何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

脱線、バールのようなもの

もう月例から1週間たってしまったのに、
感想書ききれてないです。
っていうか、バールでひっかかっちゃってまだ書き初めてもないです。
書かずに終わっちゃうかもと思いつつ、
バールのようなもの・・・またであってしまいました。ニュースじゃないとこで・・・。
4日の日曜日は校区の防災訓練で、今年わが家は班長さんなので参加してきました。
AEDの使い方の講習も初めて受けました。
他に消火器の使い方とかなまず号で阪神淡路の震度を体感とかありました。
で、
消火栓の使い方を消防団の子(子ってのも変ですが、まあ子世代なので。
息子も消防団ですが仕事で不参加。)が
最初、A3くらいの消火栓や格納庫の写真を見せながら
紙芝居のように裏に書かれた文章を棒読みしてくという説明を受け
(ま、ま、そのへん、素人の消防団員ですから全然おっけー)
たのですが、その時でした。
「格納庫の中にはホースと、スピンドルドライバーというバールのようなものが入っています」
おおおおおおお、
こんなところでお目に、いえ、お耳にかかるとは・・・
バールのようなもの。
もう、他の説明なんてぶっとんじゃいました。
ああ、これは確かに「バールのようなもの」はバールじゃなくてスピンドルドライバーだわ。
そもそも、私、基本のバールの形がちゃんとわかってないのですが、
世間の人は「バール、描いてみ」と言われたらちゃんと描けちゃうんだろうか、みんな。
お箸とかスプーンみたいに日常しっかり使ってるわけじゃない、
考えたら私、もうすぐ人生50年(ぎゃ!)になりますが
バールって使ったことがあったのかどうかもはっきり言えない(逆に使ってないとも言えない)くらい
あやふやな物なのに、
メディアでも公共のイベントでも堂々と物を表現する基準として使われてる「バールのようなもの」って
不思議だ!
とっても不思議!!だし、
やっぱりそこへ目をつけちゃう原作の清水義範氏や落語にしちゃう志の輔師匠は素晴しいですね!
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-10-06 02:00 | 落語・お笑い