何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そしてやっぱり、さん太さん

とにかく、さん太さん、まくらが絶品です。
もともとは古典派だった彼でしたが、まくらの面白さが抜群で、
ご自身がまくらで使うような小ネタを展開していったら創作落語が
できちゃうんじゃないかな~と思って書いてみたらできちゃった、
というのがさん太落語誕生秘話(秘話なのか?)らしいです。
FM豊橋でゲストに出られた時か、ひょっとしたら直接お話した時か、
そんなようなことを伺ったような気がします。
(熱烈なファンとか言って、「ような気が」って・・・)

この日も、客席に起きていた、おそらくほとんどのお客さんが気になっていた
あることをさらっとネタに共感をも込めた大爆笑を巻き起こしたあとは、
得意の時事ネタが次々飛び出します。
たいてい少し長めの小ネタが入るのですが、今回はFAC、
フリーエージャントチルドレン。
虐待など悲惨な事件が多い昨今、親子間に適度な緊張感を持たせるために
親子の契約制度を取り入れたらどうなるか、という設定で、
今回の誕生日でフリーエンジェントの資格を得たタクヤ君と
親子契約を更新したい両親とがかけひきするというタイムリーなお話。
(会場のお父さんの中にはタクヤくんに福留を重ねながらお聞きになった方も
いたとかいないとか・・・。)
本当にいつ聞いても笑えます。

他にもいろんな面白いまくらがあるんですよ。
ここで書いていいかどうかですが、
天皇陛下が趣味で落語を始めたら・・とか、
くまさんはっつぁんの天気予報とか、
極端に右脳型の彼氏と左脳型の彼氏の話とか、
落語が法律で禁止されて天狗連が地下組織になったらの話とか・・。
柳家小三治師匠のまくらだけを集めた本が出版されていますが、
私にゆるぎない財力があれば、是非ともさん太さんのまくらばかり集めた
DVDかCDを作ってヤマト楽器のレジ横平積みで売りたいものです。

さて、
そんなさん太さんへの権太楼師匠からのお言葉は
(れ、まくらの話からいきなりそこですか)
「この人は落語のことを考えていますね。
プロは生活のことを考えなきゃいけないので、
どこかで仕事はないかということを考えていますが」
というようなことをおっしゃってました。
これは9月のテレビの最後のほうでさん太さんご自身も
おっしゃってましたが、物事を見るときにどうしても
これはネタになるかどうかという見方をしてしまう・・・と。
凡人でただの食いしん坊の私が、白い恋人や赤福餅、
暫く食べられないと思うとニュースの映像にまでよだれが出ちゃうよ、
なんてことしか考えない事件も、彼にかかれば
「紅白といえばおめでたい色ですが・・」
と、鮮やかにネタになってしまいます。すごいなぁ、ほんと。

本編の「お伽村」もいろいろなお伽話の登場人物のその後を
次々とそんな切り口で語ります。
ド素人の私なんかはただただ感心し面白がって笑うばかりですが、
権太楼師匠はそこのところも、
思い切ってそぎ落とすことも必要とのアドバイスでした。
そして、
これは昇太さんなんかがやったら面白くなると思うよと。
ああ、是非聞いてみたいですねぇ。
(アノ方も台本にとても忠実にやってくださっているのですけどねぇ・・・。)

というわけで、権太楼師匠からどんなダメだしがあるのかと
どきどきしながら楽しんだ寄席でしたが、
我らが減滅渡さんも、さん太さまも、お褒めをいただいて
ファンのこちらまで褒められたような嬉しい日となりました。

あああ、結局支離滅裂、とりとめのないレポートとなってしまいました。
んんん、落語に限らず、ばっさり切ることもめりはりつけるためには
必要なことなのねん。勉強勉強。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-11-17 00:55 | 落語・お笑い