何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そして紫蝶さん

早いものでもう1週間がすぎてしまいました。
今週前半はなんだか余韻にひたりまくり、
仕事等で単純作業をしていると、
頭の中では天狗連のみなさんの高座や踊りがぐるぐるぐるぐる。

さて、成田家紫蝶さん、
第30回記念興行の大トリを飾るにふさわしい大御所です。
普段は某地方公共団体にお勤めの中でもとても偉いおじさまです。
そして、ダンディです。
ゲッツとかは言いません。本物のダンディです。

ところが、このスマートでダンディな紫蝶さんなのですが、
今回の長兵衛さんや「芝浜」の勝っつぁんのような
仕事の腕もいい、人もいいんだけれども博打好きで借金だらけ
みたいな人物を演じられると、とてもいいのです。
佐野槌のおかみさんに意見されて、きまり悪そうに笑うようなところが
ほんとにいい。
どういうふうに「いい」のか、「いい」って言葉しか
私の中のぺんぺらな辞書では見つけられないのですが。
(こういう時、やっぱり勉強はしとかにゃいかんなと反省しますね)
あと、
紫蝶さんの演じられる女性が色っぽいんですね~。
セクシーとかそういう色っぽさでは全然ない、
やさしさとか切なさとか強さ弱さ、頭の良さ
いろんなものが詰まった女性の魅力としての色っぽさというか。
9月には相当久し振りに月例寄席にご出演されましたが、
その時かけられた「豊志賀の死」の豊志賀にも
ゾクっとさせられちゃいました。

さてそんな博打好きの似合う紫蝶さんですが、
ご本人は至ってまじめな公務員。
ギャンブルで身を持ち崩すようなことはありません。
(お嬢さんもいらっしゃいますが、吉原(無いし)に身を売ることもなければ
一般男性に売れることもなく某医療機関で立派なお仕事をされてます。)
古典の大ネタをしっとりと聞かせていただき
会場でも涙をそっと押さえたのは私だけではないと思いますが、
途中、文七に身投げを思いとどまらせようと説得する場面では
「誰か相談する人はいないのかい、たとえば・・」
と、多分会場でお見かけしたのであろう某豊橋名産練り物屋の若旦那やら
某おしゃれな飲食店オーナーにして議員先生の若旦那やらのお名前を出すあたり
地元の政治経済界への配慮もばっちりの紫蝶さんでした。

そして紫蝶さん、
半年後にはめでたく定年を迎えられるとのこと。
是非それ以降は、月例その他で紫蝶さんの高座を見られる
機会が増えてほしいものです。
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-11-01 02:13 | 落語・お笑い