何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

え!今更!?   そうですけど何か? の第32回大黒屋寄席

b0101719_0401977.jpg

ということで、既に10日たってしまいましたが
4月18日(日)夕方6時より、豊橋は小池町の大黒屋旅館にて行われた第32回大黒屋寄席。
このチラシは大黒屋さん周辺では新聞に折り込まれるようです。
豊川市民の私も当日お土産等と一緒にいただけるのですが、
少し前もってmixiのほうの天狗連のコミュニティに載せたいなと思って
数日前に前売り券を買いに行き、チラシもおねだりしてみました。
するとご主人が
「T田さんが500枚も持ってきてくれたので、じゃんじゃん配ってくださいよ~」
とおっしゃって7枚も下さいました。あらららら~。






毎回余裕をもって出かけたいと思いつつ、
直前になってばたばたとしてしまい、忘れ物だらけ。
とほほなことに、せっかく買った前売り券、
いつもならお財布に入れておくのですが、
今年買ったバッブインバッブのポケットに入れておいて、
結局そこからお財布だけ取って他のバッグで出かけたため
持たずに出かけてしまいました~。
げろ。そういうことがないように、バッグの中身ごと移し変えるための
バッグインバッグってあるんとちがうの!?
と、いくら自分につっこみ責めたところで、
みごとに裏目に出ちゃった事例第1号(私的に)なのでした。
んなこた、いいんです。
大黒屋さんに再度1000円札を再度献上いたしましたが
それ以上の価値のある寄席です。
寄席後の甘味(ぜんざいやお団子、大福等がふるまわれます)、
かなりたくさんいただいちゃったし・・・。

前置きが長くなりましたが、寄席です。
b0101719_15582.jpg

鶴橋減滅渡さん  「崇徳院」

恋わずらいのお話なので、マクラでそんな話題をふられます。
が、客席の平均年齢はいつものようにお高め。
減滅渡さんの
「今日のお客さんには恋の話は一番似合いまへんなぁ」
みたいなお言葉に、
「そうですね~」
出た!大黒屋寄席名物『ご年配夫人の声付きあいづち』
そうですね、って、いいとも見学じゃないんだから、
と心でつっこみつつ、あ~これこれ、これが大黒屋寄席とほっこり気分に。
私も毎回たいがい前の方に座らせていただいてますが、
その周辺に座られたご年配の特に女性は、必ずといっていいほど
マクラはもちろん、本ネタ中でも大きくうなずいてみたり、
「そうそう、ほんとにそうだよねぇ」なんて口にしてみたり、
ちょっと私も第40回を数える頃にはあとを継いでやってみたいものです。

つづいて
b0101719_1191693.jpg

微笑亭さん太さん  「品川心中」
いつものように時事ネタ、豆知識満載の爆笑マクラと
さん太親衛隊U村先生も大好きというさん太さんの演じられる女性を堪能。

b0101719_1225235.jpg

髪屋三代さん  「禁酒番屋」
いつものように、二番手の演者が始める頃に会場に到着された三代さん
(ぎりぎりまで本業の髪屋さんがお忙しいのです、日曜日ですもんねぇ)
そしていつものように旅日記。
お酒の試飲の話題などからこのお噺へ。
似合います、お酒飲みとお酒のような小便飲み役!
すばらしい!三代さんのお口のまわりにお小水の泡が見えました。

そして落語終了後は恒例のじゃんけん大会
b0101719_1332896.jpg

大黒屋さんのランチ券やら
豊橋信金さん(というか吉田方支店長さんの?)提供の観葉植物やら
b0101719_1352735.jpg

BOSSのTシャツ・ポロシャツなどなど。
b0101719_1355223.jpg

三代さんからは三代さんのCDプレゼント!

b0101719_1363415.jpg

お座敷横ではこっそり減滅渡さん、さん太さんがCD販売。
お年寄りを1箇所に集め、その巧みな話術でモノを売りつける・・・
あれとは違います。はい。
どっちかというと実演販売ですもんね。
おじいちゃんたち、確固たる自らの強い(?)意志でご購入です。サインつき(むりやり)

しめは大黒屋名物猫のブーニャの撮影会(オプション)
b0101719_1403172.jpg


楽しい一夜でございました。
[PR]
by tekuteku0220 | 2010-04-28 01:40 | 落語・お笑い