何か面白いことないかな~と今日もただお散歩のように人生歩いてるだけの私の独り言。


by tekuteku0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

9月の豊橋落語天狗連月例寄席

なんとぼんやりしている間に日付は10月になってしまいましたが、
9月28日月曜日は天狗連の月例寄席でした。
毎月第3月曜日なのですが、シルバーウィークにかかってしまったので
今月は第4でした。

「バールのようなもの「」     橘亭郵便箱

「後生鰻」              微笑亭さん太

「たがや」              髪家三代

「豊志賀の死」           成田家紫蝶


今回はなんといっても、何年ぶりの成田家紫蝶さん登場ということで
私が会場である「あんくるとむ」に着いた7時ちょっとにはもう満員だったのですが
先についてたお友達連が最前列の席を確保しててくれたのでした。
駅前地下駐車場に入る少し前に一番前確保のメールをもらったので、
よし、今回こそは写真撮ってアップするぞ、と車内においてくつもりだったデジカメを
バッグに入れて出かけたのですが、
な~んか写真はことごとく失敗!
最前列って、さすがにカメラ構えるのってタイミングとかあるし勇気いるし、
第一、いまだに全オートでシャッターだけ押してるだけなので、
夜の居酒屋さんの店内といううす暗い環境で、
シャッター押してから撮影までの微妙なタイムラグで
なんか全部違う感じ。
ということで今回も写真なしです。
豊橋落語天狗連のHPの中の「とむ寄席」のコーナーに
HP管理人さんがもっとちゃんとしたカメラで綺麗に写された写真がアップされてたので
そちらでどうぞ!

さてさて、
いつも志の輔落語を本家とはまた違ったソフトでまぁるい感じで楽しませてくれる郵便箱さん。
今回はネタおろしだったそうです。
個人的に私は志の輔落語ということを初めて意識したのがこの「バールのようなもの」でした。
何年か前、
なんだったか落語関係の雑誌でいろんな有名人の今年面白かった落語はこの人のこれ、
みたいな企画で集計した結果、1位だったのがこの「バールのようなもの」で、
その後「はんどたおる」や「踊るFAX」などの抱腹絶倒ネタを聴く機会はあったものの
なかなか「バール~」だけ聴けなくて、聴きたい聴きたい聴きたい聴きたいとあこがれてたネタでした。
あんまり焦がれてしまうと聴いたとき期待大きすぎてなんだかな、
になっちゃわないかといらぬ心配したくらいでしたが、面白かったですね~。
初めて聴いたときも、今回こうして志の輔師以外で聴いても、何度聴いても、
よくこんな話を思いつくなぁとつくづく感心です。
と、すぐに書きゃいいものをぼんやりしているうちに、
今朝でした(あ、日付またいじゃったので昨日の朝ですが)
ラジオから聞こえてきた強盗のニュースで、
「犯人はパンきり包丁のようなものの柄で〇〇さんを殴り・・・」
笑っちゃいけない事件なんですが、
え、パンきり包丁のようなもの?
「ニュースだからだよ」って志の輔師匠のだみ声と郵便箱さんの甘い声が
頭の中で私を説得にかかります。
わ、ほんとに言ってる~。
でも落語の中じゃ愛人のようなものは愛人だけど、バールのようなものはバールじゃない
って言ってたけど、
パンきり包丁のようなものは・・・・パンきり包丁じゃなくて似たような包丁なのか?
じゃ、最初から包丁のようなもの、じゃん。
さらにその柄でって言うんだから、それがはっきり包丁だってわかってなきゃ
棒のようなものってことになるんでないの?

なんて月例に関係ないところでもう時間が遅いので
感想はまた・・・。毎度!
[PR]
by tekuteku0220 | 2009-10-01 01:10 | 落語・お笑い