何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:普通の日々( 107 )

いやいやいや

ほんとすみません。
さっきまでかき氷のスキンを雪だるまに変えたところです。
ま、ま、素材は同じですが、夏と冬ではえらい違いです。
ちょいちょい、ありがたくも時々チェックしていただいてる方から
最近更新されてないけど元気ですか?なんてメールをいただいたり
直接お会いできる方からもどうしたの?と聞かれたり、
まことにありがたいことでした。
そのたび、よし、ちゃんと復活せねば!と思いつつも
なんて言って戻ればよいやら、学校長いこと休んじゃった子の心境ですね。
実はmixiのほうの日記はちょこちょこ書いてたので、
それをばんばんば~んとコピペして、
ずっとやってたよぉって何食わぬ顔作戦とか考えたんですが(日付でばれるし)
結局動かずじまいでした。
ところがもう、いくらなんでもこれはあかん、なんとかせんと
と思ったのが、
先週の月曜日の夜、恒例、毎月第3月曜日の豊橋落語天狗連の月例寄席のあと、
鶴橋減滅渡さんが、けっこうマジで
「うちのパソコンが調子悪いから表示されんのかと思て・・・
いつ開いてもずっと鶴橋減滅渡のままやろ~」
みたいなことおっしゃってくださって、
いや、ほんとすんまそんです。
放置プレイもいいとこでした。
さっきログインしようとしたら、あやうくID間違うとこでした。
どんだけほっとくねんって話ですね。
で、最後の日記、小市民寄席の減滅渡さんのこと書いた日記にはなんとコメント(11)
コメントが11個も~!!
と思ったら、全部ど馬鹿でくだらないエッチなやつでした。
ったく、何が面白くてこういうことするかなぁ、
とばしばしコメントを削除しながら、
一応参考までに全部目を通したエッチな私なのでした。
しかしまぁ、こういうコメントって何かの誘い水なの?
ってか、だまされる奴がいるのか?
ただやらしいこと書いて読まれるのがうれしいのかな?
そんなわけで、
なんとか年内にお詫び申し上げられてよかった。
懲りずにチェックしてくださってた方々、すみませんでした~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-12-28 02:27 | 普通の日々
平成22年2月22日の記念に、
こんなん撮ってみました。
b0101719_1103087.jpg

これは次女が2年前に専門学校を卒業したときに学校からいただいた記念品の時計。
電波時計になってるので時間は一応正確だと思います。
せっかくのぞろ目の日なので、最初は日付と時刻の出てる携帯の待受け画面でも
撮影しようかなと思ったのですが、字が小さくていまいちインパクトが・・・。
で、ふと気づいてテレビの上に目をやるとこれ(はい、まだ薄型じゃないのがバレました。
そうです、時計、テレビの上に置いてあります)!
おおおおお、日付と時刻が秒まで表示されてる~、
と思ったら12h表示になっていて午後10:00になってるじゃあ~りませんか。
もう説明書なんてどっかやっちゃっててどのボタン!?と思いながらも
あちこち押してみて24h表示へ切り替え成功!    な大げさなですが。
で、
最近とみに、直前に何かに気をとられて大切な瞬間をのがすということが多いので
とにかくまだ時間あると思いつつめざすぞ、学習できる50代!お~っ!、
ってことでじぃ~っと時計とにらめっこ。
物事は落ち着いてかまえてみるものですね。
ふと、あ、フラッシュたいちゃうとまずいかもと、よくぞ気がついた、私。
デジカメは常にバカチョン状態で撮ってるので
当然このままシャッター押したら夜の室内じゃフラッシュたかれちゃうでしょう。
ためしに撮ってみると、案の定、光を反射して数字読めず!
これまたあまりいじったことのないデジカメの電源とシャッター以外のボタンを
だいたいこれだろ~といじくってみて、フラッシュたかずに撮るモードに。
それから、省電力で暫く写したりせずそのまま待機してると
一定の時間で電源OFFされちゃって
これまで何度も肝心なシャッターチャンスを逃してきてることも
ちゃんと頭のかたすみに!
なので、1分ごとくらいに無駄に時計を写しては「その瞬間」を待つことに。
おおお、
かつてこんなぬかりない私がいただろうか、いやいない(反語)
と思いつつ、ここまでは諦めていた室温を見ると、23℃。
だめもとでファンヒーターを切り、
誰もいない隣の部屋から冷たい空気を少しずつ入れてみたりして
21分すぎたあたりでちょうど22.2℃に!
どうかこのまま下がらないで~と祈るような気持ちで見つめるデジカメの画面。
18秒・・・19秒・・・よし、よし、それ!パシャッ(一応シャッター音のつもり)
やった、やりました。
あとから考えて、次にこれほど見事にぞろ目がそろうのって、
もう2より大きな数字の時点で日にちも一桁だし、時刻もありえないし、
ってことは今から何年かして年号がかわって
〇〇1年11月11日11時11分11秒なら今日と同じ数だけならびますが
はたしてそのとき、その頃のカメラをちゃんと使いこなせているかどうか、
というか生きてるかどうか、
まぁ、同じ年に3日違いで生まれ、今日23日、ハッピーバースデーの皇太子様が
天皇陛下の時代くらいは生きてそうとは思いますが、
その時、こういうくっだらないことにまわすエネルギーの余裕があるかどうか。
間違いないのは11.1℃の部屋でこんなにスタンバってるのはいやだわ。
なので、
やっぱり今日撮って正解でした~。

そうなのです、
2日前についに50代突入!
半世紀オヴァンゲリオンなのだ!!

ここ2年くらいかな、mixiのほうの日記が主にお気楽担当みたいな感じで、
こちらではついつい弱音とか陰気なこと書いちゃうので
この前の日記にも非公開で心配励ましのコメントをいただいちゃいました。
すみません、ありがとうございました。
おいおいまとめてアップしようかと思ううちに時間ばかり過ぎちゃいましたが、
こんなふうにのうてんきな暮らしぶりです。
夜中に近くの日本車輌から道路を使って運ばれるN700系の新幹線を
娘とおっかけて写真とってみたり、
電気屋さんのおもちゃ売り場で見つけたペラモデル、自分の顔で作ってみたり、
そうそう、お誕生日ってことでwiiを買って、でもまだ使えてなかったり、
そんなこんなで元気に50才、むかえちゃいました。
50ってどんなん!?って思ってましたが、
なんか、何かわからないけど自分の中でちょっと捨てたものがある感じで
悪くない気分です。というか、ちょっと楽しい。
なので、聞かれもしないのに50になったじゃんね~などと言いふらしてる
ちょっとうざい私なのでした。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-02-23 01:53 | 普通の日々
としたら、何に使うのがいいだろ~。
職場で使わなくなったドットプリンタ用の連続用紙1箱、
もう捨てちゃってって言われたのですが、
え~、もったいないからもらっていいですか~?
ってことでもらっちゃったのですが、箱に張られたラベルには2000セットとか書いてある。
だろうな~、見た感じ、2000枚くらいあると思う。
「何にするの?」って聞かれて「メモとか」って言ってみて
A3を1枚、メモに使うんだって何日かかるんだろ~と自分でおかしくなっちゃいましたが。
日々出る裏紙を切ったものだけでもメモは十分足りてるし。
で、
一度では重いので、厚さ数センチ分くらいずつ持ち帰ってます。
さて、
これ、何に使おう。
最低限の教育を受けることもままならない国の子どもたちなんかが
こんな紙と鉛筆でも与えられたらどんなにわくわくするだろう。
やっぱり捨てるわけにはいきません。
準2とってからすっかりほったらかしの漢検にチャレンジしようかなぁ。
全然苦手な絵なんかも描いてみようかなぁ。
そういえばよく昔、父が新聞紙に筆を使って書く練習をしてたなぁ。
たまに当日の新聞にも書かれてたりしたっけ。
ああ、それだったらちょっと大きめの字で書くから
鉛筆やボールペンで何か書くよりじゃんじゃん紙、使えるかも。
それとも、
連続用紙なので両サイドに穴があいてるから、
半分に切ってA4にして、ファイルに閉じればもう立派なノートだわ。
何か勉強始めようかなぁ。
うん、何かちょっと頭使わないと、
自分の脳みそ、最近かなり運動不足で動きが鈍い感じだからえね~。
といって、
今なにかどうしてもこれがしたいとか、習いたいとか、覚えたい、調べたいってことが
思いつきません・・・。

うううううううううん。
最近ほんとに物忘れやうっかりが酷すぎるなんてもんじゃないから、
1日1枚、今日やらなきゃいけないこととか大きく書き出して
よく見えるところに貼っておいて済んだらチェックいれるのもいいな。
なんかもう
新しく何か覚えるよりは、せめて今覚えてることを忘れないようにせねば、な年代です。とほほ。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-01-24 02:05 | 普通の日々

さぼりにさぼり

いつの間にやら年末年始もすぎ、
今日は鏡開きでした。と書いてますが、日付はもう12日。
年賀状やら大掃除やらお正月のお客を迎える準備やら
なんだかんだであんなによかった三三さんの一人会の感想も
豊橋落語天狗連、一年納めの12月の月例寄席の感想も
なにもアップすることなくずっとずっとおさぼりしてしまいました。
ここを開くのも超ひさしぶりって感じで、
おそるおそるアクセス解析などのぞいてみましたら、
すみません、こんな空き家状態でも覗いてくださった方がぼちぼちいらして、
まあ、大半は何かの言葉の検索でひっかかって
迷いこまれてしまったのではとお詫び申し上げますが、

昨年末にちょっと頼まれ年をまたいで心に重く重くのしかかっていた野暮仕事を
この3連休でなんとかやっつけ(もうほんとにやっつけた感じ)
やっとちょっと新年心地です。
もうぜんぜん間抜けな感じですが、
またうっかりここを開いてしまったあなた様、
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

なんと、今年は50代突入の年ですわ~。
早生まれなので、同級生は昨年のうちにごっそり50代に。
ここちょっと重要。
だって、彼らは1950年代生まれ。私は1960年代。
別にかわんないか・・・。
なんかもう歴史の年号みたいだわ・・・。
仕方ないですね、平成生まれが成人ですもんね。

48の年女の年にも
干支が4巡したのを機会に心入れ替えて何かがんばるぞ!
かなんか思ったのを2年たって今思い出しました~。
あかん、全然かわってない。
ま、50のほうがキリがいいから今年がんばろうかな。
んんん、がんばるって何をだ?
多分またあと3日くらいで忘れて、次は
今年還暦だ~、何かしなくちゃ~なんて思ってるんだろうなぁ。
いや、だから、そのへんを変えようよ、今年から。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-01-12 01:11 | 普通の日々

一文字のこだわり

今日、ひっさびさに標語というものを考えました。
職場の医療安全の標語なのです。
私は事務のアルバイトで医療に従事してるわけではないので
応募する気はさらさらなかったんですが、
室長さんが以前思いつくままメモ書きしてあったものを
私が預かっていたのに紛失してしまって(他の紙と一緒にごみにしちゃったのかも)。
応募数が少ないらしく、是非出してほしいということで
室長さんが出そうにも、そこにメモッたことは覚えてないということで、
今日は特に他のお仕事も忙しそうだったので、
私が新たに考えることに・・・。
なっかなか難しい。
私は特に文章を簡潔にまとめる能力ゼロなので超苦労。
思いつくままにいくつか応募してみましたが、
付け焼刃もいいところ。
標語でも文章でも何度も見直す余裕を持って臨まなければいけませんえ。
夜、
お風呂に入っていたら、突然、昼間あれほどどうしようかと悩んだ
五七五の七の部分の助詞のこと、
ふっと「と」より「か」のがよかったんじゃないかとふと気づき、
「か」のほうが自然な言い回しだし、耳で聞いたときもいい感じだなと思って。
そう思ってしまったら、何とか今から、既に応募してしまった用紙を
書き換える方法はないのか、なんて真剣に考え込んじゃいました。
ま、一文字変えたからって入選するとは思えないですが、
自分的にはその一文字でずいぶんすっきりするのだけどな~。
うん、
やはりこういうことは時間をかけて推敲をかさねてこそ
いい作品を生み出せるというものですね。反省。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-11-06 02:09 | 普通の日々
なんてタイトルをつけると
検索してきて読んでがっかりな方も多いと思うので先にごめんなさい。
たいしたことじゃないんですが、
私の中ではちょっとどきどきというか笑えちゃったできごと。

昨年夏から行きだした今の職場、
私のいる部屋は技師さんの詰め所的なところで
各現場で仕事にあたることが多いので、留守がちな事務所内で
簡単な作業や事務をしながら電話番という感じの仕事です。
扶養範囲内のパートなので
朝は8時半からで午後は3時くらいにはいなくなります。
技師さんの殆どが30代の男性で、一人だけいる女性技師さんは
朝の打ち合わせ以外は別の場所でずっと仕事なので
部屋の中はまるで男子クラスのようです。
ほとんど親みたいな年齢の私にはとても親切にしてくれて、
毎朝釣りの話やドラクエの話を楽しそうにかわす彼らは
まるで中学か高校の男子クラスみたいだな~なんて
仲良さそうでいいな~といつも思ってました。

先日、
午後から頼まれた仕事が、帰る時間が近づいても終わらず
といってあとちょっとな感じだったので、
タイムカードを押してから(この時期、気をつけてないと扶養範囲超えちゃうのです)
また部屋の隅っこのPCに向かって黙々と作業をしてたのでした。
すると、そろそろ終わって片付けようかなという時分になって、
スチール製の棚をはさんだ向こうの机とその隣の机の技師さんが
いつの間にか戻ってきた様子で急に話し声が・・・。
私の後ろを通ることになる入り口と反対側から入る入り口とあって
向こうから入ってきてたので声がするまでいることに気づきませんでした。
そして、こちらから彼らが見えないということは、
彼らから私も見えなかったというか、
3時にはいつもいなくなってるパートのおばさんが
まさか棚の向こうにまだいるなんて思わなかったようで、
突然お下なお話を始められたのが聞こえてきたのでした。
さすが医療従事者って感じのちょっとした専門用語も交えながらの
けっこう堂々たる下ネタで、
いけない、ちょっと咳払いとかして存在をしらせようか、
でもここまできちゃったら、パートさんはいつもどおりいなかったことにしようか。
そうだわ、パートさんは何も聞いてません、
だって3時には帰ってたんですから・・・ええ、そうですとも。
ってことで、
そ~っとアプリケーションだけ閉じ(みんなが使うPCなので電源落とさなくていいので
助かりました。windows閉じるときの音楽とか聞こえちゃったらアウトです)
ちょうど開いたままだったドアからそ~っと廊下へ出て
廊下で作業をしていたボスに小声で仕事の報告と挨拶をして
逃げるようにロッカールームへ!

おおおおおお
そうだったのかああああ。

自分がこの年だから若い男の子たちって思ってるけど
最年少(ったって30男)の独身の子をぬかせば
みんな30代の妻子持ちのおじさんって言えなくもないわけで
そりゃそうでしょう、エッチな話、大好きでしょう。
パートさんが帰る3時まではぐっとこらえていたのでしょう。
私が半分くらいの年齢だったら、わざとでもいるとこで話して
「やだぁ、〇〇さんったらぁ」くらい言われて腕とかペシペシされたいとこでしょう。
まるで、おやつ持ってきたお母さんがいなくなったあと
遊びにきてた友達とエッチな話をしはじめたら
お母さんまだドアの外にいたよ、みたいな。

そんだけのことですが、
なんか笑えちゃったので書いてみました~。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-11-01 22:40 | 普通の日々

おそるべし、北海道

そんな豊橋小市民寄席、
今年はなんと北海道からのお客様も!
以前にも紹介したことがあると思いますが、
豊橋落語天狗連のHP内の掲示板を通じて知り合えた
北海道旭川市にあるアマチュア落語団体「旭笑長屋」さんの関係者
新子さんが、
はるばる北海道からこの小市民寄席のために来豊。
2日間たっぷりと楽しんでいただきました。
これは本当に嬉しいできごとでした。
それで、
何かお土産でも、とか
時間があればどこかでお食事でも、とか
考えてみたのですが、相手、北海道ですわ。
食べ物も観光も、勝てる気がしない~。
実際、
新子さんが泊まられたグランドホテルのある名豊ビルでは
その前日からガス展が行われていて
恒例のスィーツコーナー(なぜガス展で?)には
以前旭川から送っていただいたのと同じプリンが並んでたりしたし、
お向かいの丸栄では今まさに北海道物産展の真っ最中。
(新子さんも市電の中で広告を見られたそうです)
旭川山頭火なんてラーメン店も出店してました。
飛行機、電車乗り継いで、ついた豊橋で北海道物産展ですわ。
これはでもありがちですが、
逆はないでしょうね。
私たちが北海道へ行ったら愛知、とか三河の物産展で
五平餅なんかが売られてた・・なんてことはねぇ。
ま、あったら、逆にテンションあがりそうですが。
そうそう
そしてきわめつけ(なのか?)
日曜日の朝、
台所に立ちながらCBCラジオを聴いていてコケそうでした。
なんと、秋の改編前まで「志の輔ラジオ落語でデート」をやっていた朝7時から
今では毎日放送制作の「みんなの北海道」ってな番組になってました。
その日のテーマなんて北海道への移住に関する相談窓口がありますみたいな話。
これは他の都府県ではまねできない話ですね~。
いやはや、ほんと、おそるべし!

なんですが、
日曜の午前中、新子さんは豊川稲荷を訪れてくださって
実は北海道は歴史が浅いので
こういう何百年の歴史を持つ建物というのがないということで、
見て回る間、何度も「凄い」「凄い」とおっしゃってくださいました。
なんだか私としても目からうろこというか
もうちょっとお稲荷さん、誇りに思わなきゃいけないなと反省した次第です。
改めまして、新子さん、
ほんとにようこそおいでくださいました。
とても楽しかったです、ありがとうございました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-11-01 02:42 | 普通の日々

9月21日 その2


もう1つは
お友達の長男ちゃんのお誕生日。
うちの次女と彼女の次男君が同じ日、
同じ市民病院の隣あった分娩台で15分違いくらいで生まれたのが縁で、
その後病室で話すうちに1つ学年は違うけれど同じ高校だってこともわかり、
さらにはご主人のご実家がうちの隣の町内、
などなどいろんな要素もありつつ、
実は余計な説明しなくても同じことで笑えちゃうあたりで意気投合
以後長いお付き合いです。
(これ、けっこう重要。余談ですが、結婚相手を選ぶときは
笑いのツボが同じ人を選ぶといいと某講座で某笑いに造詣の深い地元のお医者さんがおっしゃってましたが、これ、冗談みたいでいてかなり真理だと失敗してみて身にしみて思います。友人関係でも同様!)
ああ、
エッセイ教室のS先生がお読みになったらPCの画面にでも
赤ペンでがあああっと線をひきたくなるようなカッコ使いの文章になっちゃいましたが。
というわけで(わけ?)、
その次女と同じ日生まれの次男君じゃないほうのご長男が9月21日生まれ。
父の命日と一緒だからという申し訳ない覚え方です。ごめん。
というわけで
昨日彼女のブログにおめでとうコメントで何気に
「お互いに自分の子どもが『四捨五入したら30』って言われる年になっちゃったね」
なんて自分で書いてみて
うわぁ、ほんとだぁ
と驚いてしまった次第です。
うちの息子なんてあと3年半したらジャスト30になっちゃます。
30才もなる人の親って凄い熟年~って思ったけど、自分そのへんなわけです。
げろげろですね~。
30で思い出すのは
私の30歳の誕生日の前日だったか、他の用事で電話してきた母が
何も言わなかったので、後日「誕生日って忘れてたら?」と聞くと
「わかってたけど、自分が30になった時、すごく年とったみたいでショックだったから
かわいそうで話題にできんかった」
って、お母さん!!!
(半年後、私50ですけど、母は何て思うんだろ。今度は自分がショックかもですね
自分の子どもが50になった~!って)
まあ、私も高校生の頃は30なんておばさんになるまで生きてたくない、
かなんか思ってたことがあって
20年前の私が聞いてもちょっとこずいてやろかって感じですが。
それからまた20年近くたって、
今の子が思ってる30はもう全然イメージちがってきてますね。

と、そんなこんなでお友達の子の誕生日でそんなこと思った昨日でした。
(もうすぐ30とか、自分ちの長男の誕生日で気づけよですね。失礼~♪)
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-09-22 09:30 | 普通の日々

9月21日

は、私にとって2つの意味のある日です。

1つは父の命日。
17年がたちました。
あっという間。
あともう10年が多分あっという間にすぎると父の年をこえてしまいます。
今年は17年前と曜日が同じなので
ああ、こんな朝だったなぁと思うところでしたが、
今年はこの日が敬老の日でお休み。
土曜の夜の危機を乗り越えたものの、
今度はもうだめみたいだとの連絡を受けてかけつけた月曜日の早朝。
入院以来結局下がることのなかった高熱と苦しい呼吸の中で
「みんな来てくれたのか、仕事に遅れんように行ってくれよ」
って、私たちの顔を見回して言ったっけ。
意識はしっかりしてて、平日の朝だってこともちゃんとわかってました。
当時は敬老の日は15日と決まってて、
あの年の敬老の日、朝からTVで紹介される元気なご長寿さんを見て
ほんの10日ほど前までは
父だってこんな元気なおじいちゃんになると信じて疑わなかったのにって。
昨日はすっかり小さいおばあちゃんになった母の敬老のお祝いに
子どもたちもプレゼントを用意していたし
ちょうどお彼岸中だし命日だしということで
私と子ども(ったってもうみんな大人ですが)3人そろって実家へ。
実は長男と長女の職場は祝日は基本的に休みではないし、
介護士の次女の職場は曜日関係なしで勤務が組まれてるので
もうここ何年もお正月やお盆を含めて3人が顔そろえて(というか単体でさえなかなか)
実家へ行くことってなかったんですが、
長女の職場もこの日だけは休み(22日23日は出勤)
長男も土曜日に出勤した代休でお休みに、
次女も仕事の日でしたが5時勤といって夕方5時から9時までとうい日だったので勢ぞろい。
長男は「これはきっとおじいちゃんが呼んでるんじゃないの」とか言ってました。
とか言いつつ、
仏壇に手を合わせたあとは特におじいちゃんの話をすることもなく
弟の子たちとWiiで盛り上がってました~。
父は見ることのできなかった内孫も中3と小5になりました。
妹は完全におばあちゃんより大きいし、
多分お兄ちゃんのほうもおじいちゃんの背をこえましたね。
外孫であるうちの子たちは、一人くらいひ孫連れてきてもおかしくない年齢になりました。
全然だけど。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-09-22 09:10 | 普通の日々
書きたいなと思うことにはいくつかであったのに、
なんだかだらだらと時間を無駄にする毎日、反省!
こんなブログでも気にしてチェックしに来てくださった方、
なにかの言葉で検索ひっかかっちゃって開いてくださって騙された気分になっちゃった方、
ごめんなさいでありがとうございますです。
ということで、
プレゼント写真(?)
最近、雲を写すのにハマってます。
歩いてても運転してても、よくぼ~っと雲見ています。
正直、あぶないです・・・私の精神状態がじゃなくて、交通安全、反省!
でも、
朝、空を見上げて、
たとえばこんなかわゆい雲を見つけちゃったら、
どうせんでもその日は訳もなく超はっぴ~♪♪

どうだ!

b0101719_1621141.jpg

[PR]
by tekuteku0220 | 2009-09-13 16:21 | 普通の日々