橋公園の中にあるのですが、
この日、公園では花交流フェスタが行われていました。



b0101719_1195978.jpg

個人やいろんな団体がこんな感じでお花の空間を提供してました。
フリーマーケットや苗を売るとこもあったり、
あ、そうだ、100円でできたてのきのこ汁もいただいちゃいました。
お団子、焼き鳥、五平餅、などなどなども売られてて、
お花見気分の再来ですね。

b0101719_120114.jpg

そんな中、見つけたのがこの子。
一昨年になるのかな、豊橋市制100周年の時のキャラクターのトヨッキー。
お人形その他ではよく見かけましたが、着ぐるみははじめてであったのでちょっと興奮。
でも最初ステージにいたのが下に下りてくるとき衝撃が!
なんか赤鬼のロボットっぽいキャラクターなのに、着ぐるみ、特にでっかい頭部はバルーン状態で、歩くのもふわんふわん、階段降りるときにはスタッフ~♪に頭支えられていました。
会場の中を歩き回って、ちびっこたちと写真に納まったりしてましたが、
たいていのちびっこは後ろに回って後頭部にパンチ入れてましたね。
がんばれ、トヨッキー。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-05-05 01:20 | 見たり聞いたり