何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

これが噂のお祭り会場での営業なりか!その3

最後は減滅渡さん。
この日は名古屋で法事があったとのことでぎりぎり戻ってかけつけられたようです。
もう、私たちなんかはおなじみのあの大きな声で「ええ~」って一声聞いただけで笑っちゃうのですが、そうか、なじみでないということはこんな感じなのか・・・。
なんて思っているうちに、いつもの減滅渡さんの天狗連認知度アンケート。
「豊橋落語天狗連、知ってはる人」
私は前から4列くらいのところにいたので、後ろがどうだったかわかりませんが、
向かって左手のほうでお囃子を出したりしてたお祭り青年さんの何人かが手を上げてるのは見ましたね。そうか、彼らが呼ぼうって提案したのかな。
ちなみに、会場にいる間、よそ者の負い目?との戦いだった私は手を・・・
あげられませんでした。すみません、減滅渡さん。

減滅渡さんの落語は「犬の目」でした。
お祭り会場もなんでもありですが、
考えてみたら落語の世界も何でもありですね、って思う噺のひとつです。
目の治療が目玉を取り出して薬で洗ってもどすというのも乱暴ですが
薬につけすぎてふやけてもとの場所に入らないので乾かしておいたら
犬が食べてしまったので、代わりにその犬の目を取って患者にもどしたら・・・
というお話。
減滅渡さんの軽妙な関西弁で語られると、なんかほんとにできちゃうかもって
気持ちになっちゃいます。
そういえば
花粉症の時期なんかにいくらこすっても痒くて仕方ない目は
取り出して洗剤とかでキュキュっと言うまで洗ってみたいと思いますね~。

落語のあとはお待ちかね!!!餅投げの抽選会。
高座を終えたばかりの着物姿の暑そうな減滅渡さんと、
既に着替えて身軽なさん太さんも抽選会の進行をお手伝いされるようでした。
ジモティじゃないし、餅拾ってないし、従って番号札もってない私は
そそくさと家路についたのでありました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2008-07-22 16:17 | 落語・お笑い