何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旭笑長屋さん

私が豊橋落語天狗連をこよなく愛するように、
北海道は旭川にある天狗連同様の団体「旭笑長屋」さんをこよなく愛し、
マネージャーからポスター作成をこなしHPを立ち上げて管理人をされているshinkoさんが
天狗連の掲示板に書き込みをしてくださっていたので、
天狗連ファン代表(勝手に立候補~♪)として旭笑長屋さんの掲示板にご挨拶したことから
一度よかったら小市民寄席のDVD、見てくださいよ、って話になって
明日の昼休みにでも送りに行こうかな~と今わくわくしてるとこです。
ついでに9月17日のTV愛知の番組をダビングしたDVDも勝手に入れちゃおう。
そうだ、
せっかくだから、台本コンクールでさん太さんが受賞した「身投げ橋」と
最後まで選考に残って同一作者だからということでコンクールでは名前の出なかった
私が個人的にはさん太落語の中でも傑作と思っている「人面瘡」のテープも
ダビングして送りつけちゃおう。
ということで、今日は晩御飯の後片付けをしながら
久しぶりにその2作を聞きながらダビング。
この天狗連とかさん太さまの啓蒙活動が
私にとっては至福のひととき。

そのテープに入ってる「身投げ橋」の初演は、2002年の1月の月例寄席ってことだから
(マクラ聞いてるとそんなようなことを言ってます。暮に愛子様が誕生したとか・・)
もう6年近く前ってことになります。
この時は昔のアンクルトムで実際生で聞いているので懐かしいですね~。
「人面瘡」はラジオ寄席で録音しただけで、たぶんその更に前だろうと思われます。
どちらも何十回というほど聞きなおしているので、
ところどころテープがへろへろで聞き取れないとこがありますね~。

ちなみに受賞作「身投げ橋」は授賞式の時、
今では笑点で歌丸師匠から「嫁もらえ」と言われることで有名(?)な昇太さんが口演。
「人面瘡」のほうは小朝師匠やそのお弟子さんなんかによって
ちょくちょくかけられていたようです。
でも
ほんとはさん太さんの口演でいろんな人に聞いていただきたいなぁと
切に思ってしまうわけです、さん太おっかけ親衛隊としては。
それでいろいろな人に、すきを狙ってはテープとか押し付けて
いいでしょ、面白いでしょ、とせまるのが
今の私の生きがいみたいなものなので、
今まで押し付けられた方々、ごめんあそばせなのですわ、おほほ(反省色なし!)

ああ、でもほんとにネットって
いろんな事件が関係すると悪者扱いされちゃいますが、
私はネット通じていろいろと、昔だったら出会うことのなかったような方たちと
言葉を交わすことができてとても嬉しいですね。
そして旭笑長屋さんとその管理人さんと知り合えて
ほんとにわくわくです。
http://1st.geocities.jp/kyokusyou_fan/
立派なHPですよ~。そして活動も素晴しいです。
ちょっと遠いのが凄く残念です。
[PR]
by tekuteku0220 | 2007-11-02 01:29 | 落語・お笑い